« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

小手指車基へ戻ってお休みの西武・1247F 一党

2010年2月28日(日)の朝 7時すぎ、西武 池袋線の小手指車両基地・2番線のもっとも飯能寄りに(<-飯能)263F,1247F+E34+E31が留置されていました。
午後も同じ場所にいました。263Fは1247Fと連結していませんでした。

2010年2月28日、小手指車両基地、右端が留置中の263F,1247F+E34+E31。
2010年2月28日、小手指車両基地、右端が留置中の263F,1247F+E34+E31。

前日は新秋津~所沢間で試験または訓練を実施していた一党ですが、本日はお休みだったようです。

以下、まったくの余談。
本日は、お昼に神保町へ買い物に行きました。
交差点では、右翼さんらしき街宣車が、NHKラジオらしき津波情報を拡声器で流しながら走り去って行きました。
本屋さんでは、矢野直美さんのサイン会が準備万端でした。早かったので、並んでいる人はいませんでしたが。私はサイン会を待たずにすぐにお店を出ました、念のため。
そして冒頭の写真を撮り狭山ヶ丘駅へ戻ると、駅前広場で、拡声器を使って何やら主張する方がいました。私はホームにいたので、お話の内容はよく聞こえませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月27日 (土)

2010年春の西武・ケロロ軍曹HM電車 & 自衛隊をなくしたら?

大仰なタイトルと致しましたが、前半は純粋に電車のお話です。
西武鉄道は2010年2月20日(土)から「2010 ケロロ軍曹 春の西武スタンプラリー」を始めました。スタンプラリーフリーきっぷを購入し一部の駅売店などでスタンプ帳を受け取り、9駅1施設に設置されているスタンプを集めると、記念品をもらえたり、抽選で賞品があたります。
これに合わせて、新宿線で運用中の20108Fと池袋線で運用中の20106Fに2月20日からヘッドマークが取り付けられています。

100227kodaira
2010年2月21日、小平、ケロロ軍曹HM付きのクハ20108。
20108Fは4620レ。左側は5346レの1311F。

2010年2月21日、東伏見、ケロロ軍曹HM付きのクハ20008ほか。
2010年2月21日、東伏見、ケロロ軍曹HM付きのクハ20008ほか。(4620レ)

2010年2月26日、石神井公園、クハ20006。ケロロ軍曹HM付き。
2010年2月26日、石神井公園、クハ20006。ケロロ軍曹HM付き。(2108レ)

100227toko5
2010年2月27日、所沢、クハ20106。ケロロ軍曹HM付き。(2162レ)

なお池袋線の場合、19日(金)の19時すぎの小手指車両基地に、ヘッドマークが付いている感じの20000系が見えました。19日朝の2102レが20106Fでしたので、夕方にでも取り付けてそのまま夜を過ごしたのでしょう。

今回のスタンプラリーは、「ケロロ軍曹」の映画公開を記念と西武鉄道のリリースにはあります。
月刊のマンガ雑誌の1999年4月号から始まり、今も続いているマンガが「ケロロ軍曹」なようです。私は一度も読んだことはありませんが、人気があるようです。
ケロロ軍曹の実力もかなりのものと推察いたします。
一方で、わが国が保有する軍隊・自衛隊はどうでしょうか?


100227ikebukuro 右の写真は西武 池袋駅の壁に貼られているポスター。自衛隊の隊員募集です。「平和を、仕事にする。」と書かれています。平和をいいことに金儲けをするのかな、と邪推の念が浮かんでは消え、るかは別として、人殺しや破壊活動の技を磨こうという方々がこのようなポスターで集まると、私は思いません。
いざ戦争となったら、自衛隊は頼りになるか? 不安です。沖縄で65年ほど前に旧日本軍の兵隊さんがやったと主張する、敵と戦うための手榴弾配布だけでおしまい、では困るのです。ちなみに多くの住民は、兵隊さん言うところの「勘違い」をしたようで、その手榴弾で自殺しました。

また、わが国の憲法は、「武力による威嚇又は武力の行使は、~、永久にこれを放棄する。」・「陸海空その他の戦力は、これを保持しない」と明言しております。解釈改憲によって存在が担保されている自衛隊が違憲なことは明白な事実。人殺しや破壊活動の練習を同胞にさせておいて、それを違憲のままにしておく我々 日本人は、人としての道を踏み外していると私は思うのです。
最後に、軍事費。約25万人の隊員を擁し、防衛関係予算はおよそ5兆円と巨額です。

そこで自衛隊を廃止するとします。
国鉄を分割民営化するときは、およそ40万人の職員を約20万人へ減らしました。25万人の自衛隊の皆さんを全員解雇することも不可能ではないと思います。
経済状況は悪化していますから、激変緩和措置ということで、ミニマムインカムを保証するとします。家族もいらっしゃるでしょうから、一人 400万円を25万人に支払うと、1兆円。
戦闘機や潜水艦・基地をどうするか、問題ではあります。関係業界の失業対策なども必要です。
しかし、およそ2兆円は国家予算から節約できないでしょうか?

自衛隊がなくなれば、基地の跡地を民間が活用できます。新しいビジネスが生まれ、経済が活性化するかもしれません。

なによりも、我々 日本人は、世界の荒波の中を剣を持たずに歩んでいくのです。知恵を使って。まさに、男の中の男、大和民族の名声は世界に高く鳴り響くことでしょう、
ただし、大国にこびへつらわなければの話ではありますが。

いずれにしても、同胞には、人殺しや破壊活動の練習などという非生産的なことではなく、環境保護とか、老人・障害者の介助・介護とか、防犯活動とか、もっと生産的なことをしてもらった方が賢いと思います。2兆円は節約できそうですし。

以上、平和ボケしていないので、国家財政や自衛隊の違憲性、そして日本人のモラルが気になる鉄道ファンの考えを書いてみました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

真っ白な西武・1247Fが所沢駅に移動して263Fの牽引訓練?

2010年2月27日(土)の朝、所沢駅の6番線に(<-飯能)1247F+E34+E31が止まっていました。ビックリでした。

2010年2月27日 7時40分頃、所沢、6番線に留置されている1247F+E34+E31。
2010年2月27日 7時40分頃、所沢、6番線に留置されている1247F+E34+E31。

ダイヤ改正前の忙しいときなので、邪魔な1247Fは所沢駅へ早めに出されたのかなと思いながら14時すぎに所沢駅へ再び着くと、1247Fはいませんでした。車票だと3月6日発送となっていたのにと訝っていると、14時23分ころに、263Fに牽引された1247F+E34+E31が新秋津駅方から6番線へ到着しました。

2010年2月27日 15時31分頃、所沢
2010年2月27日 15時31分頃、所沢
右が6番線に停車中の263F+1247F+E34+E31。
左は5番ホームに到着する1301Fの2133レ。263Fの解結作業が行われています。

しばらくすると263Fが前に出て、1247Fと分離されました。
そして15時30分にE31+E34+1247Fが新秋津駅方へ発車、263Fも15時45分に新秋津駅方へ発車して行きました。

2010年2月27日 15時30分頃、所沢 6番線
2010年2月27日 15時30分頃、所沢 6番線
263F(右)を残して発車したE31+E34+1247F(左)。

2010年2月27日 15時45分頃、所沢、6番線から新秋津駅方へ向かう263F。
2010年2月27日 15時45分頃、所沢、6番線から新秋津駅方へ向かう263F。

263Fによる甲種鉄道車両輸送の牽引訓練なのでしょうか?

2月24日(水)に小手指車両基地にいるところを撮影したE34+E31+1247F,263Fは、25日の夜は小手指車両基地の2番線のもっとも飯能よりにいました。
26日(金)の朝5時半ころは消えていました。夜は263Fだけ、2番線の以前の位置にいました。27日(土)朝7時すぎも同様でした。
ブログ"西武人の鉄道記"さんの「白塗装の247F、所沢へ」によると、(<-新秋津)E31+E34+1247Fは26日(金)の深夜に小手指車両基地から所沢駅6番線へ移動したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年2月26日 (金)

バリアフリー化工事が終わった西武・元加治駅の補足

2010年2月10日にエレベーターの使用が始まった西武池袋線の元加治駅ですが、階段やエレベータ付近など、2両分ほどのホーム中央の舗装が新しくなっています。ホーム端の点字ブロックやすべり止め入りのブロックも新しくなっています。
そのうちホーム全体を更新するのかな、と思っていましたが2月末になってもその気配はありません。
予算オーバーしたから舗装更新はちょっとだけで終わったのか、予算が余ったから舗装を(ちょっとだけ)更新したのか、当初の計画通りにちょっとだけ(中央部分だけ)なのか?

