2017年4月26日 (水)

2017年の西武・芝桜臨時ダイヤ・その1、横瀬駅と西武秩父駅(推測)

2017年春も秩父市の羊山公園の芝桜を見に行く観光客のため、西武池袋線・秩父線で臨時ダイヤが実施されています。
期間は4月22日(土)から5月7日(日)までです。

そんな臨時ダイヤの4月23日(日)お昼の横瀬駅の様子をまとめてみました。

12時前に横瀬駅に到着すると、電留線には本線側から、(<-飯能)4011F+4023F・2073F・10108Fが留置。それぞれ5017レ・1本目の臨時各停・おそらく63レの秩父延長で西武秩父へ行っていた車両。
そして1番ホーム横には10103F(プラチナ)が止まっていました、ちちぶ91号で西武秩父へ入っていました。
2番ホーム横には、「S-TRAIN」401レだった40101Fも留置。

2017年4月23日 12時ころ、横瀬、1番ホーム横に止まる10103F(プラチナ)と羊山公園への順路となった地下道の入り口。
2017年4月23日 12時ころ、横瀬

1番ホーム横に止まる10103F(プラチナ)と羊山公園への順路となった地下道の入り口。

電留線にいた車両はその後、4011F+4023Fは5044レ、2073Fは1002レ、10108Fはちちぶ96号になっていました。

5023レ~上り1本目の臨時各停までの放浪

横瀬駅13時0分頃、2番ホームに38109Fの上り回送列車が到着しすぐに飯能方へ発車しました。5023レだった車両。
この38109Fは芦ヶ久保駅で折り返してきたのか、13時21分に横瀬駅へ戻って来ました。飯能方から2番ホーム横の電留線へ入りました。このような入線は、私は初めて見ました。

2017年4月23日 13時1分頃、横瀬、右が38109Fの上り回送列車。左は38107Fの5025レ。
2017年4月23日 13時1分頃、横瀬

右が38109Fの上り回送列車。左は38107Fの5025レ。

2017年4月23日 13時20分頃、横瀬、飯能方から直接 2番ホーム横の電留線へ入る38109Fの下り回送列車。その右横に留置は40101F。奥には廃車となった2000系も見えます。
2017年4月23日 13時20分頃、横瀬

飯能方から直接 2番ホーム横の電留線へ入る38109Fの下り回送列車。その右横に留置は40101F。奥には廃車となった2000系も見えます。

38109Fは13時51分頃に秩父方の引き上げ線へ入りました。
そして14時5分に2番ホームへ入線。1番ホーム横の側線へ入るパターンが普通ですが、そちらは10109Fでふさがっていました。

2017年4月23日 13時55分頃、横瀬、奥の引き上げ線に38109Fが移動後に2番ホームを4009F(52席)の下り列車が通過。
2017年4月23日 13時55分頃、横瀬

奥の引き上げ線に38109Fが移動後に2番ホームを4009F(52席)の下り列車が通過。

2017年4月23日 14時5分頃、横瀬、奥の引き上げ線から2番ホームへ入るに38109F。
2017年4月23日 14時5分頃、横瀬
奥の引き上げ線から2番ホームへ入るに38109F。

38109Fは14時14分に西武秩父方へ発車。1本目の臨時各停 飯能ゆきになりました。。
飯能到着後は秩父線運用からは離脱したようです。
38109Fはこの日は5013レから秩父線運用に加わっていました。

上り臨時特急の発車時間帯の西武秩父駅、下り定期特急は一般列車ホームか

下りの臨時特急むさし63号(この日はきっと10108F)・ちちぶ91号(この日は10103F)は西武秩父駅32分着なので、定期特急の到着(48分着)・折り返し発車(25分発)の間ですので、そのまま単純に横瀬駅へ回送すればOK。
そして臨時の ちちぶ93号だった10105F(西武秩父駅12時32分着)は、そのまま ちちぶ92号(同駅12時50分発)で折り返していました。

2017年4月23日 12時54分頃、横瀬、10105Fのちちぶ92号と出番を待つ10103F。
2017年4月23日 12時54分頃、横瀬
10105Fのちちぶ92号と出番を待つ10103F。

残りの、上り臨時特急2本は西武秩父 50分発。下り定期特急の車両がたった2分で、上りの臨時特急で折り返しは不可能です。
横瀬駅で見ていたら、下り定期特急だった車両が一旦 回送されて来ていました。
西武秩父駅では、帰宅する芝桜観光客が多く乗車するので上り特急が特急ホームを使うでしょうから、下り定期特急は一般列車用の2/3番ホームに到着していると思われます。

4月23日の場合 横瀬駅着発は、13レ(西武秩父駅12時48分着)だった10110Fは上り回送13時20分着・下り回送31分発・ちちぶ94号(同13時50分発)、15レだった10109Fは上り回送14時2分着・下り回送12分発・30レ(同14時25分発)、17レだった10102Fは上り回送15時6分着・下り回送12分発・32レ(同15時25分発)、でした。

