« 夏が去り秋が近づく2009年の西武線 | トップページ | 西武38101F、キッズデザイン賞の受賞記念HM付きで運用入り »

2009年9月 3日 (木)

西武池袋線 元加治駅の工事の様子(09年9月3日)

2009年8月下旬からバリアフリー化工事が始まった西武池袋線 元加治駅の、2009年9月3日(木)朝の様子です。

跨線橋の階段の下が囲いで閉ざされてしまいました。
また池袋方におよそ40cm四方の穴が二つ開けられ、アスファルトで埋められていました。この穴は、この部分に新設されるホーム上屋の脚が立つのでしょうか。

2009年9月3日、元加治、ホーム池袋寄りから駅中心を見る。
2009年9月3日、元加治、ホーム池袋寄りから駅中心を見る。
階段下が囲いで閉ざされ、手前のホーム中央部分にも穴が二つ掘られています。「ケガキ線」も増えました。

駅の南側、駿河台大学のバス停だけがある側に、大型機材の搬入口でしょうか、整備されました。線路の上にも角材が置かれ、自動車などが走りやすいように整備されます。

2009年9月3日、元加治、ホームの池袋寄りから駅南側を撮影。
2009年9月3日、元加治、ホームの池袋寄りから駅南側を撮影。
大型機材の搬入口でしょうか?

駅の北側です。右奥に跨線橋・駅舎があります。こちら側は事務所らしきプレハブや、スチールパイプなどがおかれています。この写真だけ8月26日の撮影です。

2009年8月26日、元加治、ホームの飯能寄りから北側を撮影。
2009年8月26日、元加治、ホームの飯能寄りから北側を撮影。
工事用の事務所などが見えます。

最後に、駅構内に掲示されている工事完成予想図です。

090903motokazi4

09年9月下旬の西武池袋線・元加治駅のバリアフリー化工事の様子」へ。

|

« 夏が去り秋が近づく2009年の西武線 | トップページ | 西武38101F、キッズデザイン賞の受賞記念HM付きで運用入り »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/46112734

この記事へのトラックバック一覧です: 西武池袋線 元加治駅の工事の様子(09年9月3日):

« 夏が去り秋が近づく2009年の西武線 | トップページ | 西武38101F、キッズデザイン賞の受賞記念HM付きで運用入り »