« 09年8月2日は全国高校クイズ選手権・関東大会で西武 狭山線に精鋭が集合 | トップページ | 西武園線の線内折り返し運用にN101系4連 »

2009年8月 4日 (火)

09年8月4日、最近の西武線

新宿線のN101系10連
新宿線のN101系10連は、2009年8月3日(月)朝は、2604レ(本川越 5時33分発・急行 西武新宿ゆき)が(<-西武新宿)1251F+1249F+277F、4806レ(新所沢 6時35分発・準急 西武新宿ゆき)は(<-西武新宿)1311F+285Fでした。
4日(火)朝は、2604レが前日と同じ1251F+1249F+277F、4806レは(同)1309F+281Fでした。

夜は、3日(月)は2812レ(新所沢 17時25分発・急行 西武新宿ゆき)が(<-西武新宿)2407F+2093FとN101系10連ではありませんでしたが、4日(火)は(同)1249F+277F+1251Fでした。

2009年8月4日、高田馬場~下落合、1249F+277F+1251Fの2812レ。
2009年8月4日、高田馬場~下落合、1249F+277F+1251Fの2812レ。

池袋線のN101系10連
(<-飯能)287F+1303Fが、たまにN101系10連が入る運用に2009年8月3日(月)から入っています。3日は3106レ(飯能 6時1分発・快速 池袋ゆき)から始まる運用で武蔵丘出庫・小手指入庫、4日は4204レ(小手指 6時11分発・準急 池袋ゆき)から始まる運用で小手指出庫・武蔵丘入庫な模様です。
もう1本のN101系10連は(<-飯能)271F+1301Fで、こちらは小手指出庫・小手指入庫の運用に入っているようでした。二日とも4869レに入っていました。

早朝の所沢駅にイレギュラーな池袋線・上り回送列車ほか
8月4日(火)の6時19分頃、4204レの後に所沢駅3番ホームを2067Fの上り回送列車が通過しました。いつもはありません。
また6時55分ころ、清瀬駅の引き上げ線に6108Fがいました。いつもは4番線に夜間滞泊の6000系がいますが、引き上げ線は空いています。
想像するに、6108Fが清瀬駅の引き上げ線で夜間滞泊をしたため、5804レ(清瀬 6時33分発・各停 池袋ゆき)用の8連を清瀬駅に夜間滞泊させられず、4204レの後の上り回送列車で送り込んだのかもしれません。

狭山線、夜はN101系4連が2本
夜の狭山線は、8月3日(月)・4日ともにN101系4連が2本でした。両日とも1241Fと1247F。ただし4日の1247Fは少し自信がありません(車両番号をチラとしか見れなかったので)。
新宿線から来ている2517Fは、3日・4日ともに朝5時半ころは小手指車両基地の入り口にいました。

3日夜は池袋線に置き石
8月3日(月)は夜19時5分頃、東久留米~清瀬間で置き石があったそうで、4607レから10分ほどの遅れが出ていました。西所沢駅で見ていたところ、本来は2259レ・4607レの順ですが、実際は4607レ・2259レの順に走っていました。前者が19時27分発、後者は19時30分発で、それぞれ8分、14分の遅れとなっていました。

4日夜はドア故障
8月4日(火)の4867レ(池袋 18時43分発・通勤準急 小手指ゆき)が(<-飯能)2461F+2089Fだったのですが、最後部・クハ2090のもっとも上り方・山側の側扉が故障し、このドアだけ乗降ができませんでした。車両の一部を荷物室に仕切る時に使うような灰色の幕がドアの内側に貼られていました。
ただドアの開閉自体はできるようで、走行時はきちんとドアがしまっていましたし、停車時は開いていました。
在京の他社で以前、朝ラッシュ時にドア故障した車両を見たことがあります。この車両もドアの開閉自体は手動で可能なものの、自動ではできず、走行中に開けることも可能だったようです。駅員さんがお一人、決死の表情で超満員の車両に乗り込み、棒をドアのスペースに横に渡して一番 外側に立つと、列車は発車して行きました。
今回の4867レは大した混雑はなく、係員がドアの脇に立っていましたが、若い女性がそのすぐ近くで談笑するなどのんびりしたムードでした。ひばりが丘駅や所沢駅でのお話、ですが。