2010年2月26日、元加治、階段付近から飯能方を向いて下りホームを撮影。
2010年2月26日、元加治、階段付近から飯能方を向いて下りホームを撮影。
左手前が、舗装や縁のブロックが更新されたホーム中央部分。
右奥は、従来と変わりなし。

また3ドア車の乗車目標シールは上りホーム側だけで、下りホーム側にはありません。
上の写真の緑色のシールは、下りホームの4ドア車用の乗車目標です。


バリアフリー化が完成した西武池袋線・元加治駅」(2月20日付け)へ。
西武・元加治駅にもハングル・中国語表記が出現」(3月8日付け)へ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

10年2月24日の西武線、白いN101系と工事が進む石神井公園駅界隈

2010年2月24日(水)は、線路脇にフェンスが立つ前に西武池袋線の石神井公園駅界隈でN101系10連を撮影しようということで休みをいただきました。

石神井公園駅付近の下り線
上り線が高架に移った石神井公園駅では、旧・上り線のレールがほぼ撤去されました。旧上りホームと富士見台11号踏切の間では道床の砂利が撤去され、アスファルト舗装されていました。
高架橋脇のフェンス(旧・上り線脇)も撤去され、一部では、下り線の脇にフェンスが立ち始めました。

2010年2月24日、練馬高野台~石神井公園、275F+1303Fの1107レ。
2010年2月24日、練馬高野台~石神井公園、275F+1303Fの1107レ。
富11踏切から撮影。踏切のすぐ近くの上り線脇(写真右端)に、すでにフェンスが立っています。
午前中は、高架橋脇のフェンスの解体作業が行われていました。
踏切の駅側にもフェンスが立っています。旧・上り線の道床砂利撤去とアスファルト舗装作業が行われていました。

2010年2月24日、石神井公園、275F+1303Fの4209レ。
2010年2月24日、石神井公園、275F+1303Fの4209レ。
下り線脇にフェンスを立てるための穴掘り作業が行われていました。
道床の砂利撤去作業や、ホーム解体作業も進んでいました。

小手指車両基地の真っ白な1247Fなど
小手指車両基地の2番線の飯能よりに(<-飯能)E31+E34 E34+E31+1247F+263Fが留置されています。
日中は少し駅側へ出ていました。11時50分ころはE31+E34 E34+E31と1247Fが離れていました。間に、職員の皆さんがたむろっていました。
両者は、11時55分ころになって連結していました。
午後も同じ位置で留置されていました。夕方は、クモハ266の客室の窓ブラインドが一部 降ろされており、車内で講習会でも実施中な感じでした。
19時ころは飯能方の端へ移動していたようです。また263Fは1247Fと連結していませんでした。
1247Fの車体は、車椅子やコーポレートマークが貼り付けられ、またモハ248には「弱冷房車」のステッカーがドア上に貼られていました。帯の追加や、車体全体には及ばないラッピングはあるのかもしれませんが、基本は真っ白なこのお姿で、営業運転へ投入される気がします。(<2月25日 21時45分>「E31+E34」を「E34+E31」へ修正しました。)

2010年2月24日 16時ころ、小手指車両基地、E34+E31+1247F+263Fなど。
2010年2月24日 16時ころ、小手指車両基地、E34+E31+1247F+263Fなど。

池袋線のN101系10連
冒頭の写真にあるように、武蔵丘出庫は遅出で、(<-飯能)275F+1303Fが2510レに入っていました。武蔵丘入庫となります。
一方、小手指出庫はなく、(<-飯能)271F+1301Fは終日、10番線の飯能よりに留置されていたようです。

2010年2月24日 16時ころ、小手指車両基地、10番線に留置中の271F+1301Fほか。
2010年2月24日 16時ころ、小手指車両基地、10番線に留置中の271F+1301Fほか。

新宿線のN101系
新宿線のN101系10連は異常なしでした。2604レが(<-西武新宿)1251F+1243F+285F、4806レが(<-西武新宿)1309F+281Fでした。
夜のN101系10連列車の2812レは(<-西武新宿)1251F+1243F+285Fでした。

2010年2月24日、所沢、285F+1243F+1251Fの5807レ。
2010年2月24日、所沢、285F+1243F+1251Fの5807レ。

国分寺線のN101系運用には(<-西武新宿)1253F+295Fが入っていました。

2010年2月24日、所沢、295F+1253Fの5706レ。
2010年2月24日、所沢、295F+1253Fの5706レ。

おまけ
N101系ばかりなので。
N101系10連小手指・遅出運用には9108Fが入っていました。

2010年2月24日、石神井公園、4860レの9108F。
2010年2月24日、石神井公園、4860レの9108F。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

10年2月23日の西武線など

2010年2月23日(火)の西武線の電車たちです。

N2000系4+6連の新宿線の通勤急行
朝の新宿線 2802レがいつもの10両固定編成ではなく、(<-西武新宿)2503F+2051Fでした。いつものように、2本目の通勤急行 2754レもこの編成でした。この編成は前日 22日(月)は2606レでした。
なお夜は(<-西武新宿)2517F+2051Fで2675レでした。

2010年2月23日、高田馬場~下落合、2051F+2503Fの2754レ。
2010年2月23日、高田馬場~下落合、2051F+2503Fの2754レ。

N101系10連
池袋線は武蔵丘出庫なしで、小手指出庫が2本でした。
(<-飯能)275F+1303Fが早出で4204レでした。夜は2174レでした。武蔵丘入庫です。
遅出は(<-飯能)271F+1301Fだったようで、18時36分頃保谷駅を発車した上り回送列車がこの編成でした。

100223toko
2010年2月23日、所沢、1303F+275Fの4204レ。

新宿線は、前日と同じでした。2604レが(<-西武新宿)295F+1251F+1253F、4806レが(<-西武新宿)1309F+281F。夜は1309F+281Fが運用に入り4644レでした。

E31x2+1247F+263Fが夜の小手指車両基地に展示
20時前の小手指車両基地の2番線・もっとも飯能寄りに、(<-飯能)E31形電機2両+1247F+263Fが止まっていました。
1247Fの車両番号は読めていませんが、相変わらず真っ白でしたから間違いないはずです。

JR東日本、サハE231-4652に乗車
2月22日(月)からJR東日本の山手線に6ドア車を4ドア車に変更した編成の営業運転が始まっていますが、本日 夕方に始めて、その4ドア車に乗車しました。サハE231-4652でした。車内の妻壁がクリーム色で、床面はサツマイモ色(オールドローズ色?)と、落ち着いた雰囲気でした。
いつも6ドア車に乗車することが多いのですが、4ドア車でも混雑がひどいという印象は受けませんでした。シートが多いからかドアが少ないからか、座れなくとも、心なしか落ち着く感じもあります(内装の影響もあると思いますが)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

10年2月22日の西武線の電車たち、N101系10連を中心に

2010年2月22日(月)の西武線の電車たちです。

池袋線のN101系10連、武蔵丘出庫は早出で小手指入庫
池袋線の3106レが(<-飯能)275F+1303Fでした。武蔵丘出庫は早出。この編成、夜は2261レでした。小手指入庫です。
一方 小手指出庫の方は遅出だったようで、4869レが(<-飯能)271F+1301Fでした。いつものように小手指入庫となります。
今晩は、N101系10連 2本が小手指車両基地へ集まります。

2010年2月22日、所沢、275F+1303Fの3106レ。
2010年2月22日、所沢、275F+1303Fの3106レ。
春が近づき、少しずつ日の出が早くなっています。以前は真っ暗でした。

新宿線のN101系10連、2+4+4連登場
新宿線の2604レが(<-西武新宿)295F+1251F+1253Fでした。もう1本のN101系10連列車の4806レは(<-西武新宿)1309F+281Fでした。
夜のN101系10連列車の2812レは(<-西武新宿)1309F+281Fでした。

2010年2月22日、所沢、295F+1251F+1253Fの2604レ。
2010年2月22日、所沢、295F+1251F+1253Fの2604レ。

池袋線と新宿線で10000系も交換
池袋線の4レが10110F、新宿線の106レが10106Fでした。いつもは、10110Fが新宿線で10106Fが池袋線です。
18日(木)に10110Fは池袋線の2レに入っていましたし、19日(金)の106レに10106Fが入っていました。皆さんのコメントなどによると、その数日前(17日ころ)からこの2本は職場を交換していたようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

10年2月20・21日の西武線、真っ白なN101系など

2010年2月20日(土)・21日(日)の西武線です。

白いN101系
2010年2月17日(水)にN101系4連の1247Fが真っ白な車体となって、武蔵丘を出場し南入曽車両基地へ回送されたとのお話を皆様のブログで知りましたので、20日(土)の午後に南入曽車両基地へ行ってきました。

2010年2月20日 14時38分ころ、南入曽車両基地
2010年2月20日 14時38分ころ、南入曽車両基地
後部標識付きの真っ白なN101系がゆっくりと走行。

入曽駅から歩いて、踏切を渡り洗浄線の端から車両基地の中をのぞくと、ちょうど、真っ白なN101系が2000系2連に押されてゆっくりと、建屋へ移動中でした。本川越方制御車に後部標識の真っ赤な円盤が二つ、設置されていました。

2010年2月20日 14時38分ころ、南入曽車両基地
2010年2月20日 14時38分ころ、南入曽車両基地
後部標識付きの真っ白なN101系は2000系2連に押されていました。

この後、上り列車から建屋内の1247Fが見えましたが、西武新宿方の制御車にも後部標識が設置されていました。3月6日・7日に、新秋津~武蔵境間で甲種車両輸送があるようです。あと2週間ありますので、それなりの塗装で多摩川線へ送られるのが普通とは思いますが、後部標識が気になります。それとも、甲種車両輸送のスケジュールがまた変わるのか?
それにしても、真っ白なN101系の写真を見ていると、生理的に吐き気に近いものを感じます。好き・嫌いとは別の次元です。乗り物酔いと同じレベル。
N101系は黄色と私の脳みそに強く刷り込まれているため、真っ白な車体はダメみたいです。

小手指車両基地の263F
N101系の全Mの4連・263Fが2月15日(月)に小手指車両基地へ回送され、2月16日には所沢から連絡線を通ってJRの新秋津駅へ入線したそうですが、20日(土)・21日(日)は、小手指車両基地に「試運転」表示で留置されていました。3番線の飯能方の、駅よりです。
日中はパンタグラフが上がっていたので動いたのかも知れません。21日19時すぎは車内は暗かったです。

100221kote
2010年2月21日 13時すぎ、小手指車両基地、3番線に263F。
4番線にスカートなしのN101系4連(1241Fでしょうか)、5番線にケロロHM付きの20106Fがいました。

18日の夜くらいから、3番線の飯能方から263F・N101系4連(1245F?)と並んでいました。20日の16時ころは、1245F(?)が車両基地の入り口へ移動し、263Fも、1245Fがいた位置まで駅側へ移動していました。
そして21日お昼過ぎは、1241F(?)が4番線に入り263Fと並びました。

1301Fが快速急行に頑張る
20日(土)・21日(日)ともに1301Fが、朝の西武秩父ゆき快速急行の1003レと、夕方の飯能発の快速急行 池袋ゆき 1106レでした。
なお20日の1001レは3007F、21日は3011Fだったと思われます(4206レが3011Fだったと思われるので)。

100221syaku
2010年2月21日、石神井公園、1301Fの1003レ。

なお、石神井公園駅では、旧・上り線のレール撤去が進んでいます。上の写真を撮影した富士見台11号踏切は、遮断機が下り線側へ寄りました。9号・10号踏切も、遮断機は下り線側へそのうち移動するそうです。
旧上りホームの撤去も始まっていました。20日午後は、飯能方に仮設した部分の解体作業が行われていました。

2010年2月20日、石神井公園
2010年2月20日、石神井公園
下りホーム飯能方の端から、池袋方の旧・上りホームを撮影。

271FにHM? 団体臨時列車について徒然に
19時すぎの小手指車両基地の飯能方の奥に、丸い大きなヘッドマークを付けているらしき271Fがいました。車内は明るかったです。
ブログ"TOMO鉄NOW"さんによると271Fの団体臨時列車があり丸いヘッドマークを付けて運転したそうですので、その名残りでしょうか?
帰宅して、"TOMO鉄NOW"さんを見て、少し、安心しました。
1301Fの快速急行投入は、この団体臨時列車と関係があるのか、ないのか?

