2017年7月23日 (日)

※ Train Spotting三昧だった2017年7月23日

「train spotter」という英単語が『ランダムハウス英和大辞典 第2版』に載っています。名詞で“機関車のナンバーを調べ記録する人”、お仕事でそういうことをする人もいるかもしれませんが、いわゆる鉄道ファンのことでしょう。
私は本日 2017年7月23日(日)も、小雨降る中 電車の写真を撮ったり、暗がりの中で電車の写真を撮ったり、普通の人から見ると、微苦笑を誘う、そして怪しい人をやっておりました。
そして「train spotter」の動名詞なはずの「train spotting」をタイトルとした映画が高田馬場駅近くの映画館・早稲田松竹でやっていたので、見て来ました。
幸か不幸か、鉄道ファンを描いた映画ではありません。列車やLRTも出てきましたが、画面のごく一部が楕円形?にぼやけるシーンもあるような、そんな、イギリスの映画です。1996年公開。そして続編は2017年に公開されました。

2017年7月23日 10時45分頃、秩父。
2017年7月23日 10時45分頃、秩父。
2017年7月23日 19時30分頃、元加治。
2017年7月23日 19時30分頃、元加治。

映画の題名の解題はブログ“The Best Of Both Worlds”さんの「「トレインスポッティング」の意味についての正しい理解」が正しいのだと思います。
早稲田松竹では28日(金)までやっていますので、よろしければ、どうぞ。

映画を観ての、こじつけ。
こういうことは絶対に身に起き得ないのだから天皇家の人たちは幸せと、自民党支持者・創価学会信者・(すべてとは言いませんが)労働組合の皆さんは考えるのかな、と思ったりしました。
こういうことが起きえる人生でこういうことにならないから幸せなのだ、でもこういうことが起きつつも生きて幸せを求めるのも人生であり天皇家の人たちの人生は人生でないと思いつつそういう人生を生きざるを得ない天皇家の人たちの人生もまた人生だよな、とも思います。
あと何年続くのか知りませんが天皇制がある間は、天皇家の人たちはそういう人生を懸命に生きてほしい、得難い体験なのだからと思いつつ、あの人たちの誰かがこのブログを読むことはないのにね、そうでしょ?、とは思いました。

(以下 22時15分追記)映画の題名には、上記ブログ記事が解説している背景の他に、描かれている彼らの人生を烈車列車に見立て、映画の観客を「train spotter」に見立てる、そんな含意もあるように感じました。
わたしの「こじつけ」は、あながちこじつけではないのかも、しれません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

※ 2017年2月・3月のJR・国鉄の写真

特に脈絡はないですが、最近撮った、JR関係の写真 3枚です。

新宿駅を通過するJR貨物の3086レです、ここで撮るのは初めてでした。

2017年2月25日、新宿、EH500-52牽引の3086レ。
2017年2月25日、新宿、EH500-52牽引の3086レ。

浦和駅の京浜豊北京浜東北線ホームから、東北貨物線を走るEF65-1103の単機・上り回送列車と、E231系の東北本線・下り列車(行先は高崎かも)のすれ違いを撮影できました。
少しダイヤが乱れていました、原因は大船駅の人身事故、だったと思います。

2017年3月5日 10時53分頃、浦和、EF65-1103の上りの単機回送列車とE231系の東北本線の下り列車。
2017年3月5日 10時53分頃、浦和

EF65-1103の上りの単機回送列車とE231系の東北本線の下り列車。

3月5日は北浦和駅が最寄りの埼玉県立近代美術館へ行きました。新聞で知った、特別展「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」を観て来ました。フランスやイギリスの鉄道会社ポスターも展示されています、3月26日(日)までなのでよろしければ、どうぞ。
展示のポスターに「chemins de fer」(フランス語)と入っていたのでGoogle翻訳様に尋ねたら「鉄道」でした。
その道すがら、北浦和駅前に「十河信二書」の北浦和駅西口開設記念碑がありました。十河信二さんと言えば国鉄総裁なわけですが、たかが西口の開設にこのような立派な碑があるというのは、なかなか凄いと思いました。
駅前の一等地、ケバブ屋台とかが繁盛しそうな場所でした。

2017年3月5日、北浦和駅西口、開設記念碑。
2017年3月5日、北浦和駅西口、開設記念碑。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

