2017年4月15日 (土)

2017年3月25日、西武秩父駅から秩父鉄道SL列車が出発

2017年3月25日 12時20分ころ、出発したSL列車。右は20分ほど遅れの11レで到着した10103F(プラチナ)。
2017年3月25日
12時20分ころ
出発したSL列車。

2017年3月25日(土)・26日(日)は秩父鉄道のSL列車「パレオエクスプレス」が西武秩父駅から出発しました。三峰口駅で折り返し、秩父駅までの短縮営業。秩父鉄道線内は通常のSL列車のスジでの運転と思います。

26日は天気が悪かったので見に行っていませんが、25日は到着から発車まで、見ることができました。

電気機関車 デキ201に牽引され、影森駅から西武秩父駅2番ホームへ11時29分ころに回送されてきたSL列車です。

2017年3月25日 11時28分、西武秩父、影森方から到着するSL列車の回送。
2017年3月25日 11時28分、西武秩父
影森方から到着するSL列車の回送。

その後、3番ホームに4015Fの5019レが到着。左隣りは通過する秩父鉄道の普通列車。

2017年3月25日 11時33分ころ、西武秩父、4015Fの5019レと出発を待つSL列車。
2017年3月25日 11時33分ころ、西武秩父
4015Fの5019レと出発を待つSL列車。

SL列車が待機する2番ホームの案内表示には、この日から運転開始の「S-TRAIN」や、「元町・中華街」が入っていました。

2017年3月25日、西武秩父、「S-TRAIN」の文言が入った2番ホームの表示とSL列車。
2017年3月25日、西武秩父

「S-TRAIN」などの文言が入った2番ホームの表示とSL列車。

SL付近では「S-TRAIN」の西武秩父乗り入れ記念でやって来た鉄道アイドルさんと西武鉄道の着ぐるみさんの記念撮影会が始まり、私もちょっとだけ。

2017年3月25日、西武秩父、SL列車の先頭部付近での鉄道アイドルさんたちが記念のポーズ。
2017年3月25日、西武秩父

SL列車の先頭部付近での鉄道アイドルさんたちが記念のポーズ。

発車が迫ったSL列車、黒煙が上がっていました。
隣には、秩父鉄道のラッピング列車と、0分ほど遅れの11レで到着した西武鉄道プラチナの10103F。

2017年3月25日 12時15分ころ、西武秩父、両手に花?の発車間近のSL列車。
2017年3月25日 12時15分ころ、西武秩父
両手に花?の発車間近のSL列車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

2017年1月7日・8日の西武秩父駅始発の秩父鉄道SL列車

2017年1月7日(土)・8日(日)は秩父鉄道の「SLパレオエクスプレス」が西武秩父駅始発で運転されました。

2017年1月8日 12時4分頃、西武秩父、右から1番ホームの10103F・26レ、2番ホームのSL列車、4021Fの5030レ。
2017年1月8日 12時4分頃、西武秩父

右から1番ホームの10103F・26レ、2番ホームのSL列車、4021Fの5030レ。

2017年1月7日 12時20分頃、西武秩父、2番ホームから三峰口駅へ発車したSL列車。
2017年1月7日 12時20分頃、西武秩父
2番ホームから三峰口駅へ発車したSL列車。
2017年1月7日 14時24分頃、影森、通過するSL列車。最後尾に黄色い電気機関車がついてます。隣の西武4000系は4019Fで夕方の2004レで西武へ戻って来ました。
2017年1月7日 14時24分頃、影森

通過するSL列車。最後尾に黄色い電気機関車がついてます。隣の西武4000系は4019Fで夕方の2004レで西武へ戻って来ました。

1月8日(日)は朝早くに秩父へ行って、送り込みの回送を主に撮影。
まずは和銅黒谷駅。西武4000系のS2列車とSL列車回送が交換しました。右端の線路をSL回送列車が通るかなと思ってこちらで撮ったのでした。

