« 小江戸川越111号 | トップページ | フルカラーLED表示・白い顔となった西武6103F »

2006年11月12日 (日)

踏み切りに置き傘は止めよう

東急東横線の下り特急に乗車中、かぶりつき(運転席のすぐ後ろで進み行く線路を眺めることですね)をしていたら、急ブレーキがかかった。よく見たら、踏み切りの上下線の間に傘が開いておいてあった。徐行して通過し、最後部がその踏み切りにかかった辺りで停車。田園調布駅の50メートルほど手前。

運転士は無線で連絡をとり(音声全く聞こえず)、車外へ出た。傘と接触したため車両点検をしていると車掌の放送があった。1分ほどで運転士は戻り、発車。約3分の遅れと放送があった。

風は強かったが、...、上下線のちょうど真ん中にあったあの傘は飛んできたのだろうか。
# ブログのデザインを変えてみました。

|

« 小江戸川越111号 | トップページ | フルカラーLED表示・白い顔となった西武6103F »

コメント

自転車置く奴もいますね。

投稿: 狭山湖線 | 2010年11月 6日 (土) 02時13分

こんな昔の記事へのコメント、ありがとうございます。何にしても、線路に物を置いてはダメですね。
 > 狭山湖線さん

投稿: 鈴木やす | 2010年11月 6日 (土) 21時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/12659675

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み切りに置き傘は止めよう:

« 小江戸川越111号 | トップページ | フルカラーLED表示・白い顔となった西武6103F »