※ 池袋で鉄道模型芸術祭が開かれています

池袋駅西口の東京芸術劇場とその前の広場(池袋西口公園)で2015年12月26日(土)・27日(日)、「池袋 鉄道模型芸術祭」が開かれるということで、26日に行ってきました。

鉄道模型レイアウトの展示が主でしたが、羅須地人鉄道協会による小型蒸気機関車の実演走行もありました。30メートルほどを、結構 頻繁に往復し、汽笛を響かせていました。

2015年11月26日、池袋西口公園、羅須地人鐵道協会のSL走行。
2015年11月26日、池袋西口公園、羅須地人鐵道協会のSL走行。

明日もやっていますので、お時間のある方は、行かれてみてはいかがでしょうか。

個人的には、女子高レイアウトの展示がなかったのが少々 残念でした。安倍政権の「1億総活躍社会」に反すると思われるから、ではありませんが、他意はありません。

以前に西武・所沢工場跡地で現代美術の催しがあったときは、現代美術って何ですか、あれが美術ですかと質問する青年がいたようですが、この鉄道模型芸術祭でそういう質問はなかったのではないかと思います。
こちらは、見れば分かる、展示ばかりでした。

与太話は別として。
入場料は、小学生以下は無料(保護者同伴)、大人は500円です。
羅須地人鉄道協会など、広場での催しは無料です。横川の釜飯販売もありました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

15年8月最初の土日は阿字ヶ浦と東京都現代美術館へ行ってきました

2015年8月1日(土)はひたちなか海浜鉄道湊線に乗って阿字ヶ浦の砂浜へ行ってきました。

2015年8月1日、阿字ヶ浦海水浴場前の売店?
2015年8月1日、阿字ヶ浦海水浴場前の売店?
2015年8月1日 12時58分ころ、平磯、ミキ300-103の阿字ヶ浦ゆき。
2015年8月1日 12時58分ころ、平磯
ミキ300-103の阿字ヶ浦ゆき。

常磐線がなぜか非常に混んでいて、勝田駅では大量の下車。国営ひたち海浜公園であったイベント「ROCK IN JAPAN FES. 2015」に行く人たちでした。勝田駅前から臨時バス利用。
湊線に乗ってもらえるとローカル私鉄にとっては嬉しいかもと思いつつ、運びきれないかもと思いました。

2015年8月1日 10時ころ、勝田駅前。
2015年8月1日 10時ころ、勝田駅前。

世の中には「スマイルあおぞらバス」というものがあるそうで、阿字ヶ浦駅にも日に6本があるようです。12時33分着のバスを撮影できました。本来は専用車両があるようですが、ロックイベントの関係か、茨城交通の普通のバスがやって来ました。

2015年8月1日 12時34分ころ、阿字ヶ浦、「スマイルあおぞらバス」とキハ37100-03。
2015年8月1日 12時34分ころ、阿字ヶ浦
「スマイルあおぞらバス」とキハ37100-03。

帰りは中根駅などで撮影。

2015年8月1日 14時13分、中根、勝田ゆきのキハ37100-03。
2015年8月1日 14時13分、中根、勝田ゆきのキハ37100-03。

西武池袋線2002レを池袋駅でお出迎えできる時間に帰って来ました。

2015年8月1日、池袋、1・2番ホームへ到着する4003F+4023Fの2002レ。
2015年8月1日、池袋、1・2番ホームへ到着する4003F+4023Fの2002レ。

折り返し回送なためでしょう、2番ホーム側のドアは開きませんでした。

8月2日(日)は、東京都現代美術館へ行き「きかんしゃトーマスとなかまたち 絵本原画展」などを見て来ました。
就学未満のお子さんとその両親が多かったですが、絵本の原画は大人の目の高さ。なかなか難しいところです。

2015年8月2日、東京都現代美術館前。
2015年8月2日、東京都現代美術館前。

江戸東京博物館に似ている、と思いました。

この美術館で開かれている他の展覧会で、作品の改変が問題になっていましたが、結局、そのまま展示することになったようで、良かったと思います。
文部科学省は気を使ってくれる人がいるからいいけれど、「劇団死期」はかわいそうかもと思いつつ、会田さんの作品は決して嫌いではありませんが、好きというほどでもないのですが(私の理解は皮相かもしれないのでお時間のある方は見に行ってください)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