なお3月7日(日)だったと思いますが、いちご狩りの団体臨時列車があるようです。10000系がひばりが丘駅へ停車する模様。西武鉄道の各駅に募集のポスターが貼られています。
昨年の秋も、同じく10000系がひばりが丘駅へ停車する団臨がありましたが、当日になって忘れました。今回は、忘れずにいたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

バリアフリー化が完成した西武池袋線・元加治駅

西武鉄道は、池袋線元加治駅のバリアフリー化を進めていましたが、2010年2月2日(火)正午から新トイレと改札横のオープンカウンターがサービスインしました。またエレベーターは2月10日(水)正午から使用開始となりました。
写真は一枚を除き2月20日(土)夕方の撮影です。

100220motokazi
2010年2月20日、元加治、外から見た改札口。
左側が新設された案内窓口(オープンカウンター)。あまり駅員さんは見かけません。
新トイレの向かいへ精算機が移動しました。以前は改札口を入って左に曲がってすぐの所でした。降者客には以前の場所の方が目立つ気がしますが、薄暗いので、明るいオープンカウンターができた今となっては、新しい位置の方が良いのかもしれません。

ホームの池袋方から見た跨線橋です。エレベータが取り付きました。

2010年2月20日、元加治
2010年2月20日、元加治

跨線橋の中です。ホーム側から駅舎側を見ました。エレベーターは、通路から少し奥まっています。
また跨線橋内部の壁が塗り直されました。以前にご紹介した、階段天井の棒に巻き取られた幕は、この塗装作業を乗客から隔離するためだったようです。工事期間中に、天井に2本並んでいた棒の一方から他方へ、幕が移動していました。

2010年2月20日、元加治、跨線橋内部
2010年2月20日、元加治、跨線橋内部

100220motokazi3 駅舎側のエレベーターの地上部分をホームから見ました。左側が旧トイレ、そして改札口です。改札口からは幅 1メートルほどの狭い通路でここに出ます。JR西日本から絶交された元・同社会長にして、横綱審議委員会委員でいらっしゃる井手さんは問題ないと思われますが(体格をよく知らない)、お相撲さんは苦労することと思われますが、いらっしゃることはないでしょう。大相撲入間場所の最寄りは、入間市駅です。

100220motokazi8 ホーム側のエレベーターの内部です。跨線橋とホームで出口が反対なので、出入り口が向かい合っています。
エレベーターは2基とも日立製で、定員は、駅舎側が11名・750kg、ホーム側が13名・850kgでした。

ホーム上に2ヶ所 設置されているベンチ(4基)が木製に交換されていました。5日(金)朝に気づきました。飯能以遠の駅に設置されている、西川材のベンチで、木の香りが漂っています。

100220motokazi7
2010年2月20日、元加治、ホーム上のベンチ。

ホームから駅南側を見ました。工事用の資材置場・搬入口となり鉄板が敷かれ雑然としていましたが、きれいになっていました。駿河台大学のバス乗り場がよく見えます。
北側はまだ、片付けが残っているようです。

100220motokazi5
2010年2月20日、元加治、ホームから南側を撮影。

ホームから駅舎を見ました。手前の白い壁が、新しいトイレです。

2010年2月20日、元加治、ホーム飯能方から駅舎を撮影。
2010年2月20日、元加治、ホーム飯能方から駅舎を撮影。

新しいトイレは、男性・女性用の他に、車椅子用の大きなトイレも設置されました。
トイレの入り口の女性側にドライフラワーの生花(?)があります。他の改良駅にも同じような飾りがあります。

2010年2月2日(この写真だけ)、元加治、駅舎内の、階段から降りたところで撮影。
2010年2月2日夜(この写真だけ)、元加治、駅舎内の、階段から降りたところで撮影。
トイレ入り口が並んでいます。左端が、黄色い縦帯の入った車椅子用、正面左が男性用、右が女性用。
点字案内板や、低い位置の水飲みも見えます。

男性・女性のトイレ出入り口の横と、切符売場の横に、点字の案内板も設置されました。10日の朝まで、カバーがかかっていました(きちんとチェックしていませんが、おそらく)。

2010年2月20日、元加治、切符売場横の点字の案内板。
2010年2月20日、元加治、切符売場横の点字の案内板。

なお、階段付近のホームでは、小鳥が囀(さえず)るようになりました。
人が通ると鳴く傾向にあります。
赤外線センサーなどを備えているようですが、機械的なので、私は、嫌いです。
いっそのこと、本当の小鳥を飼えば良いのに、小鳥駅長とか、良いではありませんか。


着々と進む西武池袋線の駅改良工事、10年1月11日の江古田駅など」へ。
バリアフリー化工事が終わった西武・元加治駅の補足」(2月26日付け)へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

朝は雪の10年2月18日の西武線

2010年2月18日(木)の関東地方は朝まで雪が降り続きました。

お昼のクハ2047は連結器にカバー
お昼の新宿線の5322レ(拝島 11時25分発・各停 西武新宿ゆき)が2047Fでしたが、西武新宿方のクハ2047だけ連結器にカバーが付いていました。クハ2048はありませんでした。西武で連結器のカバーは初めて見ました。雪対策の名残りだとは思います。

100218babaoti
2010年2月18日、高田馬場~下落合、2047Fの5322レ。

新宿線の104レが所沢始発
新宿線の特急 小江戸4号(104レ、本川越 6時21分発)が所沢始発でした。6時37分に到着した10112Fは「回送」表示で車内はガラガラ。所沢駅からの乗車がいつもより多いわけでもなく、車内はスカスカな状態で発車でした。屋根が雪かきされたような感じがあり、車両の不具合でしょうか?

100218toko3
2010年2月18日 6時38分ころ、所沢、発車を待つ10112Fの104レ。
分かりにくいかもしれませんが、ガラガラ。車体の肩の部分の雪が取り除かれている感じです。

また104レと同じく所沢駅 6時38分発の池袋線の6レ(特急 むさし6号、飯能 6時18分発)の発車が遅れ、6時42分発でした。到着は6時37分ころと定時でした。
4806レの到着を待って発車したようにも見えましたが、4806レは新所沢始発なので、104レの本川越~所沢間運休で影響を受けた乗客の救済ではないはずです。

新宿線のN101系10連
雪の朝、池袋線のN101系10連は見かけませんでしたが、新宿線のN101系10連列車に代走はなく、2604レが(<-西武新宿)1251F+1253F+295F、4806レが(<-西武新宿)1311F+281Fでした。
下の写真は西武新宿から折り返してきた1251F+1253F+295Fの2603レです。7時すぎが、一番 雪が激しかったかもしれません。

2010年2月18日、所沢、295F+1253F+1251Fの2603レ。
2010年2月18日、所沢、295F+1253F+1251Fの2603レ。

夜のN101系10連列車の2812レは(<-西武新宿)295F+1251F+1253Fでした。

清瀬駅の夜間滞泊変更、早朝の池袋線・所沢駅で上り回送がプラス2本
2月18日も清瀬駅の夜間滞泊がいつもと違ったようで、所沢駅を早朝に通過する池袋線の上り回送列車がプラス2本でした。
5時52分ころ(5206レの後)に6153F、6時21分ころ(4204レの後)に2063Fの上り回送列車が3番ホームを通過しました。
なお16日(火)も同様で、5時52分ころに6155F、6時19分ころ(4204レの後)に20151Fの上り回送列車が通過しました。

2010年2月18日 5時52分ころ、所沢、6153Fの池袋線 上り回送列車。
2010年2月18日 5時52分ころ、所沢、6153Fの池袋線 上り回送列車。

池袋線のN101系10連
前日 17日(水)は、(<-飯能)275F+1303Fが小手指早出・武蔵丘入庫、(<-飯能)271F+1301Fが小手指遅出・小手指入庫だったようです。
18日は、小手指から出てくるはずの271F+1301Fはお休みだったようです。夜の4869レが9101Fでした。
武蔵丘出庫は遅出だったようで、夜の2159レが(<-飯能)275F+1303Fでした。

なお19時半ころの小手指車両基地は、入り口奥に両側面のドアが開いたN101系2連、飯能方の奥の方にN101系2連と8連(?)が連結せずに、頭をつき合わせていました。3本とも車内は明るかったです。
4番線(?)には、飯能方から263FとN101系4連が留置されていました。こちらはパンタグラフが畳まれていました。

クハ2067の側面のLED表示が消灯
3111レが(<-飯能)2451F+2067Fでしたが、クハ2067の海側(飯能方へ向いて左側)の側面LED表示器が消灯していました。

10110Fを池袋線で目撃
池袋線の2レが、いつもは新宿線の10110Fでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

西武6113F、10年2月17日には営業運転入り

2010年2月17日(水)の2259レ(池袋 18時48分発・急行 小手指ゆき)が6113Fでした。

2010年2月17日、西所沢、6113Fの2259レ。
2010年2月17日、西所沢、6113Fの2259レ。
この写真では車両番号が見づらいですが。

メトロ副都心線乗り入れ対応工事を終え2月13日(土)に玉川上水車両基地を出場14日(日)は東京地下鉄副都心線へ乗り入れる試運転だった編成です。
17日は、車内広告がスポーツクラブの中吊りだけでした。
16日以前にも運用に入っていたかもしれません、念のため。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

