« 15年4月16日朝、西武2417Fは前面が三色LED・側面は白色対応LED | トップページ | 15年4月27日と最近の西武線、見ただけ »

2015年4月23日 (木)

15年4月12日、武蔵野鉄道開業100周年の記念臨時列車

武蔵野鉄道の開業100周年(1915年4月15日に池袋~飯能間が開業)を記念し西武鉄道は2015年4月12日(日)に池袋駅でセレモニーを開催するとともに、池袋から飯能まで記念臨時列車を運転しました。

2015年4月12日 11時27分頃、椎名町~東長崎、30101Fの開業100周年記念臨時列車。
2015年4月12日 11時27分頃、椎名町~東長崎
30101Fの開業100周年記念臨時列車。

臨時列車に使われる30101Fの送り込みの回送は東長崎駅を10時45分に通過。両端の制御車側面に古い駅舎や車両の写真、そしてヘッドマークを付けていました。
臨時列車は池袋から飯能まで、路線開業当時に開設された10駅に停車していました。乗車は自由です(有効な乗車券は必要ですが)。

2015年4月12日、石神井公園、ホーム時刻表の臨時列車に関する掲示。
2015年4月12日、石神井公園、ホーム時刻表の臨時列車に関する掲示。

普段は8両編成だけが停車する東長崎駅にも停車しました。開業100周年記念の横断幕を持った駅員さんが出迎えていました。

2015年4月12日 11時28分頃、東長崎、2番ホームに停車中の30101Fの開業100周年記念臨時列車。
2015年4月12日 11時28分頃、東長崎
2番ホームに停車中の30101Fの開業100周年記念臨時列車。

30101Fはこのお姿のまま現在も営業に入っています。

西武鉄道はこの開業100周年に合わせて、1000円の記念乗車券セットの他、開業当初に設置の12駅で記念の硬券乗車券(150円)も発売しました。
後者は7月20日まで販売されますが、すでにいくつかの駅で売り切れて、一時販売停止、増刷して再開したようです、掲示が駅に出ていました。
各駅で販売する記念券なのだから入場券と私は思い込んでいて、駅員さんにもそう言って買っていたのですが、やや怪訝な顔の駅員さんもいたことは確かです。

バカにしたな、そんならお返しだ、と言うわけではありませんが、思いつきを一つ。
開業当時、狭山ヶ丘駅の次は入間市駅でした。現在、両駅間は170円 180円。記念硬券の150円で乗せてくれないのであれば、「記念乗車券」の名が泣きはしないでしょうか、と思ったり、思わなかったり、....。

(4月25日 21時30分、 運賃を180円に修正)

|

« 15年4月16日朝、西武2417Fは前面が三色LED・側面は白色対応LED | トップページ | 15年4月27日と最近の西武線、見ただけ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/61483697

この記事へのトラックバック一覧です: 15年4月12日、武蔵野鉄道開業100周年の記念臨時列車:

« 15年4月16日朝、西武2417Fは前面が三色LED・側面は白色対応LED | トップページ | 15年4月27日と最近の西武線、見ただけ »