« メトロ7000系の乗務員扉脇の赤マーク車が消えたようです | トップページ | 西武鉄道、メモ帳から(~12月9日)、その1 »

2007年12月 9日 (日)

西武・東長崎駅の下り線が2番線へ変わる

2面4線へ改良工事中の西武池袋線・東長崎駅の下り線が、2007年12月9日(日)の始発から切り替わりました。1番線が使用停止となり、建設中だった2番線をすべての下り列車が走るようになりました。

071209higanaga
上りホームの池袋方端から下りホームを撮影。
奥の、途切れて古枕木が載っている線路が1番線。

071209higanaga2
9105Fの急行 池袋ゆきと、切り替えられた下り線を計測する職員
私が行った9時半頃は他に、池袋方の切り替え地点で協力会社の作業員の方々か10名ほど作業をしていました。

ポイントを挿入すれば1番線・2番線ともに使用可能となりますが、今回は、1番線使用から2番線使用へ変わっただけです。1番ホームの番線表示に紙が貼られ、時刻表は取り外されていました。出発信号機は黒ビニール袋で覆われていました。
ポイント挿入予定位置の前後にカントが付いていたりで、単純にポイントを入れるだけではダメなのでしょうか。1番線はホーム外側でカーブしていますが、2番線はホームが直線で見通しが良くなります。

なお上り副本線となる4番線の工事も進んでおり、一部でレールが敷設されています。


西武池袋線の改良工事の様子(2007年12月1日)」へ。
西武・東長崎駅構内にポイントが入りました」(2007年12月16日)へ。

|

« メトロ7000系の乗務員扉脇の赤マーク車が消えたようです | トップページ | 西武鉄道、メモ帳から(~12月9日)、その1 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/17321899

この記事へのトラックバック一覧です: 西武・東長崎駅の下り線が2番線へ変わる:

« メトロ7000系の乗務員扉脇の赤マーク車が消えたようです | トップページ | 西武鉄道、メモ帳から(~12月9日)、その1 »