※ やっぱりヘンだと思うこと、四つ

朝日新聞の2015年7月25日朝刊の「天声人語」。“勝利への展望が失われても戦争をやめられなかった戦前と、明白な「違憲」法案への批判に耳を貸さない今の政権の姿が重なる。”と終わっています。
自称がきっと「正義の味方」・「社会の木鐸」の朝日新聞は、日米安保や自衛隊は違憲とは思わっていませんね。

2015年7月25日の朝日新聞朝刊の「天声人語」。
2015年7月25日の朝日新聞朝刊の「天声人語」。

ところで、この天声人語、そして社説、朝日新聞社は無料でインターネットに公開していません。
月額300円が必要。「売文の徒」です。お前は佐藤優か、と思ったり。
軍隊を持つけど使わないよ、と言うのと、軍隊を使っていくよ、とでは違憲のレベルは違いますが、これではいくら危機感を煽られてもね。

2015年7月26日21時過ぎの朝日新聞ウェッブサイトの「天声人語・社説」ページ。
2015年7月26日21時過ぎ
朝日新聞ウェッブサイトの「天声人語・社説」ページ。

新聞社さんにも社員の生活あるのは分かります。佐藤優さんにも。
しかし、社説や天声人語など人々を啓蒙しようという文章は、本来、新聞社がお金を払ってでも読者に読んでもらいたい、そして変わってほしいという思いがあるはずで、無料で公開するのが普通では?

そして、文化人のみなさまに高い評価を得ていた池袋のリブロが7月20日に閉店しました。当ブログ読者の皆様にはいろいろ思い出が多いかもしれない本屋さん。
7月29日からは同じ場所に三省堂書店が開店しますが、幸福の科学の書籍を、広告や、週間ベストセラーの1位としてPRするのでしょうか?

2015年7月26日、池袋駅・西武南口を出て左を見たところ。閉店したリブロが左手前のビルに入っていた。
2015年7月26日、池袋駅・西武南口を出て左を見たところ。
閉店したリブロが左手前のビルに入っていた。

上の写真で奥に見える、ガラス張りのビルはジュンク堂書店。品ぞろえが豊富というブランドイメージがあると思いますが、実際は、リブロの方が入荷は早かったり、ジュンク堂にない本がリブロにあった経験を私は何度かしています。ジュンク堂で店員さん(検索マシン)に尋ねれば秘蔵?の一冊が出てきたのかもしれませんが。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

※ 15年3月29日の西武線 見ただけ & ライオンズの試合前の国歌斉唱

2015年3月29日(日)の西武線、見ただけです。
「国歌斉唱」について末尾に記しておりますので、本エントリーへのコメントは可能にしております。

3月29日(日)

狭山ヶ丘 05:19 側線9104F
所沢 05:27 電留線(E)6109F (W)2063F
清瀬 05:40 引き上げ線6105F 4番ホーム東急5171F
保谷 05:47, 21番線6106F 22番線6103F 24番線20151F 27番線N2000系
石神井公園 05:52, 6番線38112F

3102レは9102F。
西所沢 05:25, 1番ホーム照明オン 2番ホーム2501Fの6101レいつもより込んでて乗客20人?

3月27日(金)からプロ野球の公式戦が開幕し、早速 野球ダイヤが実施されていました。
29日(日)は、西武球場前ゆき快速に変更となる1855レと1857レはそれぞれメトロ10109Fと東急4104F、この2本の代わりに小手指へ走るひばりヶ丘始発の快速急行は6158Fと9106Fでした。

2015年3月29日 11時33分、ひばりヶ丘~東久留米、6158Fの快速急行 小手指ゆき。
2015年3月29日 11時33分、ひばりヶ丘~東久留米
6158Fの快速急行 小手指ゆき。
2015年3月29日 12時25分、東久留米、10105Fの81レ臨時特急。
2015年3月29日 12時25分、東久留米、10105Fの81レ臨時特急。

所沢まで臨時特急の前を走る5113レ(各停 飯能ゆき)の2063Fが奥に見えます。

2015年3月29日 12時32分、ひばりヶ丘~東久留米、9106Fの快速急行 小手指ゆき。
2015年3月29日 12時32分、ひばりヶ丘~東久留米
9106Fの快速急行 小手指ゆき。

