« 西武のケロロ号、新宿線は20152F | トップページ | 西武30000系の試運転とすれ違い »

2008年3月12日 (水)

西武N101系2連単独の回送列車

2008年3月12日(水)の10時15分頃、西武池袋線の小手指駅3番ホームに、小手指車両基地から287Fが単独で入線して来ました。そして、仏子~元加治間の入間川橋梁で待っていると、10時34分頃に下り回送列車の287Fが通過していきました(写真)。80km/hくらいの速度でした。

080312busikazi

武蔵丘車両検修所で検査を受けるための回送でしょうか。

なお287Fは、前日の11日(火)、(<-飯能)1235F+1237Fを池袋方に従えて4201レ(池袋 6時57分発・準急 小手指ゆき)などで走っていました。夜は、1235F+1237Fだけとなって、5716レ(保谷 20時5分発・普通 池袋ゆき)で見かけました。
287Fの戦線離脱の影響か、12日夜の狭山線には1247Fが入っていました(6192レ)。夜の狭山線のもう1本は、(<-西武球場前)273F+275Fでした(6193レ)。

|

« 西武のケロロ号、新宿線は20152F | トップページ | 西武30000系の試運転とすれ違い »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/40476405

この記事へのトラックバック一覧です: 西武N101系2連単独の回送列車:

« 西武のケロロ号、新宿線は20152F | トップページ | 西武30000系の試運転とすれ違い »