20152Fも池袋線へやって来た10年2月17日の西武線

2010年2月17日(水)の西武線です。本日は所沢駅の早朝 運用チェックはサボリました。

20152Fが池袋線に
5605レが20152Fでした。いつもは新宿線の編成。
ブログ"西武鉄道日記"さんの「新宿線の20152F・10110Fが池袋線で走っていました」によると、10110Fも池袋線にいるそうです。

2010年2月17日、石神井公園、20152Fの5605レ。
2010年2月17日、石神井公園、20152Fの5605レ。

下の写真を撮るため、石神井公園駅で下車していました。(<-飯能)275F+1303Fの4109レです。駅の外にいたのでよく聞こえませんでしたが、保谷あたりで何やらトラブルがあったようで、数分の遅れが出ていました。
昨晩には、飯能方の下りホームに壁ができていました。旧・上りホームが見えなくなっています。また旧・上り線のレールの撤去も始まっていました。

2010年2月17日、石神井公園、4109レの275F+1303F。
2010年2月17日、石神井公園、4109レの275F+1303F。

本日も新宿線で代走
新宿線の4803レが(<-西武新宿)1309F+285Fでした。イレギュラーなN101系10連運用。
朝のN101系10連列車はチェックしておりませんが、夜のN101系10連列車の2812レは(<-西武新宿)2535F+2025Fでした。昨日は2535F+2013Fで3308レでした。
また本日も3308レは代走編成で、(<-西武新宿)2543F+2019Fでした。こちらは、昨日は4251レだった編成です。

100217babaoti
2010年2月17日、高田馬場~下落合、1309F+285Fの4803レ。

元加治駅のエレベータの供用が始まり1週間。安定稼働しているようです。写真等は、また後日。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

狭山市~本川越間が長時間不通だった10年2月16日の西武新宿線

2010年2月16日(火)の午前3時半頃、西武新宿線の新狭山~南大塚間で、保線作業用の車両が走行中の踏切へ4トントラックが侵入し衝突、車両は脱線しトラックは横転。新宿線の狭山市~本川越燗が10時31分まで不通となりました。
軽傷者が出ただけだったのは不幸中の幸いでしたが、埼玉県の公立高校が前期入学試験だったそうで、一部の高校は試験の開始を最大50分遅らせたそうです。

2010年2月16日、所沢、5603レの38106F。
2010年2月16日、所沢、5603レの38106F。
本来は本川越ゆき。狭山市ゆきへ行き先変更。

いつものように5時45分ころから6時50分ころまで所沢駅で列車の運転状況を見ていましたが、遅れはほとんどありませんでした。新宿線の特急は運休でしたが。
この時間帯、下り列車はすべて、所定では本川越ゆき。今朝は5603レ・5605レが狭山市ゆき、4601レが新所沢ゆき、5607レが狭山市ゆき、4603レが新所沢ゆき、5609レが狭山市ゆきでした。

2010年2月16日、所沢、5609レの2543F+2019F。
2010年2月16日、所沢、5609レの2543F+2019F。
所定は本川越ゆきを、行き先変更で狭山市ゆき。

5603レだった38106Fはいつものように2608レ、5605レだった(<-西武新宿)2401F+2005Fはいつもと異なり2610レでした。
またN101系10連列車の2604レは20108F、4806レは(<-西武新宿)2419F+2057Fでした。代わりに4603レが(<-西武新宿)1309F+285Fでした。ホームの発車案内は4603レを4ドアと表示していました。4806レは直前は4ドアと表示していましたが、しばらく前は3ドアを表示していた気がします。

2010年2月16日、高田馬場~下落合、2501F+2013Fの1601レ。
2010年2月16日、高田馬場~下落合、2501F+2013Fの1601レ。
行き先変更で、新所沢ゆき。通常は10両固定編成の列車です。

また、高田馬場~下落合間でも8時ころから30分ほど観察しました。
こちらもほぼ定時でした。高田馬場駅を7時56分に発車した下り急行列車(おそらく2801レ)は(<-西武新宿)1311F+281F。
本来は本川越ゆきの快速急行 1601レは新所沢ゆきでした。編成は(<-西武新宿)2501F+2023F。
準急 玉川上水ゆきの4251レは(<-西武新宿)2543F+2019Fでした。いつもだったら4603レの編成が入る所ですが、5609レだった編成となりました。
本来は本川越ゆきの急行 2615レも狭山市ゆきでした。(<-西武新宿)2405F+2093Fでした。

100216babaoti2
2010年2月16日、高田馬場~下落合、2535F+2013Fの3308レ。
通常は、2610レに入った10両固定編成の列車。

お昼は、3308レが(&l;-西武新宿)2535F+2013Fでした。朝の4804レを(<-西武新宿)2535F+2051Fとメモしていました。わざわざ組成変更した可能性はありますが、4804レのメモミスかもしれません。いつもなら朝の2610レだった編成が入る所ですが、2610レは今朝は(<-西武新宿)2401F+2005Fでした。
3309レは20102Fでした。朝の5607レだった編成です。いつもと同じパターン。
さらに、本来は4624レ・5322レの順の通過の所、本日は逆でした。5322レがいつものように6連で2025F、4624レは20103Fでした。
いつもは12時すぎの南行の貨物列車も遅れていたようで、5322レと同じころ(12時32分頃)高田馬場駅を通過していました。

夜のN101系10連列車 2812レは20107Fでした。

池袋線も本日はイレギュラーなパターンでした。武蔵丘出庫のN101系10連が早出、清瀬駅の夜間滞泊変更と思われる追加の上り回送列車2本です。
長くなるのでまた後日。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

都電に住宅用火災警報器を思ったりの10年2月15日

2010年2月15日(月)の見ただけ、です。

HM付きの都電荒川線の8502
「キュータ号 / 付けましたか? / 住宅用火災警報器」のヘッドマークを東京都交通局の荒川線 8502が付けていました。

2010年2月15日、学習院下、荒川車庫前ゆきのHM付き8502。
2010年2月15日、学習院下、荒川車庫前ゆきのHM付き8502。

池袋線の5203レがN2000系であらず
いつもはN2000系8連の5203レ(池袋 5時51分発・各停 小手指ゆき)が20151Fでした。
5203レの8連にN2000系2連が増結されて運転される4852レ(小手指 7時1分発・通勤準急 池袋ゆき)が気になりますが、未確認です。
なお2月12日(金)は5203レが2063Fで、4852レは(<-飯能)2461F+2063Fでした。そして3111レ(池袋 18時53分発・快速 飯能ゆき)も2461F+2063Fでした。
15日の3111レは9101F 9108Fだったと思います(番号をメモし忘れました。車内広告は日和田駅最寄りの梅の中吊り広告だけの9000系。17日の9108Fの車内広告が梅の中吊りだけでした。15日朝の9108Fは、スポーツクラブの中吊り広告だけだったと思います<2月18日 22時20分追記・修正>)。

池袋線のN101系10連
武蔵丘・小手指出庫ともに遅出だったようです。4204レ・3106レともにN101系ではなく、2166レ(飯能 18時8分発・急行 池袋ゆき)が(<-飯能)275F+1303F、保谷駅18時37分頃発車の上り回送列車が(<-飯能)271F+1301Fでした。
なお小手指車両基地入り口の(<-飯能)N101系2連+1239Fは、朝 5時40分頃にはいましたが、夜(19時半ころ)は見えませんでした。

新宿線のN101系10連
2604レ(本川越 5時33分発・急行 西武新宿ゆき)は(<-西武新宿)1309F+285F、4806レ(新所沢 6時35分発・準急 西武新宿ゆき)は(<-西武新宿)1311F+281Fでした。
いつもはN101系10連の夜の2812レ(新所沢 17時25分発・急行 西武新宿ゆき)は、20107Fでした。

新宿線の5607レがN2000系4+6連
いつもは10両固定編成の5607レ(上石神井 6時12分発・各停 本川越ゆき)が(<-西武新宿)2503F+2053Fでした。
朝の1本目の通勤急行 2752レ(本川越 7時5分発・通勤急行 西武新宿ゆき)もこの編成と思われますが、未確認。
お昼の3309レ(西武新宿 12時20分発・快速 拝島ゆき)も、いつものようにこの編成でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

6113Fの試運転や怪しい回送列車があった10年2月14日の西武線

2010年2月14日(日)の西武線の電車たちです。
日本ではチョコレートと結びついているバレンタインデー。今年は石神井公園駅の見学会があったためか、西武鉄道・小手指車両基地の公開イベントはなしでした。

6113Fの試運転
西武池袋線の石神井公園駅3番ホームへ13時46分ころ、白いお顔の6000系が到着しました。10分ほどしても発車しないのでおかしいなと、地上の踏切(石1)からよく見たら「試運転」と種別表示があるようでした。14時4分に上り方へ発車して行きました。
折り返しを石神井公園1号踏切で待つことしばし、15時23分に戻って来ました。6423レの後です。一度 停車し、すぐに発車しました。運用番号は「78M」を表示していました。

2010年2月14日 15時23分頃、石神井公園、発車した6113Fの下り試運転列車。
2010年2月14日 15時23分頃、石神井公園、発車した6113Fの下り試運転列車。

石神井公園1号踏切の遮断機が下り線へ寄る
2月12日(金)の夜に気付いたのですが、石神井公園駅のすぐ飯能寄りにある下り線の踏切、石神井公園1号踏切の北側(上り線側)の遮断機が下り線のすぐ脇へ移動していました。

2010年2月14日、石神井公園、4021F+4017Fの1007レ。
2010年2月14日、石神井公園、4021F+4017Fの1007レ。

北側からやってくる自動車は、遮断機が閉まり始めると以前の位置に停車が多かったです。警備員さんが前へ出てくださいと誘導すると皆さん、そろりと進んでいました。
また南側からやってきた新潟ナンバーさん1台が、踏切が締まり始めたのに下り線の軌道上に止まったままだったことがありました。警備員が叫び、出していました。
上り線のレールはまだ残っているので、一時停止した位置が悪いと(出すぎていたのだと思います)、列車が走る位置を誤認してしまうのでしょう。
その時は、唖然としてしまいました。

2010年2月14日、石神井公園、2063F+2461Fの4121レ。
2010年2月14日、石神井公園、2063F+2461Fの4121レ。
光線状態はあまり良くありませんが、スペース的にはまあまあの撮影が可能かと思います。歩行者や自動車は多いので、撮影にはご注意ください。
工事が進むまでの、一時的な撮影地です。

石神井公園駅の高架ホームに銀顔の6050系
副都心線対応工事が終わっていない6152Fが地下鉄乗り入れ運用に入っていました。6151Fは見ませんでした。
6113Fが副都心線対応工事を終わりましたので、工事が未了の6151Fまたは6152Fの工事開始も近いのでしょう。

2010年2月14日、石神井公園、6152Fの6420レ。
2010年2月14日、石神井公園、6152Fの6420レ。

N101系ほか
池袋線の1001レが3003F、1003レが3005F、1106レが3009Fでした。3009Fは2139レで下って行った編成です。301系は5439レや5220レに入っていました。2133レにも入っていたのでしょう。
なお前日 13日(土)は、1001レが3003F、1003レが1301F、1106レが3007Fでした。

小手指車両基地の入口付近に、N101系2+4連(4連は1239F)が2月12日(金)の夜から留置されています。このまま運用に入ったりはしないと思いますが、新宿線へ行ったりするのでしょうか?

