« 2017年11月3日の入間航空祭の西武池袋線 見ただけ、その2 | トップページ | 2017年11月3日の入間航空祭の西武池袋線 見ただけ、その3 »

2018年2月 3日 (土)

2017年12月3日の秩父夜祭の西武鉄道臨時ダイヤ 見ただけ、その2

2017年12月3日(日)の西武鉄道 秩父夜祭ダイヤ 見ただけの、その2です。

午後から秩父へ向かいました。
まだ帰宅のお客さんは少ないので、下り臨時列車で秩父へ入った車両の戻しの回送とすれ違いました。
13時18分ころの東飯能〜武蔵丘間で4000系4+4連、13時38分ころの吾野駅に10110F、13時48分ころの正丸駅で20152F、13時59分の横瀬駅で10105F、西武秩父駅でも14時5分発の38112レ(飯能へ回送され再び各停 西武秩父ゆきに)。
朝の快速急行 1001レだった4019F+4017Fは5034レ・5033レで見かけましたが、15時過ぎに西武秩父駅到着後は横瀬駅へ回送されていました。1003レだった2073Fも同様に5029レなど秩父線内の営業に就いていました。
西武秩父駅の一般列車用の3番ホームには、14時35分に10107Fの臨時特急ちちぶ93号が到着。これも14時50分に池袋方面へ回送されました。

2017年12月3日 14時35分ころ、西武秩父、3番ホームへ到着する10107Fの特急秩父93号。左の4000系はこの後 横瀬へ回送されました。
2017年12月3日 14時35分ころ、西武秩父

3番ホームへ到着する10107Fの特急秩父93号。左の4000系はこの後 横瀬へ回送されました。

15時38分ころの吾野駅。右から38117Fの5042レ・2073Fの5037レ・10107Fの上り回送列車。10107Fは5042レに続いてすぐに発車しました。

2017年12月3日 15時38分ころ、吾野、右から38117Fの5042レ・2073Fの5037レ・10107Fの上り回送列車。10107Fは5042レに続いてすぐに発車。
2017年12月3日 15時38分ころ、吾野

右から38117Fの5042レ・2073Fの5037レ・10107Fの上り回送列車。10107Fは5042レに続いてすぐに発車。

16時17分ころの吾野駅では、2002レの(<-飯能)4001F+4023Fと、今は各停 西武秩父ゆきながらその後 2004レとなる4007F+4013Fが並びました。

2017年12月3日、吾野、2002レの4023F+4001F(左奥)と4013F+4007Fの各停 西武秩父ゆき(時刻変更の5039レ)。
2017年12月3日、吾野

2002レの4023F+4001F(左奥)と4013F+4007Fの各停 西武秩父ゆき(時刻変更の5039レ)。

飯能始発の臨時の各停 西武秩父ゆきは、11時25分発から毎時25分発の1本が15時25分発まであり、その後は16時3分発・16時28分発・17時14分発が設定されていました。
下の写真は右から、飯能16時3分発の臨時各停だったと思われる38117Fと、5041レで到着した2063F、そして40レの10110F。
38117Fはこの後 横瀬駅の電留線に入ったと思われます。

2017年12月3日 17時22分ころ、西武秩父、左から40レの10110F、5041レで到着の2063F、臨時各停だった38117F。
2017年12月3日 17時22分ころ、西武秩父

左から40レの10110F、5041レで到着の2063F、臨時各停だった38117F。

17時59分ころには西武秩父駅2番ホームへ20152Fの下り各停が到着。時刻変更がかかった5043レだったようです。

2017年12月3日 17時59分ころ、西武秩父、2番ホームへ到着する時刻変更の5043レと思われる各停 西武秩父ゆき。到着後は横瀬駅へ回送。
2017年12月3日 17時59分ころ、西武秩父

2番ホームへ到着する時刻変更の5043レと思われる各停 西武秩父ゆき。到着後は横瀬駅へ回送。

|

« 2017年11月3日の入間航空祭の西武池袋線 見ただけ、その2 | トップページ | 2017年11月3日の入間航空祭の西武池袋線 見ただけ、その3 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194427/66353733

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年12月3日の秩父夜祭の西武鉄道臨時ダイヤ 見ただけ、その2:

« 2017年11月3日の入間航空祭の西武池袋線 見ただけ、その2 | トップページ | 2017年11月3日の入間航空祭の西武池袋線 見ただけ、その3 »