« 08年12月10日朝の西武新宿線にN101系4+2+4連の急行 | トップページ | 東急車輛で車体更新された西武2055Fが営業運転 »

2008年12月10日 (水)

西武新宿線の20000系10連のATS機器箱がピカピカ

写真は201013Fの西武新宿線3309レ(西武新宿 12時20分発・拝島快速 拝島ゆき)です。先頭車のクハ20003の床下に、きれいな灰色の箱が見えますが、ATS装置です。

081210babaoti
2008年12月10日、高田馬場~下落合、20103Fの3309レ

最初に気づいたのは1ヶ月ほど前なのですが、西武新宿線の20000系10連の、両制御車床下に吊り下がっている機器のうち、ATS装置だけ箱がピカピカになっています。
12月10日で言いますと、目撃した10連のうち20101F・20103F・20106Fがきれいで、20104Fだけが汚れていました。一方、8連は確認できた2本とも(20152Fと20154F)汚れていました。なお20104Fと20152Fは薄暗いところで確認したので、もしかすると見間違っているかも知れません。
2000系やN2000系、N101系は床下にATS装置は設置されていないようです。

西武鉄道の2008年度の設備投資計画(リンク先はPDFファイル)によると、ATS車上装置の更新は2008年度で完了とあります。
20000系はATS装置が、床下に吊り下がっているのから目立つだけなのかもしれません。

|

« 08年12月10日朝の西武新宿線にN101系4+2+4連の急行 | トップページ | 東急車輛で車体更新された西武2055Fが営業運転 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/43379979

この記事へのトラックバック一覧です: 西武新宿線の20000系10連のATS機器箱がピカピカ:

« 08年12月10日朝の西武新宿線にN101系4+2+4連の急行 | トップページ | 東急車輛で車体更新された西武2055Fが営業運転 »