« 副都心線対応の西武6000系、地下鉄乗り入れ開始 | トップページ | 山手跨線橋架け替え工事、池袋駅の留置線建設進む »

2007年8月 2日 (木)

入間市駅の軌道敷き内でロングレールの溶接

写真は2007年7月25日(水)の朝6時15分ころに撮影した、西武池袋線・入間市駅構内です。奥がホームで、手前側が飯能駅方向です。上下線の間の、少し広くなったところにレールが沢山おいてあります。2箇所が白いシートで覆われています。

070802irumasi

白いシートの間に小さなやぐらが設置され、オレンジ色の機器がレールをくわえ込んでいます。おそらく、レールを溶接する機械と思われます。

070802irumasi2

7月23日(月)ころにはこの小さなやぐら、あったように思いますが、7月27日(金)の朝には消えていました。8月2日(木)現在もこの付近にレールは沢山置いてあり、またポイントの一部になると思しきレール(端がトングレールになっている)が2本、ころがっています。
池袋~椎名町間でレール交換が始まるようで、線路脇にロングレールが置かれています。遠くに敷設されるロングレールを入間市駅で作るとは思えませんし、同駅周辺でレール交換が準備されている所はないと思います(たぶん)。いまだに転がっている、ポイント用のレールを作っていたのでしょうか? 池袋~椎名町間のレール交換工事の練習でしょうか?

|

« 副都心線対応の西武6000系、地下鉄乗り入れ開始 | トップページ | 山手跨線橋架け替え工事、池袋駅の留置線建設進む »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/15986215

この記事へのトラックバック一覧です: 入間市駅の軌道敷き内でロングレールの溶接:

« 副都心線対応の西武6000系、地下鉄乗り入れ開始 | トップページ | 山手跨線橋架け替え工事、池袋駅の留置線建設進む »