沿線の桜が咲き始めています。

2015年3月29日、石神井公園、左から6115Fの6501レ・豊島園へ回送される38112F・6153Fの6504レ。
2015年3月29日、石神井公園
左から6115Fの6501レ・豊島園へ回送される38112F・6153Fの6504レ。
2015年3月29日、中村橋、1001レ用の送り込み上り回送列車の4023F+4017F(飯能->)。
2015年3月29日、中村橋
1001レ用の送り込み上り回送列車の4023F+4017F(飯能->)。

モハ4123の主抵抗器は一箱だけピカピカでした。壊れたから交換したんでしょうか。

プロ野球の試合の前の国歌斉唱、日本だと、ダサくない?

http://www.seibulions.jp/news/detail/9834.html の画面キャプチャ。ピンクの枠と、歌手の名前のボカしは私が実施。

早朝5時25分の西所沢駅狭山線ホームはいつになく人影があった(と言っても10~20人、いつもはゼロ)ので、西武ドームで何かあるのかなとウェッブサイトを見てみたら、「ダイヤのAデー」というイベントが、ライオンズ対バファローズの公式戦の前に西武ドームであると知りました。そう言えば、池袋駅の地下コンコースには「ダイヤのAデー」とたくさん貼ってあったけど、これなのねと思いつつイベント紹介ページ(左が画面キャプチャ。ピンクの枠と、歌手の名前のボカしは私が実施。)を見ていると、「国歌斉唱」とあったので、ビックリ。

スポーツに興味はありませんが、欧米では、普通に、スポーツ試合の前に国歌斉唱しているのかしれません。
総理大臣もやってる安倍晋三さんではないですが、日本は比較的古くから、統一国家となっています。欧米とは違います。
プロ野球の試合の前に、今さら国歌で国民の一体感を演出する必要はないと思います。
もう、日本統一は伝統、当たり前、別に国歌なんか歌う必要ない」と言ってもらいたいものです。
外国の猿真似は、止めようよ。

そして、良い歳した大人が、年端もいかない子供が、自分は国を愛していると歌い上げるというのも、気持ち悪いと思います。
自分が住んでいる地域に愛着を感じ良くしたいと思ってもそれは当たり前で、皆で、一致団結して歌うというのは私の美学に反します。
お遊びの前に国歌で国家を意識するって、そもそもヘンとは思わないんでしょうか?

そして、日本の国家は君が代、天皇制ともろに結びついています。
日本国憲法は第1条で「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて」となっていますから、天皇が日本の象徴であることは私も認めておりますが、幸か不幸か、天皇が象徴しているものを尊敬・賛美する気にはなりませんです(中には素敵な人もいますけれどそういう人ばかりではない)
逆に言うと、天皇制が好きな人は国歌(=君が代)を歌いたがるんだろうな、国歌が「インターナショナル」だったら絶対に歌わないくせに、とは理解しております。

で、国歌が「インターナショナル」だった場合ですが、それでも、プロ野球の試合の前に歌うのはダサい、と私は思います。
理由は前述の二つのとおりであります、念のため。

国歌を歌わない奴は非国民と主張する頭の弱い方が本当にいらっしゃるのか、私はイマイチ 自信が持てませんが、たかが歌うだけで表明する愛国心など大したものではないと思う、とだけ指摘しておきます。

ちなみに、日本の統一国家は、神武天皇のころからかどうかは別として、すでに、千年以上の歴史があると言って良いと思いますが、ドイツやイタリアが統一国家となったのは19世紀です、200年も経っていません。
アメリカ合衆国も歴史が浅い人工国家。
イギリスは正式名称が「~連合王国」です。そしてスコットランド独立が今でも話題になる国です。近年まで続いた北アイルランドの紛争もひどいものでした。
フランスの統一国家は比較的 歴史が古いですが、それでも600年ほどですし、現在は移民も多い国です。
各国それぞれの事情があります。
日本はその点、恵まれています。別に優秀なわけではなくて、いろいろな条件の違いがあっての結果であることは言うまでもありません。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

