« 西武新宿線の5605レに入る2連の運用は相変わらず | トップページ | 東京メトロ10000系の8両編成は10003Fのみとなりました »

2008年11月29日 (土)

西武6157Fが副都心線対応工事を終え試運転

2008年11月29日(土)、西武新宿線の下り列車に乗車中、東伏見~西武柳沢間で6157Fの試運転列車とすれ違いました。14時30分頃でした。東京メトロ副都心線乗り入れ対応の工事を終えての試運転のようで、前面額縁が白となっていました。
下は、西武柳沢駅で撮影した6157Fの下り試運転列車です。おそらく上石神井で折り返して来たのでしょう。15時27分頃に通過しました。

081129yagisawa
20008年11月29日 15時27分頃、西武柳沢、副都心線対応工事を終えた6157Fの下り試運転列車

この下り試運転列車を後続の4629レで追いかけましたが、所沢まで、6157Fに追いつくことはありませんでした。ただ15時48分に到着した所沢駅には、4番ホームに6050系が停車中でした。車両番号を確認する前に飯能方へ発車していきました。
時刻表を見ると該当する定期列車はなさそうですので、6157Fが小手指車両基地へ向かったのだと思います。

6057Fのクハ6157は顔に痣(あざ)がありましたが、今回の改造工事で消えたことと思います。29日は確認できませんでした、が。

|

« 西武新宿線の5605レに入る2連の運用は相変わらず | トップページ | 東京メトロ10000系の8両編成は10003Fのみとなりました »

コメント


今までのパターンだと明日30日が78Mの試運転ですね。

投稿: やっさん | 2008年11月29日 (土) 19時52分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/43265554

この記事へのトラックバック一覧です: 西武6157Fが副都心線対応工事を終え試運転:

« 西武新宿線の5605レに入る2連の運用は相変わらず | トップページ | 東京メトロ10000系の8両編成は10003Fのみとなりました »