また14日の新宿線は、5337レが1309F、5816レが1311Fでした。いつものN101系8連運用でした。

始発前の元加治駅を上り回送列車が通過
4時43分頃、仏子~元加治間を、三色LED表示のN2000系上り列車が通過しました。始発前ですので回送なのでしょうが、入間川橋梁を仏子側へ渡った後でライトアップされていたような感じで、車体の黄色が見えた気がします。街灯では、こうはなりません。
映画でも撮っていたのか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

西武6113Fが副都心線対応工事を終え試運転

2010年2月13日(土)の14時38分ころ、西武新宿線の武蔵関駅を6113Fの上り試運転列車が通過しました。
東京地下鉄副都心線対応工事を終え、お顔が銀色から白色に変わっての再会となりました。

2010年2月13日 14時38分頃、武蔵関、通過する6113Fの上り試運転列車。
2010年2月13日 14時38分頃、武蔵関、通過する6113Fの上り試運転列車。
3318レの次の列車でした。

遅れ気味の5820レで14時45分ころに上石神井駅に着くと、6113Fは電留線に入っていました。

2010年2月13日 14時47分頃、上石神井、電留線の一番 本線寄りで6113Fが折り返し待ち。
2010年2月13日 14時47分頃、上石神井
電留線の一番 本線寄りで6113Fが折り返し待ち。
6113Fの左となりのN2000系は、2655レの2081F。

15時13分ころに電留線から出てくると、下りホーム脇の側線にスタンバイ。
5271レに続いて、15時23分に下り方へ発車しました。

2010年2月13日 15時23分、上石神井、側線から下り方へ発車した6113Fの下り試運転列車。
2010年2月13日 15時23分、上石神井
側線から下り方へ発車した6113Fの下り試運転列車。

直後の4629レに乗車し、所沢駅へ15時48分に到着すると、4番ホームに6113Fが停車していました。すぐに飯能方へ発車しました。

上石神井駅で車内を覗き込みましたが、側扉鴨居部にスマイルビジョンはなく、三色LEDのスクロールは変わらず、なようでした。(2010年2月14日 19時40分追記)

本日は、N101系8連列車を武蔵関駅で待っていて、この試運転列車と遭遇でした。
なお5346レは1309Fでしたが、5270レは20153Fでした。土休日午後の西武新宿線にN101系8連は通常は2本ですが、本日は1309Fの1本だけだったようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

沼津駅の高架化で静岡県知事が貨物駅は不要と発言

ある種の方々にはアカが読む雑誌と認定済みではないかと思いますが、『週刊金曜日』の2010年2月12日号(第786号)の「金曜アンテナ」というミニニュース欄に、「JR沼津駅鉄道高架事業 川勝静岡県知事 新貨物駅建設は『不要』」が掲載されていました。
JR沼津駅には鉄道高架事業の構想があるそうです。賛成派と反対派がもう四半世紀、対立している中、1月23日に沼津市で、川勝 平太・静岡県知事と賛成・反対両派の住民が参加する意見交換会が実施されました。賛否両論を聞いた知事が、駅高架事業の前提となる新貨物駅の建設は不要であると表明したそうです。

新貨物駅の建設予定地の約三割の買収が終わっていないため、沼津市は土地収用の手続きを進めていたそうですが、知事の方針にしたがい収用手続きは中止したとのことです。

これに対しJR貨物は、高架事業の主体は静岡県であるのだから同社に説明義務はないと主張しているそうで、2月8日の定例会見で知事が批判したと、2月9日の中日新聞が伝えていました
一方、11日付けの静岡新聞は、JR貨物本社での小林 正明社長の定例会見を報じていました。知事に面会を申し込んでいるとし、県知事へ説明する意向を表明したそうです。ただ、地元 沼津市へ説明する意向はないようです。

沼津駅で荷扱いがある貨物列車は現在、一日5本だけ。駅のすぐ西側に、タンクコンテナが止まっていた気がしますが、雑草も多く、EF210よりはEF15にふさわしい雰囲気であったと思います。いずれにしても旅客駅のすぐ近くの貨物駅ですから、こちらだけ地上に残すわけにはいきません。
賛否が分かれ、自治体の財政事情も厳しい中、どうせ着工できないとJR貨物は高をくくっているのかもしれませんが、殿様商売していると足元をすくわれませんか?


ところで『週刊金曜日』No.786は「たまには龍馬の悪口も言いたいぜよ」特集です。記事によると坂本龍馬は、検察が主張する所のホリエモンさんだった感じです。日本で最初の「当たり屋」だった、とのことです。
この記事はあながち的外れではないと、私は思います。「当たり屋」龍馬の最初の相手は、紀州藩所有の軍艦です。「紀州徳川家」なる言葉があります。紀州藩はどちらかというと、幕府側。龍馬にとっては敵のようなものです。茶目っ気のある龍馬さんなら、「当たり屋」をやりかねません。
司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』を原作とするNHKのテレビドラマが放映中ですが、いわゆる「アカ」は司馬遼太郎が嫌いです、念のため。

ホリエモンさんは以前に『週刊金曜日』にインタビューが載っていたような気がしますし、いわゆる「アカ」の中には評価する人がいるようでもあります。しかし、私は評価しておりません。
旧体制との闘いを標榜していましたが、使っていたのは、株式の時価総額、などという手垢のついた古い物差し。彼が「敵」とする皆さんと大同小異に私には見えました。

まあしかし、株式の時価総額を物差しにしない人間は、アカなんでしょうかね?

(2月13日 22時、字句修正)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

早朝に新宿線で人身事故の10年2月12日の西武線

2010年2月12日(金)は早朝に、西武新宿線の入曽~狭山市駅間で人身事故があり、新所沢~本川越間が運転見合わせでした。
5603レ(西武新宿 5時1分発・各停 本川越ゆき)は本川越ゆきで所沢駅に到着しましたが、新所沢ゆきへ行き先変更で出発していきました。
6時ころに運転再開したようで、その次の5605レ(上石神井 5時43分発・各停 本川越ゆき)は本川越ゆきのまま所沢駅を発車していきました。

2010年2月12日、高田馬場~下落合、2011F+2533Fの2754レ。
2010年2月12日、高田馬場~下落合、2011F+2533Fの2754レ。

早朝の運転見合わせが原因かは不明ですが、いつもは10両固定編成の2802レ(新所沢 5時40分発・急行 西武新宿ゆき)が(<-西武新宿)2533F+2011Fでした。2754レ(本川越 7時35分発・通勤急行 西武新宿ゆき)もこの編成でした。

2010年2月12日、所沢、1311F+281Fの2610レ。
2010年2月12日、所沢、1311F+281Fの2610レ。

またいつもはN101系10連の2604レ(本川越 5時33分発・急行 西武新宿ゆき)が20104Fでした。
代わりに、いつもは10両固定編成の2610レ(本川越 6時23分発・急行 西武新宿ゆき)が(<-西武新宿)1311F+281Fでした。いつものように3308レ(拝島 11時40分発・快速 西武新宿ゆき)もこの編成でした。
4806レ(新所沢 6時35分発・準急 西武新宿ゆき)はいつものようにN101系10連で(<-西武新宿)1309F+285Fでした。
夜のN101系10連列車の2665レ(西武新宿 18時10分発・急行 本川越ゆき)は(<-西武新宿)20104Fでした。

今朝は新宿線の4804レが4分ほど遅れて到着でした。池袋線の4レは接続待ちで発車を遅らせていました。
また同じく新宿線の104レも2分ほど遅れていましたが、池袋線の6レは接続をとらずに先に発車していました。どちらも所定は6時38分発です。
その次の、池袋線 4102レは、3分ほど遅れて到着した新宿線 4806レを待ちました。ともに6時42分発でした。どちらも1・2分ほどの遅れ。(2月13日 22時5分追記)

100212toko
2010年2月12日 6時43分、所沢、N101系4連の新宿線 上り回送列車。
4603レが運休で、1番ホームに下り列車の乗客が多く待っています。

所沢駅を6時42分ころに通過する新宿線の上り回送列車は、いつもはN2000系4連ですが、本日はN101系4連でした。番号は確認を忘れました、が。
また4603レ(西武新宿 6時3分発・準急 本川越ゆき)が本日は運休でした。前運用の4602レ(本川越 4時54分発・準急 西武新宿ゆき)が人身事故に遭遇したのかもしれません。

池袋線のN101系10連は、2159レ(池袋 19時8分発・急行 飯能ゆき)が(<-飯能)275F+1303Fでしたが、4869レ(池袋 19時13分発・通勤準急 小手指ゆき)は(<-飯能)2463F+2087Fでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

2010年建国記念の日、鉄活動など徒然に

2010年2月11日、駒込、EH500-37牽引の南行のコンテナ貨物列車。
2010年2月11日、駒込、EH500-37牽引の南行のコンテナ貨物列車。
貨物時刻表は高いので、最近は購入しておりません。次回は買おうかな、と思いつつ。