13年4月中旬、徒然に、CCCと秩父観光・脱原発テントほか

2013年4月中旬に考えた、諸々です。長文で済みません。
続いて、電車のお話を投稿いたします。

武雄市立図書館とCCCのこと

佐賀県の武雄市は4月1日から、市立図書館の運営をカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)へ移管しました。
図書館の利用カードがCCCのポイントカード「Tカード」になるという非常識な事態にあきれていたのですが、本日、高田馬場駅近くの本屋さんで『図書館が街を創る。 「武雄市図書館」という挑戦』という書籍を発見してしまいました。
ちょっと立ち読みしただけですが、あの非常識な武雄市をおしゃれで先進的な自治体として紹介する書籍と見ました。発行者は、鉄道ファンにはおなじみのネコ・パブリッシングでした。
なんとなく理解できる、組み合わせです。

図書館については「図書館の自由に関する宣言」という基本原理みたいなものがあり、Tカードの図書館利用カード化は、宣言の中の“図書館は利用者の秘密を守る。”を危うくすると指摘されています。

CCC社は「代官山 蔦屋書店」を開き話題になっています。
講談社発行の、“多様性を考える言論誌”と謳う季刊誌『kotoba』の第11号「本屋に行こう」でも“一度は訪れたい本屋さんの書棚”で紹介されています。
しかしCCCの本社(経営者)は、根本的に物事を誤解しているんじゃないかと思います。
「平和ボケ」してるんじゃないかと。思想、の危険性をわかっているのだろうか。
『kotoba』の編集部も怪しいような。

天皇制を終わりにしてもいいんじゃないとインターネット上で公言しても、JRは国鉄時代の不当労働行為を国労に謝罪すべきと言っても、首相官邸のFBページで北朝鮮寄りのコメントしても、とりあえず、殺されてはいませんけれど、ね。

注意、強欲はアメリカの投資会社だけ?

西武HDの大株主でアメリカの投資会社サーベランスが廃止を求めたという西武秩父線をめぐり、沿線自治体は活発に運動を展開。4月10日は秩父市の市長が西武ホールディングス本社に後藤 高志社長を訪問し、秩父市と日高市の計11万7千人超の署名や、要望書を手渡しました。
後藤社長は「秩父は豊かな自然や歴史、文化があり、経済活動の拠点としても極めて重要なエリア。皆さんの熱いメッセージをしっかり受け止めたい」と応え、サーベラスについて「今後も毅然とした対応をとる」と述べました。4月11日の朝日新聞 埼玉西部版が報じました。

これまで多くの地方路線・鉄道が、経済性を理由に廃止されました。今回の騒動、冷ややかに見ております。

廃止を求めたのはアメリカの強欲な投資会社(サーベラス)というイメージが流布されていますが、投資会社が強欲なのは当然。詐欺師は詐欺をし、投資会社は投資をしているだけ。投資会社に出資してもらったんですから、今更 文句を言うのは筋違い。
また日本でも多くの企業が、「うちは慈善で事業しているわけじゃない」とよく言うわけで、西武鉄道だって同じ。
この投資会社の株式公開買い付けに応じる株主も少なくないようです。日本人でしょう。
ついでに言えば、貧富によって受ける医療の質が違って当然と朝日新聞のインタビューでのたまわった竹中 平蔵氏は、いまだに、大学教授(慶応大学)です。
日本にも強欲な人は少なくないのです。

そういう私も、運賃は安いほうが良いです、が。

経産省前の脱原発テント、裁判になりました、正当防衛?

経済産業省の敷地内に脱原発を主張する市民団体が設置していたテントについて、国は、撤去を求め、3月29日に東京地方裁判所へ提訴しました。

個人的には、国有地を勝手に占拠してはマズいでしょ、と思います。鉄道ファンなんか、私有地で電車を撮っちゃダメ、と上記 ネコ・パブリッシングなどのメディアその他からきつく言われているんですよ、と。

ただ、正当防衛ならば暴力も認められますから、同じ論拠で、勝手なテント設置が合法となる可能性もあるのかな、とも思います。
テント設置が、原発維持という、人を殺すにも等しい暴挙に対する正当防衛として認められる、といった感じです。

しかし、原発維持が、人を殺すにも等しい暴挙とは現在のところ世間一般に認識されていません。
世間一般からはずれて裁判所だけがそれを認めることは、市民団体の皆さんの努力であるかもしれません。
しかし、裁判所だけがそう認めることが、果たして民主主義社会として良いことなのか、私は一抹の不安を感じます。そういった社会への危険性を含めての、正当防衛、という考え方もあるとは思いますが、...。

