« メトロ7000系の一部が乗務員室側扉下に高級(?)手掛けを装備 | トップページ | 西武6155Fが副都心線対応改造工事を終え営業運転に復帰 »

2008年6月24日 (火)

西武・飯能~仏子間、始発前の回送列車

2008年6月24日(火)の朝5時3分頃、仏子~元加治間をN2000系2+8連の上り列車が通過して行きました。始発列車より早い回送列車です。
そこで仏子~元加治間の線路端で待っていると、(<-飯能)2463F+2069Fの下り回送列車が5時10分に通過して行きました。

080624busikazi
2008年6月24日、仏子~元加治、5時10分頃に下っていく2463F+2069Fの回送列車

しばらくするとこの編成は、2102レ(飯能 5時21分発・急行 池袋ゆき)として再び元加治駅に姿を現しました。

080624motokazi
2008年6月24日、元加治、到着する2069F+2463Fの急行 池袋ゆき(2102レ)

2007年8月2日(木)も、始発前の同じ時間帯に仏子~飯能間を回送列車が往復していました。

なお6月20日(金)、5時10分頃の仏子~元加治間を、E31形2両が、間に無蓋貨車5~6両をはさんで下っていきました。
小手指駅や保谷駅の構内に砂利置き場らしき施設が完成しましたし、23日(月)・24日(火)は走っていませんので、最後の貨車の回送だったのでしょうか?

|

« メトロ7000系の一部が乗務員室側扉下に高級(?)手掛けを装備 | トップページ | 西武6155Fが副都心線対応改造工事を終え営業運転に復帰 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/41636661

この記事へのトラックバック一覧です: 西武・飯能~仏子間、始発前の回送列車:

« メトロ7000系の一部が乗務員室側扉下に高級(?)手掛けを装備 | トップページ | 西武6155Fが副都心線対応改造工事を終え営業運転に復帰 »