2010年2月11日(木・建国記念の日)の関東地方の天気予報は雨ベースでしたので、秋葉原・御徒町方面の鉄道模型店を訪問。その帰りがけの駄賃ということで、JR東日本・山手線の駒込駅で貨物列車を撮影しました。毎日、高田馬場駅を12時すぎに通過するEH500形牽引の、南行のコンテナ貨物列車。本日は、駒込駅の傍らを11時55分に通過していきました。
ところで、1月23日(土)の13時35分頃、EF210形電気機関車が牽引の「TOYOTA LONGPASS EXPRESS(トヨタ=ロングパス=エクスプレス)」が北へ通過していきました。あの、青色のコンテなだけが載っていました。通常は武蔵野線経由かと。
また1月24日(日)の13時50分頃、ピカピカのEF65-1102が単機で高田馬場駅の山手貨物線を南へ通過して行きました。

2010年2月11日、武蔵関、1309Fの5270レ。
2010年2月11日、武蔵関、1309Fの5270レ。

そして午後は霧雨の降る西武新宿線・武蔵関駅で、N101系8連列車を2本撮影しました。

武蔵関駅で撮影中に思い出したのが、本日は、建国記念の日であること。
巷にはシャーロキアンという方々がおります。イギリスの探偵小説の主人公 シャーロック=ホームズが実在の人物と仮定し、小説の記述から彼の行動を現実世界に追って楽しむ方々です。
建国記念の日も、シャーロキアンのノリで日本神話を読み楽しんでいる方たちばかりなら、健全なイベントになると思います。
全国民が、神話を完全な事実と信じ込まされた不幸な歴史をわが国は経ています。あまり熱くならないでいただきたいものです。

閑話休題。

100211ekonaga
2010年2月11日、東長崎~江古田、1311Fの1003レ。
快速急行の紫地に白文字の種別幕は、遠くでは黄色に見えます。通勤急行と期待を抱いてしまいました。

池袋線の、朝の下り快速急行は、1001レが3001F(?)(4206レが3001レだったので)、1003レが1301Fでした。
また1005レは、(<-飯能)4005F+4021Fでした。2月5日(土)・6日(日)もこの編成が、秩父鉄道直通の快速急行(1005レ・1007レ)に入っていました。
夕方の1106レは1301Fでした。
新宿線のN101系8連は、1311Fが5346レ(朝から頑張る運用)、1309Fが5270レ(お昼に南入曽出庫の運用)でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

10年2月10日の西武線の電車たち

N101系10連
2010年2月10日(水)の西武N101系10連は、特に異常はありませんでした。池袋線は小手指出庫・武蔵丘出庫ともに遅出だったようです。それぞれ保谷駅18時37分発の上り回送列車が(<-飯能)271F+1301F、2166レが(同)275F+1303Fでした。
新宿線は、2604レが(<-西武新宿)1309F+285F、4806レが(同)1253F+295F+1243Fでした。夜のN101系10連列車の2812レは(<-西武新宿)1253F+295F+1243Fでした。

2010年2月10日、所沢、1253F+295F+1243Fの4806レ。
2010年2月10日、所沢、1253F+295F+1243Fの4806レ。

黄色帯のメトロ7000系
すれ違った6401レが、黄色帯のメトロ7002Fでしたので、折り返しの6404レを再び石神井公園駅で撮影しました。メトロ7022Fだと種別表示がレアな「普通」なのですが、黄色帯のメトロ7000系自体がレアな存在となってしまいました。7002Fは多数派の「各停」です。

2010年2月10日、石神井公園、3番ホームへ到着のメトロ7002Fの6404レ。
2010年2月10日、石神井公園、3番ホームへ到着のメトロ7002Fの6404レ。

所沢駅6時21分の国分寺線用の上り回送列車
所沢駅2番ホームを平日は毎朝6時21分ころに通過する新宿線の上り回送列車は、2月8日(月)から10日(水)までの三日間、(<-西武新宿)277F+1251Fでした。

2010年2月10日 6時21分頃、所沢、2番ホームを通過する277F+1251Fの新宿線 上り回送列車。
2010年2月10日 6時21分頃、所沢
2番ホームを通過する277F+1251Fの新宿線 上り回送列車。

新宿線の3ドア車運用が代走される?
2月9日(火)の新宿線 5806レが2081Fでした。いつもは3000系の列車。
また10日(水)の5634レが2093Fでした。この列車はN101系8連が多いのではと最近 気付きました。なおその直前の4814レも所沢駅には珍しい(N)2000系の2+4+4連列車のようでして10日は(<-西武新宿)2411F+2513F+2523Fでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プリウスのリコールと福知山線脱線事故

トヨタ自動車は新型のプリウスなどを2010年2月9日にリコールしました。ブレーキが「抜ける」と言われる操作感に不安を感じる消費者の声を反映して対応とされています。同社の当初の会見を見ていると、このブレーキ感が嫌いな人はプリウスに乗るなと主張しているようで、お説ごもっともと思ったりもしておりましたが、結局 リコールとなりました。
このニュースの報道では「回生制動」という鉄道ファンには馴染みの用語も登場していました。

2005年4月25日のJR西日本福知山線脱線事故は、運転士の制動操作ミスが原因となっています。
本当は車両が故障していたのに、日勤教育で自信がメタメタに壊された運転士は自分のミスと思い込み、そのまま運転を継続しついに尼崎の脱線事故に至ったという仮説を思いつきましたので、事故調査報告書で検証してみました。

それによると。
事故を起こした運転士は当日、森ノ宮電車区放出派出所で起床後、派出所に留置されていた編成で朝6時48分に出発。そのまま同じ編成を、放出~松井山手~京橋~尼崎~宝塚と運転し、折り返し同志社前ゆきとなって運転中に、事故を起こしています。当日、事故車両を運転したのは、あの運転士だけです。
怪しいです。

しかし、出庫から京橋駅までの運転状況は問題なかったようです。
京橋駅から先はATS-Pの速度制限にあたってブレーキがかかったり、進行現示なのに時速10km以下で運転したり、と運転が乱れ始めました。

と言うことで、京橋駅到着後に故障した可能性はありますし、ラッシュ時でスジが寝ていたり、また線形の関係等で、京橋駅までは故障が表面化しなかった可能性はありますが、私の冒頭の仮説は正しい、とは言えないようです。

いずれにしましても、輸送業務や製造業に携わる方々には安全第一をお願いしたいと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

10年2月9日、最近の平日西武N101系10連

2010年2月5日(金)から9日(火)までの平日 3日間の、西武N101系10連です。

池袋線
2月5日(金)は3106レが(<-飯能)271F+1301Fでした。武蔵丘早出は、小手指入庫が多いのですが、この日は帰宅が遅く、夜はN101系10連を見ていません。ただ6日(土)に、1301Fが1001レでしたので、271F+1301Fが5日は小手指入庫は確実と思います。
また6日(土)は275F+1303Fが小手指出庫で運用に入っていました。5日はこの編成が小手指出庫(遅出)で小手指入庫だった可能性が高いと思います。
5日は、18時すぎにひばりが丘~東久留米間で人身事故があったと言うことで、私が乗車した23時ころも池袋線は遅れていました。所沢駅を22時43分に発車した準急 飯能ゆきは4145レでした。約17分遅れての発車でした。

100209syakuzi
2010年2月9日 18時46分頃、石神井公園
3番ホームから発車した271F+1301Fの上り回送列車。

2月8日(月)と9日(火)は、小手指出庫が(<-飯能)271F+1301F、武蔵丘出庫が(同)275F+1303Fでした。ともに遅出で、それぞれ、保谷駅18時37分ころ発車の上り回送列車や2159レで確認しました。

新宿線
2月5日(金)は少し寝坊してしまい、2604レはチェックできず。しかしその折り返しの2603レは(<-西武新宿)2407F+2081Fでした。4806レは(<-西武新宿)1309F+285Fでした。夜のN101系10連列車の2812レは(<-西武新宿)1253F+295F+1243Fが走っていました。

2010年2月9日、所沢、1243F+1253F+295Fの2603レ。
2010年2月9日、所沢、1243F+1253F+295Fの2603レ。

2月8日(月)は、2604レが(<-西武新宿)1309F+285F、4806レが(同)1311F+281Fでした。夜は、1309F+285Fがいつもの運用に入っていました(4644レで確認)。
9日(火)は、2604レが(<-西武新宿)1243F+1253F+295F、4806レが(同)1309F+285Fでした。夜は(同)1253F+295F+1243Fが4644レに入っていました。

付録(2月13日 22時15分追記)
2月9日5時3分頃、仏子~元加治間を上り回送列車が通過しました。9000系のようにも見えました。
下り回送で飯能方へ戻った感じはありませんでした。
いつもの、飯能~仏子間を始発前になぜか1往復する回送列車ではなかった気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

10年2月8日朝の西武池袋線・石神井公園駅 新上りホーム

石神井公園駅の新上りホームの、朝ラッシュ初日は魅力的と思いつつも、読みたい本は多いのでパスしようと考えておりましたが、2010年2月8日(月)の6505レ(新木場 5時44分発・各停 小手指ゆき)が黄色い帯のメトロ7000系でした。
折り返しを石神井公園駅で撮影することにしました。

2010年2月8日、石神井公園、メトロ7022Fの4506レが4番ホームへ到着。
2010年2月8日、石神井公園、メトロ7022Fの4506レが4番ホームへ到着。

7時55分に4番ホームへ到着した4506レ(小手指 7時25分発・準急 新木場ゆき)が、黄色い帯のメトロ7022Fでした。

2010年2月8日、石神井公園、9102Fの2504レが3番ホームへ到着。
2010年2月8日、石神井公園、9102Fの2504レが3番ホームへ到着。

下の写真はその直前に3番ホームへ到着する9102Fの2504レ(飯能 7時7分発・通勤急行 池袋ゆき)です。

所定で7時43分発の1102レ(飯能 7時4分発・快速急行 池袋ゆき)は、到着が7時43分でした。
車掌氏がドアを閉めた後も、ホーム中央を中心に、多くのドアで人や荷物がはみ出しました。駅員さんが押し込んで、発車したのは4分遅れの7時47分でした。
ホームが広くなり、乗客はホーム上の移動が容易になりました。
比較的 空いているドアへ誘導しやすくなるので、乗降をスムースにすることも可能です。
一方、今まではホーム上を移動できずに乗車を諦めていた乗客が、ホームを走り抜けて閉まりかけた、満員のドアへ飛び込む可能性も増えるかもしれません。

