« 14年10月上旬、JR東日本のお話し、ほか | トップページ | 14年10月25日、西武・池袋駅の7番ホーム方電留線が復活 »

2014年10月25日 (土)

14年10月20日、西武・秩父の秋の行楽臨時列車

2014年10月20日(月)は、西武鉄道が秋の行楽シーズンに飯能以北で運転している臨時列車を見てきました。

まずは大泉学園駅で、西武秩父ゆきに延長運転の準急 4209レを撮影。(<-飯能)32102+38104Fでした。本来は4809レの前に来る4801レは遅れて順序が逆になっていました。

2014年10月20日、大泉学園、32102F+38104Fの西武秩父ゆき4209レ。
2014年10月20日、大泉学園、32102F+38104Fの西武秩父ゆき4209レ。

4209レは小手指駅で前2両の32102Fを解放し、5091レとなる同駅以遠は38104Fだけの8両編成で運転されてました。

2014年10月20日、仏子、38104Fの西武秩父ゆき各停 5091レ。
2014年10月20日、仏子、38104Fの西武秩父ゆき各停 5091レ。

38104Fが臨時の5092レを走るのかと思ったら、西武秩父駅から上り方(小手指車両基地?)へ回送で戻されたようです。

臨時の吾野ゆき5093レも運転されていました。(<-飯能)4011F+4019Fの8両編成。ガラガラでしたが、乗客はいました。
4019Fは5020レの折り返し、4011Fは飯能駅に武蔵ヶ丘方から回送されて4019Fに併結されました。

2014年10月20日、武蔵横手、(<-飯能)4019F+4011Fの5093レ。
2014年10月20日、武蔵横手、(<-飯能)4019F+4011Fの5093レ。

5093レで吾野駅に到着した編成は、折り返し武蔵ヶ丘車両基地へ回送されたようで、(<-飯能)4019F+4011Fの上り回送列車が武蔵横手駅を10時36分に通過して行きました。

2014年10月20日、武蔵横手、4019F+4011Fの上り回送列車。
2014年10月20日、武蔵横手、4019F+4011Fの上り回送列車。

元加治駅などのホーム時刻表の掲示では、5093レの運転の有無が不明でした。

5092レも運転されていました。(<-飯能)4013F+4009Fでした。

2014年10月20日、飯能、4013F+4009Fの臨時 5092レ。
2014年10月20日、飯能、4013F+4009Fの臨時 5092レ。

5024レが(<-飯能)4007F+4013Fだったのですが、その折り返しの5025レは4007Fだけで、4013Fは飯能駅から下り方へ回送されていました。
4009Fも5018レで飯能駅に到着後に下り方へ回送(飯能 9時12分発)されていました。5019レは、下り方から回送されてきた(<-飯能)4005F+4003Fが入りました。
4009Fと4013Fは、武蔵ヶ丘車両基地で併結され、5092レのため、西武秩父駅(横瀬駅?)に回送されたのでしょう。
なお5092レで飯能駅到着後は、下り方へ回送されていました(飯能15時25分発)。

5042レは未確認ですが、その折り返しのはずの5043レは(<-飯能)4019F+4011F。午前中に臨時の5093レだった編成です。5035レあたりで西武秩父へ行ったのでしょうか。

|

« 14年10月上旬、JR東日本のお話し、ほか | トップページ | 14年10月25日、西武・池袋駅の7番ホーム方電留線が復活 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/60542432

この記事へのトラックバック一覧です: 14年10月20日、西武・秩父の秋の行楽臨時列車:

« 14年10月上旬、JR東日本のお話し、ほか | トップページ | 14年10月25日、西武・池袋駅の7番ホーム方電留線が復活 »