« ダイヤ改正後はN101系10連が4本活躍、平日の西武池袋線<その3> | トップページ | 西武園線の線内折り返し、N2000系4連に変わったようです »

2008年6月29日 (日)

西武・練馬高野台駅に斜め接着絶縁レール

080629neritaka

2008年6月23日の夕方に撮影した、西武池袋線・練馬高野台駅の上り緩行線の、飯能方のレールです。斜めに切られたレールが、黒いシートを挟んで密着しています。
このようなレールの継ぎ目をこれまで見た記憶はありませんでした。Wikipediaのレールの項目からたどったところ、「接着絶縁レール」と言って、非常に特殊なわけではないようです。

080629neritaka2

継ぎ目をはさんで、左右のレールには電気コードが接続し、コードは数メートルほど離れておかれている黒い箱(写真左)に続いていました。
黒い箱はインピーダンスボンドと言い、レールを流れる、電車を走らせる電流と、信号関係の電流を分離する機器と思われます。信号関係の電流については、このレールの継ぎ目の左右が独立した回路になっています。電車を走らせる電流は、インピーダンスボンドを迂回し、継ぎ目の左右をまたいで流れます。
ただインピーダンスボンドは、写真のような黒い箱が2個一組で使われるようです. もしかすると別のものなのか、または新型なのか、...。

また2番目の写真は、右端でレールの太さが変わっています。左側が50kgレール、右側が60kgレールなのでしょう。

|

« ダイヤ改正後はN101系10連が4本活躍、平日の西武池袋線<その3> | トップページ | 西武園線の線内折り返し、N2000系4連に変わったようです »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/41684590

この記事へのトラックバック一覧です: 西武・練馬高野台駅に斜め接着絶縁レール:

« ダイヤ改正後はN101系10連が4本活躍、平日の西武池袋線<その3> | トップページ | 西武園線の線内折り返し、N2000系4連に変わったようです »