« お役人の目が光る電車の車体広告 | トップページ | 早朝から大混雑の西武・石神井公園駅の池袋方 »

2008年2月18日 (月)

西武鉄道、メモ帳から(~08年2月18日)

メトロ10000系が14M運用を代走
写真は2008年2月14日(木)、練馬駅を発車した4706レ(小手指 7時25分発・準急 新木場ゆき)です。西武車両による運転が所定ですが、この日は東京メトロ10000系(10008F)でした。
14日(木)朝から18日(月)夜にかけて、朝や夜の小手指車両基地にメトロ10000系が留置されています(土・日はもっとも飯能方にいました)。平日の14M運用の代走が続いていると思われます。

080218nerima

平日朝の池袋線の変則運用など
2008年2月15日(金)は、5105レ(池袋 5時0分発・普通 飯能ゆき)が20158Fでした。いつもはN101系8連。また、いつもはN101系10連の4201レ(池袋 6時57分発・準急 小手指ゆき)が下記のように6107Fでした。
代わりに、5605レ(池袋 6時24分発・普通 保谷ゆき)が1305F、5616レ(保谷 6時37分発・普通 池袋ゆき)が1309F、6709レ(池袋 6時45分発・普通 豊島園ゆき)が(<-飯能)1241F+1245Fでした。いずれも、いつもは4ドア車の8連です。

なお15日は、6時20分頃の小手指駅で乗客が線路へ落し物をし非常停止信号が発報されました。2106レ(飯能 6時1分発・急行 池袋ゆき)は小手指駅を4分遅れで発車となりました。池袋駅には1分遅れの6時58分着でした。
朝のラッシュで遅れはもっと広がるかと予想していましたが、8時30分頃に池袋~椎名町間で見た限り、いつもより遅れは小さく、ほとんど定時でした。受験で学生さんが少なかった、などの理由とは思いますが、不思議な感じでした。

18日(月)は、6時40分頃の保谷駅電留線の車庫側に1245F他のN101系8連が留置されていました。いつもは4ドア車8連です。この編成<(<-飯能)1243F+1245F>は5620レ(保谷 7時15分発・普通 池袋ゆき)に入っていました。

池袋線のN101系、14日は10連が途中で車両交換など

080218ooizumi
大泉学園駅を発車する2008年2月14日の4109レ
1307F+271F

2008年2月14日の4111レ(池袋 7時6分発・準急 飯能ゆき、)は(<-飯能)287F+1235F+1237Fでした。
この編成はいつもならば一日中 優等列車で駆け回り、夜の4217レ(池袋 18時32分発・準急 小手指ゆき)などに入るのですが、この日の4217レは6107Fでした。その代わりか、20時30分頃 小手指車両基地のもっとも飯能よりにN101系の10両編成らしき姿が見えました。おそらく日中に車両交換があったと思われます。

翌日の15日(金)は、朝は、いつもはN101系10連の4201レが6107Fでした。2104レ(飯能 5時51分発・急行 池袋ゆき)は(<-飯能)271F+1307F、2106レ(飯能 6時1分発・急行 池袋ゆき)が273F+1301Fでした。
夜は、(<-飯能)273F+1301Fが4217レ、287F+1235F+1237Fが2165レ(池袋 18時49分発・急行 飯能ゆき)、271F+1307Fが4230レ(小手指 20時4分発・準急 池袋ゆき)と、いつものN101系10連の運用となっていました。

16日・17日の土日は、N101系10連を池袋線で見ることはありませんでした。
18日(月)はいつもと変わりなしでした。ただ朝に4201レに入っていた273F+1301Fが朝だけで消え、夜は代わりに277F+1241F+1239Fが2165レ(池袋 18時49分発・急行 飯能ゆき)に入っていました。4201レに入ったN101系10連は朝のラッシュが終わると小手指車両基地へ入庫し、夜に再びs出庫する場合が多いようですが、こういうこともあります。なお先週は、(<-飯能)1241F+1239Fと1241F+1245Fの組み合わせで普通列車、(<-西武球場前)277F+275Fが狭山線に使われていましたが、シャッフルされて、今週は277F+1241F+1239Fと(<-飯能)1243F+1245F(5620レ)のようです。

狭山線はN101系2+2連
一時はN101系4両固定編成が入ることもあった狭山線の線内折り返しですが、期間中はN101系2+2連でした。
14日(木)・15日(金)は(<-西武球場前)277F+275Fと269F+291F、16日(土)・17日(日)も日中は269F+291F、18日(月)は273F+275Fと269F+291Fでした。なお平日は夜間の列車でのチェックです。

シングルアームパンタグラフになった9106Fが登場
ブログ"クロフネ航海手帳"さんの「西武9106Fシングルアームパンタ化」などによると、9000系で唯一 菱形パンタグラフだった9106Fがシングルアームパンタグラフに交換されてしまったとのこと。
2008年2月18日(月)の3134レ(飯能 19時28分発・快速 池袋ゆき)がこの9106Fでした。16日(土)や17日(日)の日中は9106Fは走っていなかった、と思います。


西武鉄道、メモ帳から(~08年2月13日)」へ。
西武鉄道、メモ帳から(~08年2月23日)」へ。

|

« お役人の目が光る電車の車体広告 | トップページ | 早朝から大混雑の西武・石神井公園駅の池袋方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/40172661

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道、メモ帳から(~08年2月18日):

« お役人の目が光る電車の車体広告 | トップページ | 早朝から大混雑の西武・石神井公園駅の池袋方 »