2017年1月8日 9時11分頃、和銅黒谷、西武4003FのS2列車と通過するSL列車の回送列車。
2017年1月8日 9時11分頃、和銅黒谷

西武4003FのS2列車と通過するSL列車の回送列車。

2017年1月8日 9時11分頃、和銅黒谷、通過するSL列車の回送列車。
2017年1月8日 9時11分頃、和銅黒谷
通過するSL列車の回送列車。

SL列車の送り込み回送は秩父駅で休憩してました。
西武池袋線1001レで秩父鉄道へ入った4003Fと、1003レで入った4015Fも並んでました。

2017年1月8日、秩父、1513レ車内から停車中のSL列車の回送列車を撮影。右端はS4レの西武4015F、その左が留置中の西武4003F、
2017年1月8日、秩父

1513レ車内から停車中のSL列車の回送列車を撮影。右端はS4レの西武4015F、その左が留置中の西武4003F、

SL列車の送り込み回送は影森駅へ11時7分に到着。1528レと同着くらいでした。
折り返しは11時22分頃の発車、西武秩父駅へ向かいました。

2017年1月8日11時7分頃、影森、到着するSL列車の回送と1528レ。左端は留置中の西武4007F。
2017年1月8日11時7分頃、影森

到着するSL列車の回送と1528レ。左端は留置中の西武4007F。
開いている踏切内からの撮影です。

2017年1月8日11時22分頃、影森、黄色のデキ502が牽引し西武秩父駅へ折り返すSL列車の送り込み回送。
2017年1月8日11時22分頃、影森

黄色のデキ502が牽引し西武秩父駅へ折り返すSL列車の送り込み回送。

下から2番目の写真で左端は留置中の西武4007F、西武池袋線2004レが(<-飯能)4015F+4007Fだったので1003レで秩父鉄道へ入ったはずです。

8日午前は、前日にTOMOさんからいろいろお聞きした情報を参考に、行動させていただきました、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

2017年1月4日は箱根へ行ってきました

2017年1月4日(水)は箱根へ行ってきました。
乗車していたE233系普通列車は国府津駅で251系(1990年登場の27年選手とは思えません)の「スーパービュー踊り子3号」に追い抜かれました。

2017年1月4日 10時33分頃、国府津、251系下り特急「スーパービュー踊り子3号」に追い抜かれるE233系普通列車。
2017年1月4日 10時33分頃、国府津

251系下り特急「スーパービュー踊り子3号」に追い抜かれるE233系普通列車。

小田急の小田原駅です。
後ろ4両を残し発車した60000形6両編成の下り特急「はこね11号」と、小田原~箱根湯本間を折り返す赤色の1000形。
残された4両は電留線へ入りました。

2017年1月4日 10時52分頃、小田原、発車した60000形6両編成の下り特急「はこね11号」と区間運転用の赤色1000形。
2017年1月4日 10時52分頃、小田原

発車した60000形6両編成の下り特急「はこね11号」と区間運転用の赤色1000形。

2017年1月4日 10時55分頃、小田原、残された60000形4両は電留線に入りました。
2017年1月4日 10時55分頃、小田原
残された60000形4両は電留線に入りました。

特急車両の前面には新年「酉年」のヘッドマークが付いていました。

箱根湯本駅からの登山電車は3両編成。新型車アレグラ・3000形にも出会えました。

2017年1月4日 11時37分、箱根湯本、103ほかの3両編成。
2017年1月4日 11時37分、箱根湯本、103ほかの3両編成。
2017年1月4日 12時31分、箱根湯本、2003ほかの2連にアレグラが合体した3両編成。
2017年1月4日 12時31分、箱根湯本
2003ほかの2連にアレグラが合体した3両編成。

早めに帰りました。
入生田駅付属の車庫には半透明シートに覆われた中間車がいました。三線軌道はここまで。

2017年1月4日、入生田、小田原方にある車庫。
2017年1月4日、入生田、小田原方にある車庫。

風祭駅に到着する小田急7000形の下り特急はこね号。少し遅れていました。

2017年1月4日 12時51分頃、風祭、上り列車の車内から小田急7000形下り特急を撮影。
2017年1月4日 12時51分頃、風祭
上り列車の車内から小田急7000形下り特急を撮影。

風祭駅を発車すると上り勾配にかかり、途中から前方に海が見えました。

2017年1月4日、箱根板橋~風祭
2017年1月4日、箱根板橋~風祭

往路、池袋駅から乗った埼京線の電車が山手線のE235系を追い抜いたので恵比寿駅で到着を撮影。

2017年1月4日 9時2分頃、恵比寿、E235系の内回り列車。
2017年1月4日 9時2分頃、恵比寿、E235系の内回り列車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

