2016年12月 8日 (木)

2016年秋の巾着田・曼珠沙華観光客向けの西武線臨時ダイヤ、その3

2016年9月17日(土)~19日(休日)と22日(休日)・24日(土)・25日(日)に運転された高麗駅着発の臨時列車について。

2016年9月22日、高麗、巾着田の曼珠沙華をPRする駅構内。
2016年9月22日、高麗、巾着田の曼珠沙華をPRする駅構内。

飯能9時3分発の1番目は既報のように、保谷駅23番線で寝ていた車両が担当。

9時43分発の2番目の高麗ゆき臨時各停。9月24日 9時46分、飯能駅2・3番ホームから発車。
5018レで到着した4023Fでした。
右隣は10106Fの臨時特急ちちぶ91号です。
4023Fはこの後、10時56分に回送で飯能駅へ戻り、5022レで到着していた4011Fと連結し、5021レとなりました。

2016年9月24日 9時46分頃、飯能、2・3番ホームから発車した4023Fの臨時 高麗ゆきほか。
2016年9月24日 9時46分頃、飯能
2・3番ホームから発車した4023Fの臨時 高麗ゆきほか。

飯能10時4分発の3番目の臨時 高麗ゆきは5107レの延長。9月24日の場合は飯能駅・1番ホーム着発で20151F。
高麗発最初の臨時 飯能ゆきで戻り、折り返しは定期の5019レ。ただし5019レは時刻変更が結構あるようで、9月25日(日)の5019レ(のはずの列車)は西武秩父 11時49分着、この日は2085Fでした。西武秩父からは各停 池袋ゆき(5030レと5108レの直通)になりました。

2016年9月24日、飯能、到着する高麗延長の5107レ・20151F。
2016年9月24日、飯能、到着する高麗延長の5107レ・20151F。

4番目の10時25分発は、5020レの折り返し、9月24日は4007F+4019F。
この編成は臨時各停で高麗から戻り、5番目の11時2分発も担当。
6番目の11時25分発も担当するようで、ここで22日に戻りますが、9月22日 11時26分に、飯能駅4番ホームから発車した(<-飯能)4001F+4003F臨時各停 高麗ゆき(22日の11時2分発はこの編成)。
この編成は高麗11時44分発の臨時 飯能ゆきで戻ってくると、折り返し5025レとなりました。

2016年9月22日 11時26分頃、飯能、4番ホームから発車した4001F+4003Fの臨時 高麗ゆき。
2016年9月22日 11時26分頃、飯能
4番ホームから発車した4001F+4003Fの臨時 高麗ゆき。

7番目の12時2分発は5111レの延長。22日は2087F。
高麗~飯能間を往復し、12時26分発も担当。
飯能12時50分着で高麗から戻ると、5029レとなり西武秩父へ。
そして、9月22日 15時0分頃、左が西武秩父駅から到着する2087Fの各停 池袋ゆき(5038レと5112レの直通)、右は池袋から到着する2079Fの臨時各停 高麗ゆき(飯能までは定期の5117レ)。

2016年9月22日 15時0分頃、飯能、4番ホームに到着する2087Fの高麗始発の臨時各停 池袋ゆき(左)と、1番ホームに到着する2079Fの臨時各停 高麗ゆき。
2016年9月22日 15時0分頃、飯能

4番ホームに到着する2087Fの高麗始発の臨時各停 池袋ゆき(左)と、1番ホームに到着する2079Fの臨時各停 高麗ゆき。

9番目は13時2分発。5113レが延長運転。9月22日は2073F。
この列車の車両は、既報のように1番目の高麗ゆき臨時と同じ車両です。飯能~高麗間を4往復(飯能発臨時の10番目~12番目)し、高麗14時44分発の臨時各停で飯能到着後は、5037レとなり、さらに1002レに入ってました。

2016年9月22日 13時54分頃、飯能、1番ホームへ到着する高麗駅始発の臨時列車の2073F。
2016年9月22日 13時54分頃、飯能
1番ホームへ到着する高麗駅始発の臨時列車の2073F。

13番目は5117レの延長。22日の場合は15時0分にやって来た2079F。最後(14番目)の飯能15時26分発も担当するなど飯能~高麗間を2往復し、15時52分に飯能駅2・3ホーム到着後は池袋方へ回送されました。