なお28レ(同13時25分発)は横瀬駅1番ホーム横に留置されていた10103F(プラチナ)、ちちぶ96号(同14時50分発)は同駅電留線にいた10108Fでした。
10103Fは13時12分頃に横瀬駅を去りました。
10108Fは、横瀬駅で、14時15分、電留線から出てきました。14時30分頃に2番ホームに到着した10109Fの上り特急 30レと並び、14時34分に西武秩父駅へ回送されました。

2017年4月23日 14時15分頃、横瀬、奥の電留線から1番ホーム横の側線に入る10108F。
2017年4月23日 14時15分頃、横瀬
奥の電留線から1番ホーム横の側線に入る10108F。
2017年4月23日 14時29分頃、横瀬、左から発車を待つ10109F回送・10109Fの30レ・到着する20153Fの5031レ。
2017年4月23日 14時29分頃、横瀬

左から発車を待つ10109F回送・10109Fの30レ・到着する20153Fの5031レ。

2017年4月23日 15時8分頃、横瀬、手前が西武秩父駅から回送されてきた10102F。奥の電留線には左から4009F・2073F・・40234F+4011F。
2017年4月23日 15時8分頃、横瀬、手前が西武秩父駅から回送されてきた10102F。奥の電留線には左から4009F・2073F・4023F+4011F。

4009F(52席)は西武秩父駅で特急車2本と並びか

下りの4009F(52席)は西武秩父へ14時ころに到着したはずです。横瀬駅に回送されて来たのは14時59分。
西武秩父駅にいる50分間ほどのうち、定期の17レ到着後の2分間ほどは、特急ホームで発車待ちのはずの ちちぶ96号もいるので、特急車両2本との並びがみられたはずです。

4009Fは、横瀬駅へ14時59分頃に回送されて来て、すぐに電留線へ入りました。臨時特急ちちぶ96号の後を追う形でした。

2017年4月23日 14時58分頃、横瀬、左が到着する4009Fの上り回送列車。右は発車した10108Fのちちぶ96号。
2017年4月23日 14時58分頃、横瀬

左が到着する4009Fの上り回送列車。右は発車した10108Fのちちぶ96号。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

※ メルトダウンから自主避難は本人の責任だけど、安全だからと原発推進したの誰?

2017年4月21日、西武池袋線元加治駅、この発言を伝える朝日新聞の写真ニュース。
2017年4月21日
西武池袋線元加治駅
発言を伝える朝日新聞の写真ニュース。

福島第一原発メルトダウンによる自主避難について、「本人の責任でしょう。(不服なら)裁判でも何でもやればいいじゃないか」と今村 雅弘=復興相が発言した件(2017年4月5日)。
自主メルトダウンも本人の責任だけど、という声が巷に溢れているのか、不明ですが。

自主避難は、本人の責任で本人が判断し行ったこと。
政府・東電からの補償や支援等も、本人たちが運動してやらせてね、ということでしょう、野党(当時は与党?)は支援してあげてね、と。
しかし、運動って面倒くさくて大変だし、強制避難にしなかった当時の政府の判断が正しかったか?、という問題があります。思いやりが政府に必要だと思います。
今の政府に思いやりはないので、「現在は野党」さんは、贖罪の気持ちで自主避難者の支援を行えば丸く収まる、ということですね。
これで良いのかな?、と不安を感じつつここまで書いたわけですが。

思い返せば、原発メルトダウン当時、埼玉県でも放射性物質のためにキノコ類が出荷停止になったり、大変でした。東日本壊滅を心配した人も多かったはず。
だからと言って強制避難の対象を広げすぎれば無理やり避難させられ困る人もいたはずです、グレーゾーンの曖昧対応(自主避難)はそれなりに正しい政策だったと思います。
そしてメルトダウン原発の冷温停止の宣言は、9か月後の2011年12月16日でした。
自主避難、仕方がないのでは?
こういった経緯を理解できてないことが、復興大臣の本当の問題でしょう、避難者の気持ち云々よりは。

安倍政権には、こういう低レベル発言が多いと思います。極右と呼んでも良い(ご本人のお言葉)安倍晋三さんが総理大臣だから当然ですが。
アベノミクスで景気が回復したと言っても、日本銀行は垂れ流し(金融緩和)を止められないわけで、褒められる業績ではないと思います。
そろそろ、彼をクビにしませんか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

※ 2017年2月24日の第1回・プレミアムフライデーの西武線・臨時列車

日々の生活に忙しいのか、2回目の東京オリンピックまでの人生に世界平和実現の予定はなく、自分たちの平和と安全だけが課題だから共謀罪法案を気にしない?
そんな安倍政権下の日本で、2017年2月24日・金曜日の夕方、西武鉄道は「日本初の臨時電車」と称して“プレミアムフライデー号”を西武新宿駅(17時12分発)から西武遊園地駅(17時57分着)まで運転しました。種別は急行。見に行くと、38102Fが担当でした。

2017年2月24日17時51分頃、萩山、到着したプレミアムフライデー号の臨時急行 西武遊園地ゆき。車両は38102F。運転台の室内側にヘッドマークがおかれています。
2017年2月24日17時51分頃、萩山

