« 奥武蔵の山中でメーテルさんを待ちながら、情けない警察を思った10年5月8日 | トップページ | 西武2071Fが東急車輌へ向かった10年5月10日 »

2010年5月 9日 (日)

西武・練馬高野台駅の引き上げ線が切り替えられる

下の写真は2010年5月9日朝に、西武池袋線・練馬高野台駅へ入った上り列車の最後尾から撮影しました。

2010年5月9日、練馬高野台~石神井公園、上り列車最後尾から撮影。
2010年5月9日、練馬高野台~石神井公園、上り列車最後尾から撮影。

右から、上り本線(分岐器)、引き上げ線、奥に見えるのが旧・引き上げ線の先端部分、そして下り本線です。
工事完成後は上り緩行線となる軌道の一部を当面は引き上げ線に流用する感じです。
5月7日(金)朝はまだ切り替わっていなかったと思います。

2010年5月9日、練馬高野台~石神井公園、上り列車最後尾から撮影。
2010年5月9日、練馬高野台~石神井公園、上り列車最後尾から撮影。
上の写真より石神井公園よりです。

練馬高野台~石神井公園間が暫定的に複線で高架化する際に、この引き上げ線の先っぽが邪魔になる気がします。
スペースが空いていますから、複線分の高架橋へ下り本線をつなげるための仮設の橋、ないし高架橋の張り出しを作るのかもしれません(完成後は下り緩行線となる部分の一部を先に建設?)。

石神井公園駅の工事も進んでいます。地上に残った下りホームの上り線側は完全に壁が設置されました。その裏側では、橋脚の土台となるであろう、大きな穴掘りが進んでいます。

本題から外れますが、2118レの6115Fです。
副都心線対応工事がほぼ終わり、運用の自由度が増し余裕も増えたためと思いますが、最近は、6000系の地上線運用が増えた気がします。

2010年5月9日、池袋~椎名町、6115Fの2118レ。
2010年5月9日、池袋~椎名町、6115Fの2118レ。

10年2月8日朝の西武池袋線・石神井公園駅 新上りホーム」へ。
西武石神井公園駅、早くも下り線の鋼管の橋脚が一部で立ちました」(10年5月18日付け)へ。

|

« 奥武蔵の山中でメーテルさんを待ちながら、情けない警察を思った10年5月8日 | トップページ | 西武2071Fが東急車輌へ向かった10年5月10日 »

コメント

こんばんは。池袋線の6000系電車は工事中の6152Fを除いて現在検査入場してないので車両運用上一時的に地上運用が増えたものと思われます。2065Fが検査入場から戻ってまた6000系電車の検査入場があれば再び地上運用は減るんじゃないかと思います。昨年の11月から12月にかけて6107Fが検査入場してるので時期的にもうすぐ6108Fが検査入場すると思われます。

投稿: 西武6000系6109Fスマイルビジョン編成及び6113F大好き。 | 2010年5月11日 (火) 22時31分

「西武6000系6109Fスマイルビジョン編成及び6113F大好き。」さん、こんばんは。

6000系の地上線運用は、おっしゃるように検査の関係もあるのでしょうね。

コメント、ありがとうございました。

投稿: 鈴木やす | 2010年5月13日 (木) 21時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/48316551

この記事へのトラックバック一覧です: 西武・練馬高野台駅の引き上げ線が切り替えられる:

« 奥武蔵の山中でメーテルさんを待ちながら、情けない警察を思った10年5月8日 | トップページ | 西武2071Fが東急車輌へ向かった10年5月10日 »