6152Fの通勤急行が走りました
8月4日(火)は2102レ(飯能 5時21分発・急行 池袋ゆき)が、副都心線対応工事がまだ済んでいない6152Fでした。2506レ(飯能 7時22分発・通勤急行 池袋ゆき)にも入っていました。

2009年8月4日、石神井公園、6152Fの2506レ。
2009年8月4日、石神井公園、6152Fの2506レ。

|

« 09年8月2日は全国高校クイズ選手権・関東大会で西武 狭山線に精鋭が集合 | トップページ | 西武園線の線内折り返し運用にN101系4連 »

コメント

相変わらず昔から置き石は絶えませんね…。私には何をしたいのか分かりません。
そういえば先日JR山手線でも走行中にドアが開くといったトラブルで電車が遅れていました。

投稿: もっさん | 2009年8月 4日 (火) 23時47分

 現在は線路内への立ち入りが厳しく制限され、「線路内に人が立ち入ったため、現在列車の運転を中止しております」というのがしばしばあります。
 しかし、線路と周辺になにも仕切りがないような所があちこちにあった少し昔には、こんな理由で不通になることはなかったし、よく線路ぎわで列車を見ましたが、線路のすぐ横を歩いていても列車はかまわず普通の速度で通っていました。自殺や妨害が増えたために神経質な対応になったのでしょうが、“鉄ちゃん”にとっては間近で見物できないのはちょっと残念なことです。

 線路内に勝手に入れた時、私もやったことがありますが、レールの上にお金(貨幣)を置いて列車に踏ませる、という馬鹿な実験(遊び)がありました。小判のようにプレスされてしまいます。
 また、レールに耳をあてて近づく、あるいは遠ざかる列車の音を聴くというのはずいぶんやりました。もちろん西武線です。近づく場合はそこから離れるタイミングというのがきわめて重要ですが、かなり接近してからどいても電車が急停止したり、徐行するということがなかったのは、今考えると逆に恐ろしい気もします。
 
 以上は決してほめられたことではないし、もちろん推奨されることでもありません。ただ、“鉄”に容易に触れることができる環境と、安全第一のため制限、制約やむなしという環境のどちらがいいか、簡単には判断が下せないでしょうね。鉄ちゃんによる危険な撮影行為や、これは鉄ちゃんだけではありませんが、サボそのほかの備品や部品等の盗みといったこともガードが固くなった原因であることは残念です。

投稿: 縁有外史 | 2009年8月 5日 (水) 05時56分

置き石で電車を脱線させたら死刑になるという話を聞いたことがあるので、罪が結構重いんだなと思いました。いたずらでもやってほしくないです。
それと置き石は人間だけでなくカラスがやるという話も聞いたことがあります。

投稿: ぐぅ | 2009年8月 5日 (水) 14時13分

みなさま、こんばんは。

西武線ではたまにまだ、沿線の民家の住人らしき方が線路側に入って生垣の手入れなどしている姿を列車から見ることがあります。新幹線ではないんですから、こういう光景がたまに見れてもよいですね。

今晩も西武線で人身事故がありました。今回は新桜台駅。事故なのか事件(自殺)なのか不明ですが、多すぎますね。疲れます。

「責任」政党は鉄道自殺なんぞに興味はないのだろうな、と思いつつ、...。

カラスの置石は、私も新聞で見ました。
  > ぐぅさん

投稿: 鈴木やす | 2009年8月 5日 (水) 21時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/45836658

この記事へのトラックバック一覧です: 09年8月4日、最近の西武線:

« 09年8月2日は全国高校クイズ選手権・関東大会で西武 狭山線に精鋭が集合 | トップページ | 西武園線の線内折り返し運用にN101系4連 »