2016年12月27日・28日は糸魚川まで行ってきました、その2、朝の糸魚川駅

2016年12月28日(水)は午前5時50分頃に糸魚川駅に入りました。
5時50分に1番ホームをEF510牽引の貨物列車が通過、6時0分に3番ホームへ泊りゆき1624Dが発車、ときどき雪も降り始めました。

中線には前夜から留置と思われる(<-直江津)クモハ413-2+モハ413-2+クハ412-2の3両編成が寝ていました。
6時14分頃に乗務員さん1名が車内に入り、パンタグラフが上昇。
6時18分には2両編成の1621Dが1番ホームへ到着。

2016年12月28日 6時18分頃、糸魚川、左から大糸線のキハ120・中線の413系3連・1番ホームへ到着の1621D2連。
2016年12月28日 6時18分頃、糸魚川

左から大糸線のキハ120・中線の413系3連・1番ホームへ到着の1621D2連。

そして6時32分に金沢ゆき528Mとなる あいの風とやま鉄道の521系2+2連((<-直江津)クモハ521-4+クハ520-24+クモハ521-6+クハ520-6)が直江津方から2番ホームへ入線しました。

2016年12月28日 6時32分頃、糸魚川、直江津方から2番ホームへ入線した521系2+2連と中線で準備中の413系3連。
2016年12月28日 6時32分頃、糸魚川

直江津方から2番ホームへ入線した521系2+2連と中線で準備中の413系3連。

3番ホームへET122-4の泊りゆき1626Dが到着、先発する隣の528Mへ乗り換える乗客も見られました。

2016年12月28日 6時38分、糸魚川、3番ホームに到着する1626D(右)と先発の528M。
2016年12月28日 6時38分、糸魚川
3番ホームに到着する1626D(右)と先発の528M。

528Mは6時41分に発車。
6時46分にはEF510牽引の下りコンテナ貨物列車が1番ホームを通過。

2016年12月28日 6時45分頃、糸魚川、2番ホームから1番ホームを通過する下りコンテナ貨物列車を撮影。切り欠きの4番ホームは大糸線。
2016年12月28日 6時45分頃、糸魚川

2番ホームから1番ホームを通過する下りコンテナ貨物列車を撮影。切り欠きの4番ホームは大糸線。

6時52分ころに2両編成の1623Dが1番ホームに着発。このころには少し明るくなりましたが、雪と風が時に強くなりなかなか大変でした。

2016年12月28日 6時54分頃、糸魚川、中線の413系と発車した2連の1623D(右奥)。
2016年12月28日 6時54分頃、糸魚川
中線の413系と発車した2連の1623D(右奥)。

3番ホームにいた1623Dは6時56分頃に泊へ発車。
そして中線にいた413系3連は7時4分頃に直江津方へ移動し、7時12分に2番ホームへ入線。
ET122-8の1628Dが3番ホームへ7時28分に到着し、413系に乗り継ぐお客さんも見られました。413系の高岡ゆき534Mは7時31分に発車。

2016年12月28日 7時28分頃、糸魚川、2番ホームに停車中の413系高岡ゆき534Mと、3番ホームに到着する1628D。
2016年12月28日 7時28分頃、糸魚川

2番ホームに停車中の413系高岡ゆき534Mと、3番ホームに到着する1628D。

直江津方の電留線にいた485系は7時35分頃に直江津方へ移動し、3番ホームに止まっていた1628DだったET122-8も7時41分頃に直江津方へ移動。
そして単行の直江津ゆき1625Dが7時45分頃に1番ホームから発車。

2016年12月28日 7時46分頃、糸魚川、1番ホームから発車した単行の1625Dと待機中の485系。
2016年12月28日 7時46分頃、糸魚川

1番ホームから発車した単行の1625Dと待機中の485系。
写真はトリミングしていますが、実際は、485系はホームから500メートルほどでしょうか、遠くにいます。間に陸橋があります。

7時49分頃に485系は2番ホームへ据え付けられました。

2016年12月28日 7時51分頃、糸魚川、2番ホームに停車中のJR485系の8621M・快速 新潟ゆき。手前は大糸線のキハ120形。
2016年12月28日 7時51分頃、糸魚川

