« 西武6000系・連結面床下の空気配管 | トップページ | 09年7月29日、最近の西武池袋線 »

2009年7月28日 (火)

09年7月24日夜から1日除いてずっと西武・狭山ヶ丘駅に20103Fが夜間滞泊

タイトルの通りです。
2009年7月24日(金)の夜から、26日(日)の夜をのぞき西武池袋線・狭山ヶ丘駅の夜間滞泊は20103Fが独占しています。

2009年7月28日 5時20分頃、狭山ヶ丘、側線で留置中の20103F。
2009年7月28日 5時20分頃、狭山ヶ丘、側線で留置中の20103F。

本日28日(火)も、4235レで小手指駅3番ホームに20103Fが到着し、回送列車となっていました。2159レに乗車し帰宅したので確認はしていませんが、20103Fは狭山ヶ丘駅の側線へ回送され夜間滞泊となったはずです。29日(水)の朝は4802レ(所沢 7時2分発・通勤準急 池袋ゆき)から運用開始と思われます。

なお例外の26日は、(<-飯能)32101F+38103Fが夜間滞泊でした。
以前も、9103Fだったか、同じ編成が1週間近く狭山ヶ丘駅で夜間滞泊だったことがありました。

また小手指駅を19時36分ころ、3111レ(池袋18時53分発・快速飯能ゆき)の後に発車する始発の下り回送列車が7月24日はあったわけですが、本日 28日は、そのような列車はありませんでした。

|

« 西武6000系・連結面床下の空気配管 | トップページ | 09年7月29日、最近の西武池袋線 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/45767850

この記事へのトラックバック一覧です: 09年7月24日夜から1日除いてずっと西武・狭山ヶ丘駅に20103Fが夜間滞泊:

« 西武6000系・連結面床下の空気配管 | トップページ | 09年7月29日、最近の西武池袋線 »