« 前夕のダイヤ乱れで車種変更があった09年7月8日の西武新宿線 | トップページ | 尼崎列車脱線事故でJR西日本・山崎社長の在宅起訴で徒然に »

2009年7月 9日 (木)

人身事故が2回の、09年7月9日夕の西武池袋線

2009年7月9日(木)の西武池袋線は、17時すぎに西所沢駅で、19時5分頃に武蔵藤沢駅で人身事故がありました。
18時ころに池袋駅に私が着くとすでに運転は再開していましたが、武蔵藤沢駅の事故では小手指~飯能間が19時35分頃まで運転見合わせとなりました。また18時30分頃、東長崎駅で人が線路内に入ったと5分ほどでしょうか、運転見合わせがありました。

3000系通勤準急
3000系(3009F)の通勤準急 小手指ゆきは池袋駅 7番ホームから18時20分、発車して行きました。おそらく37分遅れの4863レ(池袋 17時43分発・通勤準急 小手指ゆき)と思われます。

2009年7月9日、池袋、約37分遅れで発車の3009Fの4863レ(?)。
2009年7月9日、池袋、約37分遅れで発車の3009Fの4863レ(?)。

西武・池袋駅へ入ってきた地下鉄直通運用
池袋駅の1・2番ホームへ18時17分、6104Fの上り列車が到着しました。折り返しは回送(02M運用)で、18時23分に発車して行きました。

2009年7月9日 18時23分頃、池袋、発車した6104Fの下り回送列車(02M運用)。
2009年7月9日 18時23分頃、池袋、発車した6104Fの下り回送列車(02M運用)。

メトロ7006F(黄帯)の上り列車は18時26分に7番ホームへ到着。準急 所沢ゆき(63S運用)で18時34分に折り返して行きました。運転台の列車番号表示は4579レ(新木場 17時16分発・準急 所沢ゆき)でした。
そして8両編成のメトロ7031Fは18時48分に5・6番ホームに入って来ました。準急 飯能ゆき(08S運用)で18時54分に発車して行きました。

2009年7月9日 18時48分頃、池袋、メトロ7031Fの準急 飯能ゆき(08S運用)が到着。
2009年7月9日 18時48分頃、池袋、メトロ7031Fの準急 飯能ゆき(08S運用)が到着。

富士見台止まり(?)の各停など4865レ車内から
4865レ(池袋18時13分発・通勤準急小手指ゆき)と思われる9106Fは45分遅れの18時58分に発車しました。いつものように駅寄りの電留線にいた9106Fが充当されていました。人で一杯のホームを歩くの億劫だった私は、この列車に乗車。
19時11分頃に通過した富士見台駅に、3000系の下り列車が止まっていましたが表示は「回送」で、車内に乗客はほとんど見えず、その次の練馬高野台駅の下りホーム発車案内表示の最上段は「この駅止まり」でした。この3000系は池袋駅を18時45分に、各停 保谷ゆきで発車した3001Fと思われます。富士見台駅で運転を打ち切り、練馬高野台で折り返しと思われます。(<7月10日22時10分追記> 富士見台駅停車中の種別表示は「回送」ではなく「臨時」で、練馬高野台止まりだったのかもしれません。)
19時12分頃の石神井公園駅中線に、(<-飯能)287F(?)+1247F+1245Fのおそらく準急が止まっていました。4548レ(小手指 18時12分発・準急 新木場ゆき)が運休のため、その直後の、保谷始発の上り回送を準急で客扱いしたのかもしれません。
所沢駅に到着直前、場内信号が停止で2分ほど停車。その横をメトロ7006Fの快速 池袋ゆき(63S運用)が通過して行きました。

小手指以遠
途中省略し、西所沢駅を19時55分に発車した(<-飯能)2451F+2067Fの急行 飯能ゆきは2157レでした。所定は19時11分発です。
20時前の小手指車両基地には、メトロ10000系10連が2本、8連が1本、7000系(黄帯)が1本、見えました。
20時すぎの武蔵藤沢駅では、上りホームの飯能方で、懐中電灯らしき光や、線路脇に人影が見えました。ここから列車へ飛び込みがあったのかもしれません。

20時15分頃の入間市駅上りホームでは、「快速 小手指 20時6分発 10両4ドア」表示が出ていました。該当する列車は、38104F+32102Fの快速 池袋ゆきでした。20時22分着発でした。
案内放送(自動)も小手指ゆきと言っていましたが、その前にあった駅員による案内は池袋ゆきでした。真相はいかに?

入間市駅を20時49分に発車した急行 飯能ゆき(車掌台の列車番号の表示は2163レ)は02M運用の6104Fでした。
入間市駅のホームの発車案内に20時31分発と表示があり、2163レに相当します。20分ほどの遅れとなります。

今日はよく働いたのでN101系10連チェックはさぼり早く帰ろうと思っていたのですが、予定は大幅に狂ってしまいました。

|

« 前夕のダイヤ乱れで車種変更があった09年7月8日の西武新宿線 | トップページ | 尼崎列車脱線事故でJR西日本・山崎社長の在宅起訴で徒然に »

コメント

この日は私も遅れに引っかかってしまいました

この記事で気になったのですが、3000系の富士見台どまりとの件です。
この列車は練馬で保谷行きから練馬高野台行きに変更、幕は臨時とされました。
わざわざ富士見台で運転を打ち切るとも思えませんから、臨時幕を回送幕と見間違えられたのではないでしょうか。

文章おかしくてすいません。
言いたいことが伝わっていれば嬉しいです。

投稿: | 2009年7月10日 (金) 15時43分

こんばんは。

コメントありがとうございました。本文に補足しました。

富士見台駅で件の下り列車は、先頭車運転室付近のホームに西武の職員氏が立ち、後ろを確認しているようでもあり、乗客が皆 降りるのを待っているような感じでもありました。

そんなこんなで、富士見台駅で打ち切りかな、と思ったりしました。

練馬高野台止まりの臨時の方が、理には適っていると思います。

投稿: 鈴木やす | 2009年7月10日 (金) 22時13分

この日は、西武球場前に野球観戦に行ってましたが
1本だけ直通があっただけだったようです。
(5番ホームに留置されてました。)
それ以外は、新宿線からの直通も無しで
駅のホームは閑散としてました。

帰りの時間帯は、
どうやら直通はその下りで送り込まれた1本が
22時1分発の準急に充当された以外は
15分間隔の折返し運転のみのようでした。
そのため、普段設定されている保谷入庫の為の
ひばりヶ丘行きも無しでした。

投稿: kakato | 2009年7月11日 (土) 09時13分

kakatoさん、こんばんは。

西武球場へ野球観戦ではなく、西武球場前駅で野球(輸送)観戦、でしょうか?
(面白くもない茶々入れて、済みません)

10日は対オリックス戦ですね。パリーグの、平日ナイターはお客さんはあまり多くなく、コメントいただいたダイヤでも問題なかったのでしょうね。でも、直通が西武新宿ゆき1本だけ、というのも変わっています。

それにしても、人身事故が多すぎです。

投稿: 鈴木やす | 2009年7月11日 (土) 21時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/45585045

この記事へのトラックバック一覧です: 人身事故が2回の、09年7月9日夕の西武池袋線:

« 前夕のダイヤ乱れで車種変更があった09年7月8日の西武新宿線 | トップページ | 尼崎列車脱線事故でJR西日本・山崎社長の在宅起訴で徒然に »