ところで上りホームに乗降可能な改札口は、北口だけとなりました。今朝は、乗車の通路は三つ、降車は一つだけ、だったと思います。多くの人が流れる様にちょっと感動、でした。
乗車だけとは言え、昨年まで無人だった元加治駅と通路(改札機)の数は同じ。考えてみれば、なかなか凄いです。
なお下りホームは、池袋方・飯能方合わせて通路)(改札機)は八つはあると思います。
一日平均の乗降数(2008年度)は、石神井公園駅が約6万9千人、隣の大泉学園駅は約9万人です。元加治駅は約6千8百人。
明日にでも、きちんと数えて来たいと思います。

今朝(7時50分頃)の新ホーム・飯能方では、乗降中に車掌氏用のモニターをデジカメで撮影しているお巡りさんがいました。混雑状況のチェックでしょうか?
また運転関係の助役主任(帽子が白帯だけでした)さんでしょうか、西武の方もいらっしゃいました。運転・乗降のチェック等だと思います。
(上の2行は2月9日22時50分に修正・追記)


10年2月7日に上り線が高架に上がった西武・石神井公園駅」へ。
西武・練馬高野台駅の引き上げ線が切り替えられる」(10年5月9日付け)へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

10年2月6・7日の西武線のいつもの列車たち

個人的に毎週土日にチェックしている西武線の列車の、2010年2月6日(土)・7日(日)の記録です。

池袋線の1001レ(池袋 7時4分発・快速急行 西武秩父ゆき)は6日・7日ともに1301Fでした。

2010年2月6日、武蔵藤沢、1301Fの1001レ。
2010年2月6日、武蔵藤沢、1301Fの1001レ。

1003レ(池袋 7時34分発・快速急行 西武秩父ゆき)は、6日が3007F、7日は未チェックですが3000系と思われます(前運用の5203レが3000系でした)。

1106レ(飯能 16時53分発・快速急行 池袋ゆき)は、6日が2075F、7日が2071Fでした。7日の2139レ(池袋 15時9分発・急行 飯能ゆき)も2071Fでした。

2010年2月7日、武蔵藤沢、2071Fの1106レ。
2010年2月7日、武蔵藤沢、2071Fの1106レ。

新宿線のN101系8連は、いつものように2本がいつもの列車に入っていました。
5258レ(新所沢 11時34分発・各停 西武新宿ゆき)は6日が1311F、7日は1309Fでした。
5816レ(新所沢 12時13分発・各停 西武新宿ゆき)は6日が1309F、7日は1311Fでした。

2010年2月7日、高田馬場~下落合、1311Fの5816レ。
2010年2月7日、高田馬場~下落合、1311Fの5816レ。

池袋線の、4000系 快速急行列車の1102レ(飯能 7時4分発・池袋ゆき)は6日は(<-飯能)4007F+4015F、7日は(同)4005F+4021Fでした。
1104レ(飯能 7時34分発・池袋ゆき)は逆に、6日が(<-飯能)4005F+4021F、7日は(同)4007F+4015Fでした。

2010年2月6日、石神井公園、発車した4021F+4005Fの1007レ。
2010年2月6日、石神井公園、発車した4021F+4005Fの1007レ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年2月7日に上り線が高架に上がった西武・石神井公園駅

2010年2月7日(日)から西武池袋線の石神井公園駅 上り線が高架になりました。
高架複々線化工事も完成まであと一息、でしょうか。
大泉学園駅手前まで高架を伸ばす2期工事はまだ始まったばかりのようですが。

2010年2月7日、石神井公園、2108レで新ホームへ到着した2063F+2457F。
2010年2月7日、石神井公園、2108レで新ホームへ到着した2063F+2457F。
(<-飯能)2457F+2063Fはこの2108レのほか、2156レ・2147レでも見かけました。

2108レで石神井公園駅へ6時43分に到着しました。新しい上りホームはキレイ。富士山も見えました。

2010年2月7日、石神井公園、地下通路を北側から撮影。
2010年2月7日、石神井公園、地下通路を北側から撮影。

地下通路は上の写真のように、北側(上り線側)の改札機が南側(下り線側)へ寄っていました。
右端に、元の改札機の跡らしきものが見えます。

2010年2月7日、石神井公園、到着するメトロ10007Fの6510レ。
2010年2月7日、石神井公園、到着するメトロ10007Fの6510レ。
ホームでは、女性専用車のステッカーを貼る作業が行われていました。

上りホームの飯能方から、到着するメトロ10007Fの6510レ(小手指 7時23分発・各停 新木場ゆき)を撮影しました。秩父の山並もよく見えました。

2010年2月7日、石神井公園、発車したメトロ10032Fの4526レ。
2010年2月7日、石神井公園、発車したメトロ10032Fの4526レ。
右端に新宿の高層ビル群が見えます。

こちらは午後の撮影です。3番ホームから発車したメトロ10032Fの4526レ(小手指 13時41分発・準急 新木場ゆき)です。ここからは新宿の高層ビル群もよく見えました。
風は強かったですが、日当たりは良いので暖かかったです。

2010年2月7日、石神井公園、下りホームから撮影。
2010年2月7日、石神井公園、下りホームから撮影。
使用停止で人影のない旧・上りホームと、まだまだ現役の、年季の入った下りホーム。

まだ地上の下りホームです。
旧・上りホームはまだ、作業は行われていないようでした。

上り線が高架に上がった区間の踏切は、旧・上り線の部分に低い柵が設けられていました。


上り線の高架切り替え前日の西武池袋線・石神井公園駅」(2010年2月6日付け)へ
10年2月8日朝の西武池袋線・石神井公園駅 新上りホーム」へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

上り線の高架切り替え前日の西武池袋線・石神井公園駅

2010年2月6日(土)は、西武池袋線・石神井公園駅の上り線高架切り替え前日ということで、撮影して来ました。

2010年2月6日、石神井公園、2124レの9102Fなど。
2010年2月6日、石神井公園、2124レの9102Fなど。
朝は、撮影している人はいませんでしたが、午後から夕方は多くの撮影者を見かけました。場所取りに困る、というほどではありませんが。若い女性もいらっしゃいました。

大泉学園駅方の高架切り替え地点です。石神井公園5号踏切から、石神井公園駅方を撮影。
石神井公園4号踏切は、高架線の北側に遮断機が移動していました。通路と、工事中の高架線との間を仕切っていたフェンスは撤去されていました。

2010年2月6日、石神井公園~大泉学園
2010年2月6日、石神井公園~大泉学園
慣れない望遠ズームレンズです。

石神井公園駅の地下通路です。中央の緑のフェンスで囲われている部分には以前 案内所がありましたが、撤去されました。写真奥の明るく見える箇所が、現・上りホームへの階段です。明日は、閉ざされていることでしょう。

2010年2月6日、石神井公園駅、下りホーム・飯能方階段から撮影した地下通路。
2010年2月6日、石神井公園駅、下りホーム・飯能方階段から撮影した地下通路。

練馬高野台駅方の切り替え地点を下り列車から撮影しました。深夜の切り替え工事の準備と思われる人影が見えます。

2010年2月6日、練馬高野台~石神井公園、下り列車から撮影。
2010年2月6日、練馬高野台~石神井公園、下り列車から撮影。

N101系10連も運用に入っていました。(<-飯能)275F+1303Fでした。

2010年2月6日、石神井公園、275F+1303Fの4224レ。
2010年2月6日、石神井公園、275F+1303Fの4224レ。

8時前の小手指車両基地の入り口にN101系2+8連が見えましたので待っていると、4212レ(小手指 9時11分発・準急 池袋ゆき)でやって来ました。その後は、写真の4224レ(小手指 13時33分発・準急 池袋ゆき)や2166レ(飯能 15時29分発・急行 池袋ゆき)で見かけました。また17時33分に西所沢駅4番ホームを上り回送で通過していきました。4320レ(所沢 17時38分発・準急 池袋ゆき)にでもなったのでしょう。

下の写真は、10時8分ころの下り回送の10103Fです。ヘッドライトが一つだけ点灯でした。
65レの飯能方先頭車が同じように一つだけヘッドライトが点灯していましたので、この状態は朝からと思われます。
石神井公園駅を16時52分に通過した上り回送列車も10103Fでした。

2010年2月6日 10時8分頃、石神井公園、10103Fの下り回送列車。
2010年2月6日 10時8分頃、石神井公園、10103Fの下り回送列車。
クハ10103のヘッドライトは向かって左側が消灯。

午前10時ころ、建設工事業者と思われる方々が現・上りホームで撮影されていました。練馬高野台駅方から線路を歩き、所々で撮影し、ホームに上がっても撮影していました。工事の現場写真でよくある、小さな黒板を入れた写真を撮っていました。
また16時半ころは、現・上りホームの幅を測定する男女がいました。服装から西武鉄道の保線部門の方と思われます。女性の後ろ姿は、工事のポスター写真に凛々しく写っていらっしゃる方に似ていました。
現・上りホームは明日から使用停止となります。撤去の下準備でしょうか。


施設見学会があった10年1月30日の西武・石神井公園駅」へ。
10年2月7日に上り線が高架に上がった西武・石神井公園駅」へ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

10年2月4日までの西武線の電車たち、など

2010年2月4日(木)までの西武線の電車たちです。

池袋線のN101系10連2本
2月3日(水)・4日(木)ともに、小手指車両基地出庫が(<-飯能)275F+1303F、武蔵丘車両基地出庫が271F+1301Fでした。いずれも遅出だったようで、ねぐらの移動はなしでした。

