« 車体更新工事を終えた西武2077Fが三色LEDで営業運転復帰 | トップページ | 西武池袋線N101系10連、平日の武蔵丘早出運用紹介を訂正 »

2009年12月30日 (水)

09年12月28日夜も西武4000系が小手指車基から武蔵丘車基へ回送

2009年12月28日(月)の夜、小手指車両基地からおそらく武蔵丘車両基地へ、西武4000系が1本 回送されました。今回はふくろう協定HM付きの4009Fでした。

28日の19時すぎ、小手指車両基地の入り口に4000系が見えましたので、いつもの回送を期待し、今回は仏子駅で待ち伏せ。
下り回送の4009Fは21時20分に中線へ到着。しばらく停車し、後続列車に追い抜かれることもなく22分に飯能方へ発車して行きました。

2009年12月28日 21時22分頃、仏子、中線から下り方へ発車する4009Fの下り回送列車。
2009年12月28日 21時22分頃、仏子、中線から下り方へ発車する4009Fの下り回送列車。

後続の2169レで飯能駅へ行くと、中線の2・3番ホームに4009Fの回送列車が止まっていました。21時32分に下り方へ発車して行きました。

2009年12月28日 21時32分頃、飯能、2・3番ホームから発車した4009Fの下り回送列車。
2009年12月28日 21時32分頃、飯能、2・3番ホームから発車した4009Fの下り回送列車。

4009Fは小手指車両基地で車輪削正を受けていたのだと思いますが、クハ2452とクハ3007にもフラットが発生しているようです。
28日(月)・29日(火)の3108レは二日とも2451F+2091Fでした。二日ともクハ2452に乗車したのですが、フラットによると思われるカタカタ音は、時に重く、時に軽やかに、そして時に消え、という状況でした。カーブや勾配にかかると騒音は減少。それだけ、車輪にかかる重さが変わるのだと思います。輪重抜けで脱線した日比谷線(衝突事故となり死者5名・2000年3月8日)を思い出しました。

|

« 車体更新工事を終えた西武2077Fが三色LEDで営業運転復帰 | トップページ | 西武池袋線N101系10連、平日の武蔵丘早出運用紹介を訂正 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/47155882

この記事へのトラックバック一覧です: 09年12月28日夜も西武4000系が小手指車基から武蔵丘車基へ回送:

« 車体更新工事を終えた西武2077Fが三色LEDで営業運転復帰 | トップページ | 西武池袋線N101系10連、平日の武蔵丘早出運用紹介を訂正 »