« 西武6115Fがライオンズ応援電車 | トップページ | 二色塗装に戻った西武271Fが営業運転開始 »

2009年6月18日 (木)

09年6月18日、電車の周辺で感じること

西武・練馬駅でマナーアップキャンペーン
西武鉄道のウェッブサイトにも告知がありますが、2009年6月18日(木)の朝30分間ほど、西武池袋線の練馬駅の改札前で、沿線の学校(富士見中学高等学校)と合同のマナーアップキャンペーンが実施されました。
これまでも沿線のいくつかの学校で行われたキャンペーンです。
今回は、西武鉄道のマナーポスターの図柄を表紙にしたB5版のノートが配布されていました。ちなみに下の写真の左端は、西武鉄道の社長ではないかと思われます。

2009年6月18日朝、練馬駅改札前、マナーアップキャンペーンの様子。

こちらの生徒さんは、中村橋駅でよく見かけます。伝統的なセーラ服と、現代的なブレザー制服の2種類の女の子がいるので女子校が二つあると私は思い込んでいました。
セーラ服が中学生で、ブレザーは高校生だったのですね。

鉄道関係出版が多すぎ?
朝日新聞は2009年6月16日発売の第1号を皮切りに、「週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 / 国鉄・JR」の刊行を開始しました。定価580円です(創刊号は390円)。
交通新聞社は、新書を始めました。6月は定価840円で5冊。偶数月に新刊を刊行し続けるそうです。
新潮社は6月の文庫の新刊に鉄道関係を3冊揃えました。難波とん平・梅田三吉著『鉄道員は見た!』と関川夏央『汽車旅放浪記』、櫻井寛『今すぐ乗りたい!「世界名列車」の旅』です。
鉄道模型にも魅力的な製品が多いですし。
私は誰のために働いているのか?

(2009年6月20日追記)
毎日新聞社も鉄道書を出しました。広岡 友紀著『日本の私鉄 西武鉄道』です。定価は1500円。
巻末には『日本の私鉄 京王電鉄』が2009年7月刊行予定とありました。

幸福実現党ががんばっています
冒頭の練馬駅のキャンペーンを見るため下車し西口を出ると、幸福実現党の方が高架橋の下で街頭演説していました。がんばっています。
なおもっと人通りが多い中央口近くの交差点では、東京都議会議員選挙練馬区選挙区の民主党の候補者がビラを配っていました。演説はなしです。

|

« 西武6115Fがライオンズ応援電車 | トップページ | 二色塗装に戻った西武271Fが営業運転開始 »

コメント

毎日新聞社の広岡 友紀著『日本の私鉄 西武鉄道』を追記しました。

投稿: 鈴木やす | 2009年6月20日 (土) 20時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/45381071

この記事へのトラックバック一覧です: 09年6月18日、電車の周辺で感じること:

« 西武6115Fがライオンズ応援電車 | トップページ | 二色塗装に戻った西武271Fが営業運転開始 »