« 山手線、ホーム検知装置(?)を付けたE231系 | トップページ | 西武・山手跨線橋、工事のその後(2月25日) »

2007年2月25日 (日)

西武池袋線、椎名町~東長崎間の架線設備工事(2月25日)

本日の工事シリーズ4番目は、西武池袋線椎名町駅と東長崎駅の間の架線設備です。
写真はいずれも2月25日(日)の撮影です。

070225sinamati 手前のピカピカ銅線が、新しく下り線側に張られたき電線(としてしまいます)です。左側に見えるコブのような部品で2本の銅線を一組にまとめているようです。
奥に、黄色い滑車に掛かっている灰色のワイヤーは、おそらく、以前に下り線へ給電していたき電線です。椎6踏切(両駅の真ん中?)あたりの架線柱でガイシ固定となっている他は、末端以外は滑車支持となっているようでした。
この写真は椎7踏切からの撮影です。
070225sinamati2 新しく下り線の上に張られたピカピカ銅線からトロリー線へ給電が始まったようです。日光に輝く銅の色、気持ち良いです。
き電線は、架線柱のガイシに固定されている前後それぞれ2メートルくらいは被覆で覆われていました。
070225sinamati3 椎2踏切と椎3踏切の間の架線柱です。滑車支持の電線から以前は下り線(右側)のトロリー線へ給電していた跡が分かります。

2月17日の様子を「西武池袋線、椎名町~東長崎間の架線設備工事(2月17日)」でご紹介しています。

|

« 山手線、ホーム検知装置(?)を付けたE231系 | トップページ | 西武・山手跨線橋、工事のその後(2月25日) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/14045267

この記事へのトラックバック一覧です: 西武池袋線、椎名町~東長崎間の架線設備工事(2月25日):

« 山手線、ホーム検知装置(?)を付けたE231系 | トップページ | 西武・山手跨線橋、工事のその後(2月25日) »