応援の4ドア車8連が抜けた後は4000系4連が担当。
9月22日 16時12分に飯能駅1番ホームへ到着する4013Fの上り各停。高麗 16時5分発の臨時。
16時18分に高麗へ回送され、高麗 16時43分発の最後の臨時 飯能ゆきも走りました。その後は定期の5043レ。

2016年9月22日 16時12分、飯能、1番ホームに到着する4013Fの高麗始発の臨時各停。
2016年9月22日 16時12分、飯能
1番ホームに到着する4013Fの高麗始発の臨時各停。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月19日、東京地下鉄・銀座線の渋谷駅大規模工事

2016年11月5日(土)・6日(日)と19日(土)・20日(日)、東京地下鉄は銀座線の渋谷駅大規模工事のため、渋谷~表参道間と青山一丁目~溜池山王間を終日運休としました。
19日に様子を見て来ました。

表参道~溜池山王間の区間運転

外苑前駅を終日営業休止にするわけにはいかないのか(この日は何やら隣の青山一丁目駅 最寄りの施設でイベントがあるようでもありました)、表参道~青山一丁目駅間を折り返し運転してました。
複線のそれぞれに1列車を入れ、単線並列方式で運転、営業運転は所定の方向だけ、逆方向は右側通行の回送運転。日中はそれぞれ12分毎に乗車可能。

表参道駅から青山一丁目駅へ逆方向運転の回送列車で戻る1135ほかです。

2016年11月19日 11時29分頃、表参道、1135ほかの青山一丁目ゆき逆方向運転の回送列車。
2016年11月19日 11時29分頃、表参道
1135ほかの青山一丁目ゆき逆方向運転の回送列車。
2016年11月19日 11時56分頃、青山一丁目、1035ほかの逆方向運転の右側通行で到着する回送列車。
2016年11月19日 11時56分頃、青山一丁目
1035ほかの逆方向運転の右側通行で到着する回送列車。

青山一丁目駅から表参道駅へ逆方向運転の右側通行の回送列車で戻る1013ほかです。

2016年11月19日 11時55分頃、青山一丁目、1013ほかの表参道ゆき逆方向運転の回送列車。
2016年11月19日 11時55分頃、青山一丁目
1013ほかの表参道ゆき逆方向運転の回送列車。

車内の表示は、青山一丁目ゆきで営業の1113Fはなかったようなのですが、表参道ゆきで営業の1135Fは活きていてきちんと区間運転表示でした。

2016年11月19日 12時2分頃、外苑前~表参道間を走行中の表参道ゆき1135Fの車内表示装置は活躍中。
2016年11月19日 12時2分頃
外苑前~表参道間を走行中の表参道ゆき1135Fの車内表示装置は活躍中。

渋谷駅の工事の様子

渋谷駅から表参道駅寄りのデパートから見た工事現場です。
銀座線の線路が道路上を高架で走っている部分を、この日は浅草方面ゆき軌道レールの撤去・再敷設を行っているようでした。

2016年11月19日 11時過ぎ、渋谷~表参道、銀座線の工事現場。
2016年11月19日 11時過ぎ、渋谷~表参道、銀座線の工事現場。

この時間帯は、奥の車庫側からモーターカーに押されてレールを載せた貨車が横付けされ、レールを取り卸し、溶接・敷設しているようでした。横のオレンジ色の大型クレーンが移動して何やらしてました。

2016年11月19日 12時過ぎ、渋谷~表参道、銀座線の工事現場。
2016年11月19日 12時過ぎ、渋谷~表参道、銀座線の工事現場。
2016年11月19日 12時半ころ、渋谷~表参道、銀座線の工事現場。
2016年11月19日 12時半ころ、渋谷~表参道、銀座線の工事現場。
2016年11月19日 12時半ころ、渋谷~表参道、銀座線の工事現場。
2016年11月19日 12時半ころ
渋谷~表参道、銀座線の工事現場。

以上、東京メトロ・銀座線の大規模工事の瞥見でした。

(12月8日 19時45分、青字部分を追記。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日午後の西武秩父線、人身事故で冷たい仕打ち