2番ホームに停車中のJR485系の8621M・快速 新潟ゆき。手前は大糸線のキハ120形。

7時54分頃に2連の泊ゆきが3番ホームへ到着。
7時56分頃にEF510牽引の下りコンテナ貨物列車が1番ホームと2番ホームの間の中線に到着しました。

485系の新潟ゆき快速 8621Mは糸魚川駅を定刻の7時58分に発車。編成内のグリーン車は、えちごトキめき鉄道線内は無料、直江津からのJR線内はグリーン県が必要、とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

2016年12月27日・28日は糸魚川まで行ってきました、その1

新潟県・糸魚川へ2016年12月27日(火)・28日(水)に行ってきました。
列車の都合でたまたま宿泊を予約したら、その翌日あたりに糸魚川で大火が発生しました。

国分寺からJR中央線へ入り、普通列車で松本まで行きました。
南小谷ゆきの特急あずさ3号が松本駅を発車するところです。後ろの2両は解結されて松本止まり。

2016年12月27日 10時29分頃、松本、後ろ2両を残して発車した下り特急あずさ3号(左側)。
2016年12月27日 10時29分頃、松本
後ろ2両を残して発車した下り特急あずさ3号(左側)。
2016年12月27日 10時35分頃、松本、駅北側の引き上げ線で折り返し車庫に入る後ろ2両。
2016年12月27日 10時35分頃、松本

駅北側の引き上げ線で折り返し車庫に入る後ろ2両。
左側は高尾ゆきの211系。奥にはE353系がいました。

長野県内にはJR東海の車両が結構 乗り入れているようで、313系電車を多く見かけました。
JR東日本とJR東海の特急列車の並びも、自分には新鮮でした。

2016年12月27日 11時9分頃、松本、JR東海373系の下り特急「しなの」号とJR東日本E351系の上り特急「あずさ」号。
2016年12月27日 11時9分頃、松本

JR東海373系の下り特急「しなの」号とJR東日本E351系の上り特急「あずさ」号。

松本からは大糸線に乗車。乗ったことがなかったです。
進行方向左側の車窓には北アルプスがあるのでしょうが、雨模様でした。山の裾の間の広い谷間が森で埋まっているような地形が見られました。

2016年12月27日 12時13分頃、大糸線・安曇沓掛~信濃常盤駅間?、沿線左側の山並み。広い谷が森で埋まっているように見えました。
2016年12月27日 12時13分頃、大糸線・安曇沓掛~信濃常盤駅間?

沿線左側の山並み。広い谷が森で埋まっているように見えました。

山の中に結構大きな湖もありました。世の中には芦ノ湖や中禅寺湖など、そういう湖は珍しくはないのでしょうが。

南小谷駅では1時間強、待ち時間がありました。雨が降り風も強く、歩き回れる状況ではなかったですが、駅近くの踏切からJR東日本の電車とJR西日本の気動車の並びを撮影。

2016年12月27日 14時20分頃、南小谷、左からあずさ26号のE257系・5327Mで到着したE127系・430Dで到着したキハ120形。
2016年12月27日 14時20分頃、南小谷

左からあずさ26号のE257系・5327Mで到着したE127系・430Dで到着したキハ120形。

429Dで糸魚川へ到着しました。
左側の2番ホームに えちごトキめき鉄道の気動車が止まっていました、国鉄時代ならば絶対にこのキハ120形の方へ発車するはずなので待っていたら、直江津ゆきの1641Dは逆側へ去り、並びを撮ることはできませんでした。
代わりに屋内で保存中のキハ52とのツーショット。

2016年12月27日
2016年12月27日 15時48分頃、糸魚川

4番ホームに停車中の大糸線キハ120の奥に、展示中のキハ52が見えました。
左横の2番ホームには えちごトキめき鉄道の気動車が止まっていました。

直江津から到着した糸魚川止まりの1640Dです。折り返し1643Dとなり直江津へ戻りました。
カラフルなこの車両はきっとET122-7です。車両番号の表記を見つけられなかったです(きっと奥側の側扉脇にあるはず)

2016年12月27日 16時12分頃、糸魚川、直江津方から16時9分に到着した えちごトキめき鉄道のカラフルな気動車。
2016年12月27日 16時12分頃、糸魚川

