« 西武鉄道、メモ帳から(~7月21日) | トップページ | 西武N101系、池袋駅側線で日中を過ごす »

2007年7月22日 (日)

交互発着で下り回送列車をさばく ひばりヶ丘駅

写真は2007年7月12日(木) 9時32分にひばりヶ丘駅の1番ホームから発車する特急車10000系(10106F)の下り回送列車です。9時32分に到着し、すぐに発車して行きました。

070722_hibari

9時30分に4561レ(池袋 9時8分発・通勤準急 小手指ゆき、ダイヤ上はひばりヶ丘 9時28分着・29分発)が2番ホームに着発、その後にこの回送列車が入ってきました。そしてこの回送列車の後には6485レ(新木場 8時30分発・普通 所沢ゆき、同9時33分着発)が2番ホームへ入り、9時34分に発車して行きました。
運転間隔が4分の4561レと6485レの間で、特急車の下り回送列車をスムースに運行するための1番ホーム着発 なのでしょう。4561レがホームに在線していても1番ホームへ下り回送列車は入れますし、下り回送列車が1番ホームにいても6485レは2番ホームへ入れます。

|

« 西武鉄道、メモ帳から(~7月21日) | トップページ | 西武N101系、池袋駅側線で日中を過ごす »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/15792853

この記事へのトラックバック一覧です: 交互発着で下り回送列車をさばく ひばりヶ丘駅:

« 西武鉄道、メモ帳から(~7月21日) | トップページ | 西武N101系、池袋駅側線で日中を過ごす »