2016年9月25日(日)午後の西武秩父線のお話です。高麗駅最寄りの巾着田・曼殊沙華観光客輸送で臨時ダイヤという特殊事情はありましたが、...。

この日は14時23分頃に西武池袋線 武蔵横手駅で人身事故があり、高麗~西武秩父駅間が15時20分頃まで運転見合わせとなりました。
(<-飯能)4003F+4011Fの5031レは15分ほど遅れて14時49分に西武秩父駅3番ホームへ到着。
そして14時55分に10106Fが白幕で特急ホームへ到着。
運転再開まで車内で座って待っていられるからいいやと思って、3番ホームの4000系に乗り込んでしばらくしたら、回送にするので降りてくれと車内放送。

2016年9月25日15時20分頃、西武秩父、3番ホームに停車中の「回送」の4003F+4011Fとホーム上で待つ追い出された乗客。
2016年9月25日15時20分頃、西武秩父

3番ホームに停車中の「回送」の4003F+4011Fとホーム上で待つ追い出された乗客。

15時20分に運転再開したものの、15時34分に10106Fが回送で飯能方へ発車し、10109Fの下り特急が15時50分に到着(2002レ到着後)した後も乗車可能な列車はなし。
結局、5040レ・5042レ・5044レの3本が運休となり、秩父鉄道からやって来た4001Fの2002レが、事故後 最初の上り列車となり、4列車分の乗客を収容しました。

2016年9月25日 15時50分頃、西武秩父、回送のまま留置の4003F+4011Fと4両編成の4009F・2002レ。
2016年9月25日 15時50分頃、西武秩父
回送のまま留置の4003F+4011Fと4両編成の4009F・2002レ。

乗客を詰め込んだ2002レは西武秩父駅を15時55分頃に発車し、2052レとの連結作業もあって横瀬駅には16時0分頃に到着。
電留線には10000系と20152F(5027レで西武秩父到着後に上り方へ回送されてました)、4009F。2番ホーム横の側線には10106F(16時20分頃に集電装置がたたまれました)。

2016年9月25日 16時0分頃、横瀬、3本入った電留線と発車した20021レ。
2016年9月25日 16時0分頃、横瀬
3本入った電留線と発車した20021レ。

16時32分に(<-飯能)4017F+4007Fの各停 西武秩父ゆきが2番ホームに着発。運転見合わせは1時間ほどなのに、吾野駅などに下り旅客列車も2時間ほどなかったことになります。

2016年9月25日16時32分頃、横瀬、留置された10106Fの横から発車した4017F+4007Fの各停 西武秩父ゆき。
2016年9月25日16時32分頃、横瀬

留置された10106Fの横から発車した4017F+4007Fの各停 西武秩父ゆき。

西武秩父へ行った4017F+4007F、横瀬駅の放送ではこれが飯能ゆきになる予定でしたが、実際は回送列車、横瀬駅1番ホームへ16時46分着・47分発。冷たいです、10分後に2004レはありますが。

2016年9月25日 16時46分頃、横瀬、1番ホームへ到着する4017F+4007Fの上り回送列車と留置中の10106F。
2016年9月25日 16時46分頃、横瀬

1番ホームへ到着する4017F+4007Fの上り回送列車と留置中の10106F。

4009Fが16時50分頃に電留線から出て1番ホーム横へ。そして4021Fの2054レが16時53分に1番ホームへ到着。
2004レの4013Fが後から到着し4021Fと連結、横瀬駅発車は17時0分でした。

2016年9月25日 16時53分、横瀬、左から留置中の10106F・2054レの4021F・出発待ちの4009F上り回送列車。
2016年9月25日 16時53分、横瀬

左から留置中の10106F・2054レの4021F・出発待ちの4009F上り回送列車。

2004レに私は乗車しました。
17時20分に吾野駅で4019Fの各停 西武秩父ゆき、武蔵丘付近の複線区間で4000系4+4連の各停 西武秩父ゆきとすれ違い、飯能駅2・3番ホームへ17時39分に到着(遅れは1分ほど)。

