« 「ケロロ号」となった西武6153F | トップページ | 西武N101系10連、2月23日も土休日ダイヤに登場 »

2008年2月24日 (日)

西武鉄道、メモ帳から(~08年2月23日)

080224motokazi
<元加治駅> 2008年2月20日の5105レは3005Fでした。
この週はずっと、夜明けの空がこんな感じできれいでした。

N2000系2連が単独回送
前回書き漏らしました。2008年2月15日(金)の夜19時53分頃、西所沢駅3番線(池袋線下り)を2453Fだったと思いますが、N2000系2連が単独の下り回送列車が通過して行きました。
この車両、私は2月7日(木)夕方に(<-飯能)2453F+2079Fという編成の2170レ(飯能 18時18分発・急行 池袋ゆき)で見て以来でした。

4000系が朝の小手指車両基地にいました
2008年2月19日(火)の朝6時20分頃の小手指車両基地に4000系が1本 見えました。新しい車輪転削所ができた11番線中央にいました。
夜に4000系を見かけることはありましたが、朝は初めてかも知れません。

新装された2編成を撮影
副都心線対応の改造工事を終えた6158Fは2008年2月21日(木)に初・目撃できましたが、翌日は、2114レ(飯能 7時43分発・急行 池袋ゆき)で撮影できました。

080224ikesina

また2月18日(月)に私は初めて見ることができた、シングルアームパンタグラフに換装された9106Fは、22日(金)の3114レ(飯能 7時28分発・快速 池袋ゆき)で撮影できました。

080224ikesina2

池袋線 平日朝のいつもの列車
2008年2月19日(火)と20日(水)は、6709レ(池袋 6時45分発・普通 豊島園ゆき)がスカート付きの301系でした。いつもは4ドア車8連です。

また20日(水)は5105レ(池袋 5時0分発・普通 飯能ゆき)が3005Fでした(上写真)。いつもはN101系8連です。代わりか、6711レ(池袋 7時1分発・普通 豊島園ゆき)が(<-飯能)1243F+1245Fでした。いつもは3000系の列車です。

21日(木)は、5109レ(小手指 6時27分発・普通 飯能ゆき)が久しぶりに、(<-飯能)2451F+2077Fでした。いつもは4ドア車10両固定編成です。また6時40分頃の保谷駅電留線では、いつもは3000系の2番線に(<-飯能)1243F+1245Fがいました。5605レ(池袋 6時24分発・普通 保谷ゆき)が1303Fでした。6709レは3000系に変わっていました。
また21日(木)の朝は単独で5105レに入っていた1305Fは、夜は、291Fを飯能方に従えて2165レ(池袋 18時49分発・急行 飯能ゆき)に入っていました。
夜の狭山線には、4両固定編成の1247Fが6203レ(西所沢 19時10分発)に入っていました。もう1本は、(<-西武球場前)273F+275Fでした(6205レなど)。

22日(金)も5605レは車種変更で、1303Fでした。またいつもは4ドア車8連の5616レ(保谷 6時37分発・普通 池袋ゆき)は(<-飯能)1243F+1247Fでした。前日と組み合わせが違います。

22日朝は練馬駅周辺でちょっとした遅れ

2008年2月22日(金)は6時47分頃の練馬駅基準で見たとき、3〜4分ほど遅れていました。4107レ(池袋 6時37分発・準急 飯能ゆき)が練馬駅を6時46分ころに発車していました。所定では6時43分発です。
6時47分頃の練馬駅には、メトロ10000系の普通清瀬ゆきと2091Fの下り普通列車が停車、6時49分頃に桜台〜江古田間でN2000系の普通 小手指ゆきとすれ違いました。それぞれ、練馬駅6時41分発の6601レ、6時41分発の6707レ、6時48分発の5207レと思われます。
これより後続の列車はいつもの時刻での運転だった感じです。
6707レ(池袋 6時31分発・普通 豊島園ゆき)より後に4107レは練馬駅へ到着するダイヤです。6707レが池袋から東長崎間のどこかで遅れ、4107レは江古田駅で6707レを追い抜いたか、そもそも池袋駅発車時点から6707レは4107レより後だった、のでしょうか?

14M運行のメトロ車代走は終了
2008年2月19日(火)までは、朝6時20分頃、小手指車両基地にメトロ10000系が見えました。しかし19日夜20時頃には見えず、翌朝も見えませんでした。
12日(火)朝から始まったと思われる今回の、メトロ車両による14M運行の代走は終了したようです。

新型案内板が小手指駅と狭山ヶ丘駅に登場
2008年2月20日(水)の夜20時過ぎ、小手指駅下りホームの、駅名標・時刻表・路線図・停車駅案内が入った大型の案内板の交換作業が行われていました。駅名標は、青系統の、新しいデザインのもの。時刻表もデザインが変わり、従来は平日と休日が横に並んでいましたが、今回は、縦に並ぶようになりました。路線図も新デザインです。
翌朝見ると、上りホームも新型となっていました。
22日(金)の夜には、狭山ヶ丘駅のものも、同様に新型となっていました。
どちらの駅も、駅名標・時刻表・路線図は入っていますが、右下の一角はまだ空白です。

快速はなくなるのか?

080224fuzisawa左写真は、新駅舎となった武蔵藤沢駅・下りホームの柱に掲示されていた停車駅・所要時間案内です。快速列車が掲載されていません。なぜでしょうか。
上りホームに掲示されているものには入っているでしょうか?
この写真は2月24日撮影。


西武鉄道、メモ帳から(~08年2月18日)」へ。

|

« 「ケロロ号」となった西武6153F | トップページ | 西武N101系10連、2月23日も土休日ダイヤに登場 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/40240606

この記事へのトラックバック一覧です: 西武鉄道、メモ帳から(~08年2月23日):

» 西武 池袋線調査隊 [西武 池袋線まとめさいと]
西武 池袋線のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 20時14分

« 「ケロロ号」となった西武6153F | トップページ | 西武N101系10連、2月23日も土休日ダイヤに登場 »