なお市民団体の皆さんと私は面識はありません。思想も、正確には知りません。
正当防衛云々は私の勝手な推測ですが、そう間違ってはいないと思います。

(20時40分追記)市民団体の皆さんのご努力などで、世間一般も脱原発が当然、原発維持は殺人に等しい暴挙となれば、万事オーライ、ですね。

秩父の観光、新名所を作った住民もいます

サーベランスによる西武HD株式のTOBは成立しそうです。
西武秩父線が廃止されることはないと思いますが、もしかすると、特定運賃になったり、今後はまあ、いろいろあるのかもしれません。
沿線自治体はただ単に廃止反対を訴える物乞いに終わらず、観光地としての秩父の魅力を高める努力が必要と思います。その上で西武鉄道の協力を求める前向きの姿勢がよろしいかと。
交通面では以下のような施策が考えられます。

  • 自動車の乗り入れを規制し地域内の公共交通機関(バスや秩父鉄道)の利便性を向上。
  • 飯能付近に大規模駐車場を整備し西武秩父線での来訪を誘導(秩父鉄道にも同じ施策は可能かと)。
  • 季節・イベント波動が大きい観光客輸送の快適化に補助金を支給。
  • バイオマスや小規模水力で地域内のエネルギーを自給。

いっそのこと、飯能~西武秩父間の旅客営業は西武鉄道から秩父鉄道に移管し、秩父主体で運営するのも面白いかも、と思ったり。

なおこの冬に西武線各駅で、凍った滝みたいな秩父の景勝地の観光ポスターが見られました。
ここは地元の方々が知恵を絞って作り出した名所です。崖を整備、水をまき、見物場所を設置、などの活動が朝日新聞 埼玉西部版に載っていました。
秩父の人々がみな、のんべんだらりなわけではありません。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

自民党・安倍晋三総裁の発言で考えた経済といじめ問題

安倍総裁の金融緩和政策、お仕事を日銀に丸投げ?

121120np

2012年11月20日の朝日新聞朝刊の1面が下の写真です。次の総理大臣と目される、安部晋三=自民党総裁が金融緩和に積極的な発言を続けているので、円安・株高になっていると報じています。

記事は、安倍氏の発言も紹介。
「輪転機をぐるぐる回して、無制限にお札を刷る」とか、「建設国債は日銀に全部買ってもらう」はまだ良いとしても、「日銀には雇用に対しても責任を負わせる」との発言を読んで、笑ってしまいました。
これではまるで、総理大臣の大事なお仕事を日銀に丸投げします、と言っているようなもんだな、と(外交etcほかにも仕事は残りますが)。

人間は景気の奴隷に思えます

1929年の世界恐慌を、アメリカはニューディール政策で乗り越えたと有名です。公共事業を大規模に行いました。

金融緩和、建設国債の増発は、このニューディール政策に通じるのかも知れませんが、当時と今とでは、インフラの状況が大きく異なります。
日本の道路やダムは、もうすでに十分です。

世間の議論を聞いていると、モノ(自動車etc)が必要だから生産するのではなく、雇用を守るために大量に生産せねばならない、景気を良くするためにモノ(自動車etc)を大量に売らねばならない、となっています。
生活を良くするために、景気を良くするために、モノを無理に生産し売っている(=買わされる)ようで、本末転倒。

原発も、電力会社の経営に必要なだけ。なかったら電力不足になるわけでもありません。

本末転倒が多い世の中を正すことを「革命」・「維新」と言うのでしょうし、政治の役割です。
しかし自民党は、世の中の本末転倒を認識できていません。
「第三極」は、どうでしょうか? 石原慎太郎氏や橋下徹氏が大将ではきっと無理でしょう。官僚・統治機構(天皇制は対象外です)の問題に矮小化しておしまい。
そして、民主党は腰砕け。

善意のアナクロ政策、善意のいじめ

上記のように自由民主党の政策は、時代遅れで的外れと私は思うわけですが、自民党の皆さんはそうは思っていないのでしょう。

いじめっ子も、同じなのだと思います。昨日の「自民党=安倍晋三総裁の発言、ヘンな名前の人はいじめられても仕方がない」で私は“他の手段は選択せずに、いじめを選択したのですから、いじめがお好きなのです。”と書きましたが、いじめっ子の当人は、いじめと認めない。
本心ではいじめと分かっていても、自分を正当化。
わざわざ親切でいじめてやっている、と思っているかも。
どうしようもありません。

