« 西武池袋線、今夜の運用は??? | トップページ | 西武クモハ273の車内の特徴 »

2007年1月17日 (水)

意味のあるところに拘って欲しい東武10000系

070116ikebukuro

写真は、1月16日に東上線池袋駅で撮影した、東武10000系12448の寄居よりの車端部です。屋根から車体の下の方へパイプが降りていますが、このパイプ、窓を迂回するためきれいなカーブを描いています。

妻面の窓から見えるのは、隣の車両のお客さんの横顔程度。パイプで視界が遮られても大きな問題ではありません。西武の車両のように、ここは男らしく一直線にパイプを伸ばしても良い、と思う次第です。
どうせお金をかけるなら、運転室と客室の仕切壁の窓を大きくしたり、運転士席真後ろに窓を設けていただけると嬉しいです。東武の運転士さんのことだから、窓があってもカーテンをおろしてしまうでしょうが、車掌さんは開けておいてくれることでしょう。

最初にこのパイプを発見したときの印象は、女性の体のようなカーブで窓を迂回させるとは、東武もなかなかやるのー、だったのですが。

|

« 西武池袋線、今夜の運用は??? | トップページ | 西武クモハ273の車内の特徴 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/13546396

この記事へのトラックバック一覧です: 意味のあるところに拘って欲しい東武10000系:

« 西武池袋線、今夜の運用は??? | トップページ | 西武クモハ273の車内の特徴 »