« 西武池袋線、桜台駅のホーム延伸工事(3月12日) | トップページ | 西武6157、顔にあざ? »

2007年3月17日 (土)

改造後の西武6106F、池袋線で営業運転開始

東京メトロ副都心線への乗り入れ改造工事を終え、白い顔・カラーLED表示となった西武6000系の6106Fが、本日(3月17日)に営業していました。
私が6106Fを目撃した列車は、2109レ(池袋9時20分発・急行 飯能ゆき)・2136レ(飯能10時29分発・急行 池袋ゆき)・4125レ(池袋11時24分発・準急 飯能ゆき)・2160レ(飯能14時29分発・急行 池袋ゆき)でした。

写真の6106Fは、所沢駅に停車中の本日の2160レです。

070317tokorozawa

|

« 西武池袋線、桜台駅のホーム延伸工事(3月12日) | トップページ | 西武6157、顔にあざ? »

コメント

はじめまして
6006Fもう営業運転に入ったんですね。結構早いですね。
私も早く営業運転姿を撮影したいです。

私もブログを書いており私のブログでは鉄道関係(西武線、東西線、有楽町線が中心)を
取り上げています。良かったら見に来てください。
もし良かったら相互リンクしたいのですが・・・いかがでしょうか。
今後もよろしくお願いします。

投稿: 西武っち | 2007年3月17日 (土) 21時02分

西武っちさん、こんばんは。

相互リンク、歓迎です。

「西武鉄道ファン向けリンク集」に"鉄道かわら版"を追加させていただきました。

投稿: 鈴木やす | 2007年3月18日 (日) 19時42分

ここでははじめまして。

西武6000系の副都心改造は、白顔・T字ハンドル・白色LED行き先更新が行われ、聞いた話では6001・6002以外がこの改造になるらしく、今までの6000系らしくなくなってしまうのが寂しく、上記の改造のほか、あの綺麗な和音の日立GTOインバータの更新や、パンタのシングルアーム化もされたらしく(交直流車のような設置)になり、大変遺憾だと思いました。

初めてながらこのような書き込みですみません。

投稿: けろけろ軍曹 | 2007年3月19日 (月) 01時01分

上記の続きですが、これらの改造を受けた6000系は必然的に発車寸前の独特な緩解ブレーキの音もなくなったものだと思われます。

今回出たメトロ10000系・東武9000系シリーズは独自の物となっているのに、西武は行き先LEDが東急5050系と同じものになっているかが理解に苦しむところです。

この6000系の改造と山手線205系の転用改造はどちらが酷いものかがいい勝負です。

いい電車ほど早く原型をなくしたり引退するのが早いというのはここにあると思います。

投稿: けろけろ軍曹 | 2007年3月19日 (月) 01時17分

これで最後ですが・・・、

この6000系の改造は副都心線対応改造と言ってはいますが、これらの言い分は間違えで、車体以外は何もかも変わってしまったので、

副都心線対応をきっかけに全体リニューアル工事

と言っても過言ではないと思います。

投稿: けろけろ軍曹 | 2007年3月19日 (月) 01時27分

西武は有楽町線・副都心。東急になっても6000系で賄われると聞いたときには嬉しく思いましたが、このようなものを見てしまい、一発で幻滅しました・・・。orz

これならば、まだ西武が副都心用の20000系ベースの新形式を導入したほうがまだマシですね・・・。

投稿: けろけろ軍曹 | 2007年3月19日 (月) 19時59分

けろけろ軍曹さん、こんばんは。

西武6000系の副都心線対応工事は、ホームドア対応が主のようです。パンタグラフや制御装置・車内に手が入った様子は見られません(制御装置の箱をきれいにせず、中身だけそっくり入れ替わっていたら、部外者には分かりませんが)。

とは言え、ワンハンドルマスコンになったり、ITV装置が付き、LCDのモニター画面が入ったりと、運転台はかなり変化しています。行き先表示も、カラーのLED表示になりましたね。

投稿: 鈴木やす | 2007年3月19日 (月) 22時06分

ということは、走行音は変化なしと言うことでしょうか?確かにVVVFのメンテはどこでもやっているので・・・。

この白い顔は前回のSマークみたいにある程度改造が落ち着いたら戻るのかが気になります。

投稿: けろけろ軍曹 | 2007年3月19日 (月) 22時28分

けろけろ軍曹さん、こんばんは、反応が鈍くてすみません。

走行音には詳しくないのですが、VVVF関係と思われる床下機器箱はきれいになっていませんでしたので、あすこら辺はいじられていないのであろうと判断しております。

白いお顔はこのままなのではないでしょうか。ステッカーを貼るのに比べると、FRPの塗装(または交換)は結構お金がかかっていると思います。

投稿: 鈴木やす | 2007年3月24日 (土) 23時21分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/14294055

この記事へのトラックバック一覧です: 改造後の西武6106F、池袋線で営業運転開始:

» 6006F改造工事終え池袋線へ [鉄道かわら版]
今日副都心線乗り入れ改造工事を終えた6006Fが玉川上水から池袋線の小手指へ回送されました。午前中と午後に玉川上水〜拝島間を1往復ずつ試運転した後玉川上水〜小平〜上石神井〜所沢〜小手指のルートで回送されました。途中上石神井では一時留置線で待機し、東村山では後続の本川越行きの待機を行いました。また所々で撮影者を何人か見かけました。6006Fの改造内容は今までと同じようです。 6006Fが改造工事を終えたので次は6004Fが改造工事に入るようです。また6004Fの入場で池袋線から20102Fが転属..... [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 20時57分

» 6106F改造終えて出場 [クロフネ航海手帳]
副都心線対応のための改造を受けていた西武6000系の6106Fが出場して、拝島線内で試運転しているところを撮影 [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 22時00分

» 6006F早くも営業運転開始 [鉄道かわら版]
先日池袋線へ転属したばかりの6006Fが早くも営業運転に入っているのを目撃しました。これにより改造された6000系が営業運転に入っているのは3本となりました。この営業運転開始で18年度分の改造は終了のようです。6016Fが出場したことで次に6104Fが工事に入りました。ここから19年度分の工事に入ります。鉄道ジャーナルによると19年度の改造予定本数は8本ということなので池袋線の6000系も改造に入るものと思われます。今後の改造にも目が離せませんね。 話しが少しずれますが3月21日に発売された鉄..... [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 20時33分

« 西武池袋線、桜台駅のホーム延伸工事(3月12日) | トップページ | 西武6157、顔にあざ? »