しかし、あきらめなさい、ただ いじめられていなさい、と被害者には言えません。

いじめられている人は、世の中には教育のつもりでいじめる人もいる、と認識し、聞き流す、やり過ごしてはどうでしょうか。
暴力を振るわれる場合(「体罰」とも言う)には、逃げ出すことも必要でしょう。
世の中には、詐欺師や泥棒もいます。

いじめと忠告、自尊心が大切かな

他人のきつい言葉がすべていじめとも限りません。忠告もあります。
と、なかなか難しいわけです。
ここで論理は飛躍しますが。自尊心、が大事なんだろうな、と思います。

子の自尊心を育むのに求められる親の姿は、“三つ叱って五つほめ七つ教えて子は育つ”だと思います。
上記の朝日新聞1面の下の「天声人語」で紹介されてた言葉です。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

自民党=安倍晋三総裁の発言、ヘンな名前の人はいじめられても仕方がない

安倍 晋三=自民党総裁の人気がなぜ高いかよく分かる発言を、2012年11月16日の朝日新聞朝刊が報じていました。

2012年11月16日朝日新聞朝刊、4面政治欄
2012年11月16日朝日新聞朝刊、4面政治欄

東京都内で講演した安倍氏は、“キラキラネーム”を批判。そういう名前をつけられた子供の多くがいじめられていると紹介。そして「そういう親も指導しなければいけない時代に、もう来ているのかなと思う。」と述べました。

変わった名前の子供をいじめる人を指導するのではなく、変わった名前を付けないよう親を指導するのが安倍晋三流です。
変な名前の人はいじめられても仕方がないという安倍氏と、そして世間は、正されるべきです。
他人を罵倒するコメントを当ブログへ寄せる人も、そういう世間の一環です。

いじめられる人のためを思っていじめているという人、いじめられる人に落ち度があるのだからいじめて良いと考えている人は、ご自身が、いじめを好きであると認識すべきです。
他の手段は選択せずに、いじめを選択したのですから、いじめがお好きなのです。
私は、いじめは好みではありません、いじめをする暇があったら他のことをします。いじめが教育に有効とも思いません。

なお安倍氏は講演の中で“キラキラネーム”の例として、「光宙」(読みはピカチュウ)や「愛猫」(キティ)、「礼」(ペコ)を紹介したそうです。本当にそんな名前の人はいるのかな、安倍氏は誰かに騙されているんじゃない、と思ったりもしますが、...。

本名が「光宙」(ピカチュウ)な人に出会ったら、私は一瞬、笑ってしまうと思います。私の常識にはない状況です。
だからと言って、親を指導せねばならない、とは思いません。そんなにひどいことでしょうか?

そんな指導をしている暇があったら、レール締結金具のボルトはきちんと締めておくように鉄道会社を指導してほしいものです。海外で買春らしき行為をし、それを隠し撮りされてテレビで放映されたら選挙に立候補しないような指導も、自民党員には必要かと。

いずれにしても、いじめはいけません。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

木で鼻くくる舞台芸術の祭典と、西武・車内中吊広告の現代アート

2012年11月10日(土)朝の、池袋西口公園です。広場の中央が立入禁止になっています。
右端の幟は「フェスティバル/トーキョー」という、自称 舞台芸術の祭典のものです。
立入禁止区域は、MS ゴシックフォントなんでしょうか、無愛想に「立入禁止」と書かれた紙が下がった紐で囲まれていました。お役人の都合により立入禁止、を感じます。

121110ike

石原 慎太郎・前東京都知事の息子に(自称)芸術家がいて、石原都知事(当時)がエコヒイキしたと問題になった事がありました(「トーキョーワンダーサイト」事業)。
その類の、お役所事業なんでしょうか。
お昼は、立入禁止の中でネパール人っぽい20歳代っぽい男性5・6名が作業していました。

一方、下の写真も11月10日朝に撮影。
飢餓と飽食が隣り合わせの世界が、車両連結面の目立たない空間に現れていました。
これこそ現代芸術、かと。車両中央の目立つ場所でないことが、ミソです。

121110ike2

西武鉄道の車内中吊り広告です。
左側の「WFP」は“国際連合世界食糧計画”です。
右側は「西武のフィットネス」で、計3種類あったと思います。この組み合わせは一部の車両で見られます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