2010年2月3日、小手指、4869レの(<-飯能)275F+1303F。
2010年2月3日、小手指、4869レの(<-飯能)275F+1303F。

新宿線のN101系10連はマイナス1?
新宿線の平日朝のN101系10連は、2604レと4806レといつもは2本ありますが、2月4日(木)は2604レが(<-西武新宿)2503F+2029Fでした。4806レは(<-西武新宿)1309F+277Fでした。夜のN101系10連列車の2665レも(<-西武新宿)2407F+2095Fでした。
なお3日(水)は、それぞれ(<-西武新宿)277F+1309F、(同)1311F+285F、(同)1311F+285Fでした。

池袋線の3000系運用にN2000系
4日(木)の5206レが2097Fでした。いつもは3000系の列車です。

国分寺線用編成の送り込み回送
所沢駅を6時21分ころに通過する新宿線・上り回送列車は、4日(木)は(<-西武新宿)1251F+281Fでした。
3日(水)は2027F、2日(火)も(<-西武新宿)1253F+277Fでした。

2010年2月2日(火) 6時22分頃、所沢、277F+1253Fの新宿線・上り回送列車。
2010年2月2日(火) 6時22分頃、所沢、277F+1253Fの新宿線・上り回送列車。

付録
4日朝の高田馬場駅前では幸福実現党のチラシを男性が一人で配っていました。
相変わらず、民主党の議員さんは見かけません。選挙前は高田馬場駅前でしばしばお顔を拝見できた海江田氏は、朝日新聞によると、新しい衆議院会館で「ガールズ通り」近くにお部屋を占めるそうです。小沢一郎幹事長のお部屋のすぐ近く。
小沢一郎幹事長の疑い(陸山会の土地取引事件)も晴れたようですし、国会閉会後は、国政報告を期待しております。カルト教団に負けてはなりませぬ。
ところで、先の衆議院選挙の民主党大勝利の立役者は、自民党の麻生太郎総裁(当時)ではないでしょうか?

一部の民主党議員は、この土地取引事件の検察の捜査を、「血で血を洗う闘い」などと叫んでいたようです。海江田氏は?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

10年2月3日夜の西武池袋線、メトロ副都心線のダイヤ乱れが波及

2010年2月3日(水)は、16時47分ころに東京地下鉄副都心線の池袋駅で線路点検を実施し15分ほど運転が止まったそうです。19時ころも西武池袋線との相互直通運転は中止だった模様です。
私は何も知らずに新宿線・萩山経由で所沢へ出たため、詳細は不明です。

19時50分ころの西所沢駅1番ホームに、メトロ7030Fが「08S 回送」という表示で留置されていました。

2010年2月3日 19時49分頃、西所沢、1番ホームに「08S 回送」のメトロ7030Fが留置中。
2010年2月3日 19時49分頃、西所沢、1番ホームに「08S 回送」のメトロ7030Fが留置中。
左のN101系は、2番ホームで発車を待つ6209レの1239F。粉雪が舞っていました。

また20時すぎの小手指車両基地の入り口に4000系4連1本が止まっていました。いつものスジで武蔵丘車両基地に回送されたと思われます。

所沢駅を19時53分に発車した準急 飯能ゆきが20105Fでした。4609レ(渋谷 18時54分発・準急 飯能ゆき)を西武・池袋始発で運転したと思われます。
この20105Fと思われますが、元加治駅を20時22分頃 20000系の回送列車が通過しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

10年2月2日の雪の朝の西武線

2010年2月2日(火)朝5時には雪は止んでいましたが、西武鉄道沿線は数センチメートルの積雪で、いつになくいつにも増して綺麗でした。

2010年2月2日 7時39分頃、練馬高野台、9001Fの2108レ。
2010年2月2日 7時39分頃、練馬高野台、9001Fの2108レ。
2108レも8分ほどの遅れでした。

所沢駅を通過する朝の回送列車はプラス3本
早朝の所沢駅を通過する回送列車はいつもより3本 多かったです。
2本は池袋線関係です。清瀬駅の夜間滞泊がなかったのか、たまにあるパターンですが、5時52分ころに6103F、6時20分ころに2071Fの上り回送列車が走りました。いつもは6000系(副都心線乗り入れ可能)がいる、7時前の清瀬駅4番ホームは空でした。
もう1本は新宿線で、2525Fの上り回送列車が6時9分ころに通過しました。
6103Fはいつものように、清瀬駅7時11分発の6402レに入っていました。2071Fは5422レで見かけました。

2010年2月2日 5時52分頃、所沢、6103Fの池袋線 上り回送列車。
2010年2月2日 5時52分頃、所沢、6103Fの池袋線 上り回送列車。
運用番号「08M」を表示していました。最近は「回送」だけ表示が多かったです。

(2月3日 22時0分追記) いつも4806レの次に通過する上り回送列車は2529Fでした。6時46分ころでした。4806レが遅れていたためです。2525Fは多摩湖(南)線に入ったようです。

ダイヤの乱れ
6時台の所沢駅では、一部の列車で数分の遅れが見られましたが、今朝は、新宿線と池袋線との間で接続待ちをしていませんでした。
所沢駅6時38分発が所定の新宿線 104レは到着が6時40分でした。このため、所定で6時39分着の4806レは6時43分着。いつもは4806レ発車後に到着する4603レが、今朝は先に到着していました。またいつもは4806レと接続をとっている池袋線の4102レ(所定が6時40分発)は、4806レ到着前の6時41分に発車していました。

2010年2月2日 6時42分頃、所沢、左が到着する285Fほか4806レ。
2010年2月2日 6時42分頃、所沢、左が到着する4806レ。
右の6102Fは4603レ。通常であれば4806レ発車後に4603レが到着。今朝は順序が逆となりました。
4806レの編成は(<-西武新宿)1311F+285Fでした。

7時30分ころの石神井公園駅上りホームには女性の駅員さんがいらっしゃいました。いつもは男性の駅員さんばかりですのでお尋ねしたところ、応援、とのことでした。急病人の救護や踏切の安全確認などでダイヤの乱れと放送がありました。この時点で8分ほどの遅れでした。
練馬高野台駅から乗車した5618レは、所定より8分遅れの7時43分発。練馬駅の第1場内信号(?)や第2出発信号(?)、江古田~東長崎間で信号待ちの停止があり、池袋駅到着は14分遅れの8時11分でした。

池袋線のN101系10連2本は小手指出庫の早出と遅出
4204レが(<-飯能)271F+1301Fでした。夜も2174レに入っていましたので、小手指出庫の早出で、武蔵丘入庫となるようです。

2010年2月2日、ひばりが丘、到着する271F+1301Fの4109レ。
2010年2月2日、ひばりが丘、到着する271F+1301Fの4109レ。

また保谷駅を18時37分ころに発車の上り回送列車は(<-飯能)275F+1303Fでした。小手指出庫の遅出はこの編成と思われます。

雪の夜の夜間滞泊
2月1日の、狭山ヶ丘駅と所沢駅の夜間滞泊は雪にもかかわらずいつも通りでした。狭山ヶ丘駅は9103F、所沢駅は20105Fと2079Fでした。屋根に雪が積もっていました。
なお5時45分頃、所沢駅電留線のクハ2080の乗務員扉が開いていました。いつもは、6時すぎに乗務員さんが電車でやって来て、橋上改札から電留線へ歩いているようです(6時15分頃だったかも8連より運用入りが10分ほど遅い10連の乗務員さんは6時15分頃だったと思います<2月3日 22時0分修正>)。雪のため、いつもより早起きだったのでしょう。
なお3本とも、いつもの列車(4802レ、4302レ、5806レ)に充当されていました。

また2月2日 5時20分頃、10104Fの下り回送列車が元加治駅を通過しました。上り始発列車前の上り回送には気付きませんでした。いつもの、なぜか飯能~仏子間を1往復する回送列車だったかは不明です。(2月13日 22時10分追記)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

2010年2月1日、雪の夜の西武池袋線

2010年2月1日(月)は、西武鉄道沿線でも19時ころから雪となりました。結構 強く降っていました。
20時すぎの稲荷山公園駅は、屋根から外れたホームはきれいに白く染まっていました。元加治駅はそれほどでもありませんでした。池袋~飯能間で標高がもっとも高い駅が稲荷山公園駅な気もします。

2010年2月1日 19時51分頃、小手指、到着する271F+1301Fの急行 小手指ゆき(2261レ)。
2010年2月1日 19時51分頃、小手指、到着する271F+1301Fの急行 小手指ゆき(2261レ)。

小手指駅3番ホームに到着する(<-飯能)271F+1301Fの2261レです。2分ほど遅れての到着でした。

2010年2月1日 19時55分頃、小手指、到着する通勤準急 小手指ゆき(4869レ)のクモハ275前面アップ
2010年2月1日 19時55分頃、小手指、到着する通勤準急 小手指ゆき(4869レ)のクモハ275前面アップ

同じく3番ホームに到着した(<-飯能)275F+1303Fの4869レです。こちらは定時の19時55分に到着でした。所沢駅で2分ほど停車時間があります。

2010年2月1日 19時59分頃、小手指、2176レの9103F。
2010年2月1日 19時59分頃、小手指、2176レの9103F。雪で前面貫通扉が真っ白。

9107Fの2176レです。貫通扉が白くなっています。

本格的な雪ですが、狭山ヶ丘駅の夜間滞泊はありました。9103Fが20時すぎの狭山ヶ丘駅側線に止まっていました。

今朝は所沢駅での運用チェックをサボりましたが、4111レは271F+1301Fでした。
271F+1301Fの武蔵丘出庫は早出で、小手指入庫となるようです。275F+1303Fの小手指出庫は遅出の小手指入庫となります。
明日の4204レは期待できるようです。3106レは望み薄、ですが。

(2月3日 22時5分追記)
2月1日夜の稲荷山公園駅ホームの雪について。稲荷山公園駅は相対式で、改札口は飯能方にだけあります。私が見た、屋根がない部分は下りホームの池袋方で、乗降は非常に少なく雪が踏まれません。
一方 元加治駅は島式ホームで、池袋方・飯能方ともに乗降がそれなりにあります。私が見たのは池袋方だけです。
と言うことで、元加治駅ホームの積雪がそれほどでもなかった理由は、気温(標高)ではなく、歩行者の多寡なのでしょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »