« 西武9103Fが東急車輛から甲種輸送される | トップページ | 西武鉄道、メモ帳から(~9月29日) »

2007年9月29日 (土)

西武・小手指車両基地の工事 二題

西武池袋線の小手指駅に隣接する小手指車両基地で工事が二つ、行われていました。

070929kote一つ目は左の写真。車両基地の一番 端の17番線に新しい架線柱が立っていました(写真右端)。この線路、以前は車両の解体にも使われ、架線は張られていませんでした。あまり長くなく、4両編成しか入れないと思います。
写真は2007年9月29日に公道から撮影しました。

二つ目は、「回生電力吸収装置」または「早期地震警報システム」に関係するかもしれないと6月にご紹介した工事です。今日(2007年9月29日) 見たところ、どうやら、台車から外さずに車輪を整形できる転削場となるような感じです。(10月2日21時30分に「な感じ」を追加。)
建設中の鉄骨造りの建屋はまだ壁がないため、中が見えました。深さ2メートルほどの約5メートル四方のコンクリートで固められたピットらしき構造物と、踏み切り部分のような軌道が見えました。この施設の駅より100メートルほどの所にある現在の転削場は閉鎖となるのかもしれません。
なお、金網にへばりつかないとまともな写真は撮れない場所でしたが、この日は小雨模様の天気でしたので、写真は撮影しませんでした。

|

« 西武9103Fが東急車輛から甲種輸送される | トップページ | 西武鉄道、メモ帳から(~9月29日) »

コメント

こんばんは。
先日はコメントとトラックバックをありがとうございました。
今日、小手指車両基地へ行って来たのですが、17番線の架線柱には全く気付きませんでした。

車輪転削場につきまして、細かい説明がありましたので、こちらでUPした記事に、勝手ながらリンクを張らせていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: Fujickey | 2007年10月 1日 (月) 21時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/16611063

この記事へのトラックバック一覧です: 西武・小手指車両基地の工事 二題:

« 西武9103Fが東急車輛から甲種輸送される | トップページ | 西武鉄道、メモ帳から(~9月29日) »