« 8両編成の通勤準急、西武池袋線にありました | トップページ | 弘南鉄道大鰐線、一部区間をバス代行 »

2007年9月 9日 (日)

西武鉄道、メモ帳から(~9月9日)

9月3日の朝は異状なし
2007年9月3日(月)の朝は、いつも私が出会う電車たちはいつものパターンで、異状はありませんでした。

  • 2104レ(飯能 5時51分発・急行 池袋ゆき)は(<-飯能)275F+?+1237Fで、3ドア車の10両編成。
  • 5105レ(池袋 5時0分発・普通 飯能ゆき)は(<-飯能)1241(?)F+1245(?)Fで、3ドア車の8両編成。
  • 5107レ(小手指 5時59分発・普通 飯能ゆき)は6108Fで、4ドア車の10両編成。
  • 2106レ(飯能 6時1分発・急行 飯能ゆき)は(<-飯能)277F+1301Fで、3ドア車の10両編成。
  • 6時15分頃の狭山ヶ丘駅には20108F(4ドア車10両固定編成)が留置。
  • 4101レ(池袋 5時38分発・準急 飯能ゆき)は6153Fで、4ドア車10両編成。
  • 5109レ(小手指 6時27分発・普通 飯能ゆき)は6103Fで、4ドア車10両編成。
  • 4029レ(小手指 6時25分発・準急 新木場ゆき)は6157F。
  • 6401レ(小竹向原 5時46分発・普通 小手指ゆき)は6158F。
  • 所沢駅の電留線に6時30分頃、3001Fと9104Fが留置。いつも3000系と4ドア車10両編成がいます。
  • 5203レ(池袋 5時51分発・普通 小手指ゆき)はおそらく2063F。4ドア車の8両編成。この日は、所沢駅の時点で少し遅れていました。
  • 5802レ(清瀬 6時36分発・普通 池袋ゆき)は2091Fで、4ドア車8両編成。20000系8連のこともあります。
  • 清瀬駅4番ホームに6時30分頃、6110Fが留置。
  • 5208レ(小手指 6時16分発・普通 池袋ゆき)は3007Fで、3000系。
  • 6時40分頃の保谷駅の電留線には、2番・3番線に3000系、車庫側にN2000系8両編成が1本。
  • 5205レ(池袋 6時16分発・普通 小手指ゆき)はN2000系の8両編成。
  • 5605レ(池袋 6時24分発・普通 保谷ゆき)はN2000系の8両編成。20000系8連が入ることもあります。
  • 4107レ(池袋 6時37分発・準急 飯能ゆき)は9105Fで、4ドア車の10両編成。
  • 5207レ(池袋 6時39分発・普通 小手指ゆき)は2071Fで、4ドア車の8両編成。
  • 6709レ(池袋 6時45分発・普通 豊島園ゆき)は20151Fで、4ドア車の8両編成。
  • 5607レ(池袋 6時54分発・普通 保谷ゆき)は20158Fで、4ドア車の8両編成。
  • 4201レ(池袋 6時57分発・準急 小手指ゆき)は(<-飯能)279F+1305Fで、3ドア車の10両編成。
  • 6711レ(池袋 7時1分発・普通 豊島園ゆき)は3003Fで、3000系。
  • 5616レ(保谷 6時37分発・普通 池袋ゆき)は2067Fで、4ドア車の8両編成。

9月4日朝は所沢駅電留線の10連滞泊なし
2007年9月4日(火)は、所沢駅の電留線に3001Fしかおらず、10連は見えませんでした。
また2114レ(飯能 7時43分発・急行 池袋ゆき)に、271F+?+1245Fが入っていました。
271Fは、小手指車両基地の駅側・本線よりの短い留置線に3日(月)朝に止まっていました。この日の夜、2184レ(飯能 21時13分発・急行 池袋ゆき)が3ドア車10連のようにも見えました。この列車に入った編成は以前に、4343レ(池袋 22時10分発・準急 所沢ゆき)で22時40分に所沢駅へ到着すると電留線に入って夜を明かしていましたが、3日夜は小手指車両基地へ回送され、4日は、5111レ(小手指 7時21分発・普通 飯能ゆき)から仕事を始めたのかもしれません。
なお4日の6時20分頃、小手指車両基地中央部付近に、N101系の10両編成らしき姿がありました。

9108Fが試運転
2007年9月4日(火)の朝6時20分頃、小手指車両基地の中央に9108Fが「試運転」表示で留置されていました。
12時前には、「試運転」表示の上り列車として小手指駅へ到着するところを見かけました。
そして19時30分頃にも、「試運転」表示で車内の照明が付いた状態で、小手指車両基地に留置されていました。
9月5日(水)の朝も6時20分頃に9108Fは「試運転」で小手指車両基地の入り口付近にいました。
私はしばらく東京を離れていましたが、9月8日(土)に戻ってくると、9108Fは2204レ(飯能20時37分発・急行池袋ゆき)で営業運転していました。
なお「試運転」になる前、9月2日(日)に9108Fは4105レ(池袋 6時15分発・準急 飯能ゆき)に入っていました。という訳で、今回の試運転は、車両工場で検査を終えた後の試運転ではないと思います。

コープデリの広告電車、健在
コープデリの広告ステッカーを戸袋部に貼った6050系(6156F)は2007年9月9日(日)も走っていました。ただし車両番号はキチンと確認していません。


西武鉄道、メモ帳から(~9月2日)

|

« 8両編成の通勤準急、西武池袋線にありました | トップページ | 弘南鉄道大鰐線、一部区間をバス代行 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/16392696

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道、メモ帳から(~9月9日):

« 8両編成の通勤準急、西武池袋線にありました | トップページ | 弘南鉄道大鰐線、一部区間をバス代行 »