« 15年2月9・10日に西武3009F6両が近江鉄道へお引越し | トップページ | 15年2月26日と最近の西武線、見ただけ »

2015年2月22日 (日)

最近あった海外の大きな鉄道事故、二つ

インドではたまに十人ほどが死亡する列車事故が起きていますが、先進国でもたまにあります。
比較的大きな事故が海外で二つ、最近(2015年2月)ありました。日本では起きないことを願いつつ。

アメリカで原油輸送列車が脱線炎上

現地時間の2月16日(月)13時20分頃、アメリカ合州国のウェストバージニア州フェイエット(Fayette)郡、チャールストン(Charleston)の南東約50kmの所でCSXの原油輸送列車が脱線しました。
20両が炎上し、翌日になっても原油の漏れが止まらない事故となりました。水曜日になってもまだ少し燃えていたようです。
民家1軒が燃え、近くの二つの町に避難命令も出ましたが、重傷や死亡した人はいないようです。

列車はノースダコタ州からバージニア州へ向かっていた109両編成で、すべてCPC1232形という新形貨車だった模様。
脱線した貨車が少なくとも1両、近くのカナワ(Kanawha)川に落ちたと報道されたものの実際は落ちておらず、原油が川に入った形跡もないようです。ただ小川(creek)には漏れたようです。
いずれにしても炎上しました。かなりの量が漏れたことでしょう。

参考
Derailed CSX train in West Virginia hauled newer-model tank cars 」(ロイター)
CSX plans to bypass crude train derailment site: state officials 」(ロイター)
NTSB Gathering Information on CSX Crude Oil Train Derailment in West Virginia 」(アメリカの国家輸送安全委員会)

スイスで衝突事故

現地時間の2月20日(金)午前6時45分、スイスの首都チューリッヒの北30kmほどのラフツ(Rafz)駅でインターシティ(特急列車)が近郊列車と衝突する事故がありました。
少なくとも6人がケガ。運転士一人は重傷で、ヘリコプターで病院へ搬送されたようです。
駅を発車した近郊列車に、後ろから来たインターシティが衝突し、一部の車両は脱線し傾きました。

昨年も正面衝突の事故がスイスであったと思います。
スイスの鉄道は高品質とのイメージがありますが、疲れているのでしょうか?

参考
Switzerland Zurich: Injuries as trains collide in Rafz」(BBC)
Six hurt as trains collide in Switzerland」(Yahoo! News)

|

« 15年2月9・10日に西武3009F6両が近江鉄道へお引越し | トップページ | 15年2月26日と最近の西武線、見ただけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/61179894

この記事へのトラックバック一覧です: 最近あった海外の大きな鉄道事故、二つ:

« 15年2月9・10日に西武3009F6両が近江鉄道へお引越し | トップページ | 15年2月26日と最近の西武線、見ただけ »