« 西武6103F、試運転を見ました | トップページ | 池袋線の2451Fが新宿線を応援 »

2006年12月16日 (土)

西武池袋線、車両運用観察(12月14日〜16日)

061216hibarigaoka 12月14日と15日は、3扉車10連の運用が1本増えていました。

追加されたのは、朝の2106レ(飯能5時51分発・急行 池袋ゆき)から夜の2183レ(池袋20時50分発・急行 飯能ゆき)などに入る運用で、14日は277F+1245F+1243F、15日は291F+1301Fでした。この運用は時刻表で追うと、4509レ(池袋19時6分発・通勤準急 所沢ゆき)や4130レ(飯能21時58分発・準急 池袋ゆき、14日のみ実見)にも入るようです。

このプラス以外は、朝は3本、夕方は2本の3扉車10連が通常の運用で使われていました(14日は帰りが遅く夕方は未確認)。

写真はひばりヶ丘駅に停車中の、291Fほかの2183レ(急行 飯能ゆき)です。12月15日の撮影です。

なお本日(12月16日)は3扉車10連の列車を見かけませんでした。
16時15分頃に小手指車両基地の横を通過する下り列車から、N101系2連を飯能方に連結した編成が建屋脇の10両編成の位置に「準急 小手指」表示・尾灯点灯状態でパンタを上げて止まっていましたが、運用に入っていたかは不明です。

|

« 西武6103F、試運転を見ました | トップページ | 池袋線の2451Fが新宿線を応援 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/13088837

この記事へのトラックバック一覧です: 西武池袋線、車両運用観察(12月14日〜16日):

« 西武6103F、試運転を見ました | トップページ | 池袋線の2451Fが新宿線を応援 »