西武秩父駅で乗客を追い出した4003F+4011Fは5046レで飯能駅2・3番ホームへ17時57分に到着(定時)。
解結されて、西武秩父方の4011Fが5047レとなって折り返して行きました。飯能方の4003Fは18時6分に下り方へ回送されました。
飯能駅で4+4連が分割される場合、たいていは、4連列車の所定位置となる飯能方4連が西武秩父ゆきとなり、秩父方4連は回送されるパターンです。

2016年9月25日 18時3分頃、飯能、秩父方の4011Fが5047レとなって発車。取り残された飯能方の4011Fは「回送」表示。
2016年9月25日 18時3分頃、飯能

秩父方の4011Fが5047レとなって発車。取り残された飯能方の4011Fは「回送」表示。

なお40レは10109F、飯能駅18時3分着・5分発(発車は定時)。
遅れの17レで西武秩父15時50分に到着してた編成です。

鉄道会社に事情はあると思いますが、秩父という観光地を走る鉄道の「おもてなし」としてはいかがなものかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

2016年12月5日の西武線 見ただけ、「3月のライオン」ほか

2016年12月5日(月)の西武線、見ただけです。
スマートフォンを忘れてツイッターに呟けなかったので。

6157Fに「3月のライオン」車体広告

3201レだった6157Fに、テレビ番組かなにかの「3月のライオン」の車体広告が掲出されていました。
ヘッドマークと、戸袋部と、腰部にあります。

2016年12月5日、西所沢、「3月のライオン」車体広告6157Fの3201レ。
2016年12月5日、西所沢
「3月のライオン」車体広告6157Fの3201レ。

東急4110Fと西武40000系が合体?

煽情的な項目タイトル、恐縮です。
18時半頃の小手指車両基地、2番線中央に東急4110F、その飯能方に西武40000系、どちらも電源オンで止まっていました。
この時間帯、東急車は小手指車両基地に通常はいませんので、何かやるのかなと思った次第です。
非常時に備えそういった試験は必要と思いますし。

早朝の池袋線

狭山ヶ丘 05:18 側線9106F
所沢 05:27 電留線(E)6000系 (W)2079F
清瀬 05:40 引き上げ線6154?F 4番ホーム東急5179F?
保谷 05:46, 4番線6000系 21番線6104F? 23番線30000系 26番線N2000系
石神井公園 05:52, 6番線38105F(おーいお茶)

清瀬駅の2本については、14M運用の4590レが6156Fだったり、東急5179Fは存在しなかったりですが、そういう風に見えたということでご理解ください。

3102レは9104F、5204レは38104F。
5203レは2063F。

2016年12月5日、元加治、霧の中を到着した9104Fの3102レ。
2016年12月5日、元加治
霧の中を到着した9104Fの3102レ。
2016年12月5日、練馬、38104Fの5204レと2063Fの5203レ。
2016年12月5日、練馬
38104Fの5204レと2063Fの5203レ。

朝の新宿線、10分ほどの遅れ

濃霧と急病人があったそうで、朝の新宿線は10分ほど遅れていたようです。
高田馬場発が所定8時11分の2251レのはずの急行 玉川上水ゆきが8時20分頃通過していました。
写真は8時35分頃、4813レのはずの30105Fと4608レのはずの(<-飯能)2061F+2417F、準急同士のすれ違いです。

2016年12月5日、高田馬場~下落合、301015Fの4813レと2061F+2417Fの4608レ。。
2016年12月5日、高田馬場~下落合
301015Fの4813レと2061F+2417Fの4608レ。。

9103Fが試運転だったそうなので

9103Fが本日 試運転したそうなので、12月3日の4142レの9103Fの音について。
12月3日は2141レも9103Fで、飯能駅1番ホームに到着するとき、ゴムがこすれるような変な音が編成の後ろの車両で聞こえました。そのときは気のせいかなと思ったのですが、4147レで到着した9103Fも9803あたりから同じようなヘンな音が聞こえました。
ちょうど職員さん(運転関係の助役さん?)がみえられたので、ヘンな音がしたとお話したら、9103F発車時に積み木が鳴るような音がはっきり聞こえました。その職員さんも分かってくれて、しかるべき個所に連絡したので「大丈夫」、自分は乗務員も経験している、とのお話でした。
以上、私の体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2016年11月19日(土)~23日の西武線 見ただけ、「おーいお茶」・40000系早朝回送・濃霧