到着した“プレミアムフライデー号”の臨時急行 西武遊園地ゆき。車両は38102F。運転台の室内側にヘッドマークがおかれています。

2017年2月24日17時52分頃、萩山、夕焼けの空の下へ発車した臨時急行 西武遊園地ゆき。
2017年2月24日17時52分頃、萩山

夕焼けの空の下へ発車した臨時急行 西武遊園地ゆき。

臨時急行で西武遊園地駅到着後、38102Fは各停 小平ゆきで18時7分に萩山駅へ戻って来ました。

2017年2月24日 18時7分頃、萩山、到着する38102Fの各停 小平ゆき。左奥の電留線に1257Fが見えます。
2017年2月24日 18時7分頃、萩山

到着する38102Fの各停 小平ゆき。左奥の電留線に1257Fが見えます。

この臨時急行とその折り返しは、国分寺〜西武遊園地駅間の6069レ・6074レのスジのうち萩山~西武遊園地駅間を流用した形でした。
このため国分寺駅から6069レで萩山駅1番ホームに到着した1257Fは一旦 電留線に入り、38102Fの各停 小平ゆきが発車後に、3番ホームへ入線し営業に復帰、国分寺ゆき6074レとして18時10分に発車して行きました。

2017年2月24日 18時9分頃、萩山、電留線から3番ホームへ入る1257F。
2017年2月24日 18時9分頃、萩山
電留線から3番ホームへ入る1257F。

各停で小平駅へ戻った38102Fは、同駅引き上げ線で折り返したのでしょうか、下り回送列車となって所沢駅1番ホームを18時27分に通過して行きました。

2017年2月24日 18時27分頃、所沢、1番ホームを通過する38102Fの下り回送列車。
2017年2月24日 18時27分頃、所沢
1番ホームを通過する38102Fの下り回送列車。

「プレミアムフライデー」とは、終業時間を15時に前倒しして余暇を楽しもう(個人消費も増やそう)という取り組みです。
安倍政権が言い出し、設立された協議会が実施を2016年12月に決定、初回実施がこの2017年2月24日でした。安倍首相は座禅を組んで迷走瞑想。
西武鉄道では西武園ゆうえんちでイベントを開催し、その足としてこの臨時列車を運転しました。
臨時列車があるというので、私も早めに帰宅しました。

2回目の3月24日に西武鉄道は臨時列車を運転することもなく静かだったので、私も通常勤務。
一人寂しく安倍首相だけが瞑想かと思ったら、彼は部下(秘書官)と食事してたようです。
どんなにがんばっても彼に世界平和実現は無理という、多くの国民の冷めた判断に大きく頷く私ではあります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

2017年3月25日、西武秩父駅から秩父鉄道SL列車が出発

2017年3月25日 12時20分ころ、出発したSL列車。右は20分ほど遅れの11レで到着した10103F(プラチナ)。
2017年3月25日
12時20分ころ
出発したSL列車。

2017年3月25日(土)・26日(日)は秩父鉄道のSL列車「パレオエクスプレス」が西武秩父駅から出発しました。三峰口駅で折り返し、秩父駅までの短縮営業。秩父鉄道線内は通常のSL列車のスジでの運転と思います。

26日は天気が悪かったので見に行っていませんが、25日は到着から発車まで、見ることができました。

電気機関車 デキ201に牽引され、影森駅から西武秩父駅2番ホームへ11時29分ころに回送されてきたSL列車です。

2017年3月25日 11時28分、西武秩父、影森方から到着するSL列車の回送。
2017年3月25日 11時28分、西武秩父
影森方から到着するSL列車の回送。

その後、3番ホームに4015Fの5019レが到着。左隣りは通過する秩父鉄道の普通列車。

2017年3月25日 11時33分ころ、西武秩父、4015Fの5019レと出発を待つSL列車。
2017年3月25日 11時33分ころ、西武秩父
4015Fの5019レと出発を待つSL列車。

SL列車が待機する2番ホームの案内表示には、この日から運転開始の「S-TRAIN」や、「元町・中華街」が入っていました。

2017年3月25日、西武秩父、「S-TRAIN」の文言が入った2番ホームの表示とSL列車。
2017年3月25日、西武秩父

「S-TRAIN」などの文言が入った2番ホームの表示とSL列車。

SL付近では「S-TRAIN」の西武秩父乗り入れ記念でやって来た鉄道アイドルさんと西武鉄道の着ぐるみさんの記念撮影会が始まり、私もちょっとだけ。

2017年3月25日、西武秩父、SL列車の先頭部付近での鉄道アイドルさんたちが記念のポーズ。
2017年3月25日、西武秩父

SL列車の先頭部付近での鉄道アイドルさんたちが記念のポーズ。

発車が迫ったSL列車、黒煙が上がっていました。
隣には、秩父鉄道のラッピング列車と、0分ほど遅れの11レで到着した西武鉄道プラチナの10103F。

2017年3月25日 12時15分ころ、西武秩父、両手に花?の発車間近のSL列車。
2017年3月25日 12時15分ころ、西武秩父
両手に花?の発車間近のSL列車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2017年3月25日もオープン戦で上りの臨時特急