直江津方から16時9分に到着した えちごトキめき鉄道のカラフルな気動車。

この後、屋内保存中のキハ52と、その奥にある鉄道模型レイアウトを見学し(糸魚川市でオンブズマン活動に関わっていたら批判する側にいただろうなと思いました)、ホテルにチェックイン。
もう暗かったですが、日本海くらいは見たいなとそちらの方向へ歩くと、大火の関係と思いますが、見晴台らしきところへの地下道は封鎖中。
海を見たいなと、海沿いの、大型トラックが行き交う道路の歩道を歩くも、雨が降り風は強く傘が壊れそう、海側に歩道があるかも分からず、間近に海を見るのは諦め、適当に市内を歩いていたら、保存中のC12とテレビ中継車の並びに出会い、そして大火の現場を通り抜け(まだ少し焼け焦げた臭いがしました)、適当に歩いていたら少し高くなっているところから日本海の波しぶきを目撃できました。
途中の駅ビル内で、大火の被災者ですかと、NHKを名乗る男性に話しかけられました、私の上着は汚いので、焼け出されたと思われても仕方がないでしょう、正直に答えて足早に立ち去りました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

2016年12月13日、JRで銚子へ行ってきました

2016年12月13日(火)は青春18切符で銚子へ行ってきました。

JR千葉駅。知らないうちにきれいな橋上駅舎となり、高架ホームから地上の改札階に降りる階段は閉鎖。

2016年12月13日、千葉、7番ホームに上り列車が到着。
2016年12月13日、千葉、7番ホームに上り列車が到着。

昼前の銚子駅近く。自衛隊のトラックが3台、海の方に走って行きました。近くで戦争の練習をしているのでしょうか?

2016年12月13日、銚子駅近く、自衛隊のトラック3台。
2016年12月13日、銚子駅近く、自衛隊のトラック3台。

銚子電鉄・外川駅。展示なのか、以前に走っていた車両が終端側に留置されていました。

2016年12月13日、外川駅、新旧の車両が縦列停車。
2016年12月13日、外川駅、新旧の車両が縦列停車。

銚子電鉄・外川駅近くの港。漁具の盗難事件があったので立ち入り禁止、とのこと。
中国人がわざわざここに盗みに来たってことはないよなと思いつつ、ここは誰の私有地と思ったりも。
太平洋を間近に見れず、がっかりでした。

2016年12月13日、外川駅近く、漁港の立ち入り禁止区域。
2016年12月13日、外川駅近く
漁港の立ち入り禁止区域。

銚子電鉄は日中は1個列車が行き来しているだけなようで、この日は(<-外川)3501+3001が走っていました。3001の車内はご覧のようなイルミネーション仕様。
天井に貼られたLED付き網が垂れ下がり、網棚の荷物の取り卸しに引っかかりそうでした。網棚や手すりのパイプに付いたLEDは透明パイプ入りなので荷物をぶつけても壊れたりはしなそうでした。

2016年12月13日、外川駅、LEDイルミネーションの3001の車内。
2016年12月13日、外川駅
LEDイルミネーションの3001の車内。

12時50分頃の銚子駅。209系4両編成の356M千葉ゆきが発車。右は255系の特急「しおさい」10号。12時30分に到着した「しおさい」3号の折り返しと思います。
内房線はお昼の特急がなくなってしまいましたが、こちらはまだ健在、とは言え9両編成はかなり輸送力過剰とは思います。

2016年12月13日 12時50分頃、銚子、発車した356Mの209系4連と1時間半ほど休憩の255系「しおさい」10号。
2016年12月13日 12時50分頃、銚子

発車した356Mの209系4連と1時間半ほど休憩の255系「しおさい」10号。

時間は戻って、8時20分頃の東京駅、総武快速線ホーム。215系が3番ホームに停車していました。「湘南ライナー」6号の3726Mで到着したのでしょう。

2016年12月13日 8時20分頃、東京、左がクモハ215-103ほか。
2016年12月13日 8時20分頃、東京、左がクモハ215-103ほか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

2016年8月14日の千葉の鉄道で印象的だったこと二つ

8月も14日になっても更新してないのはマズいかな、ということで、本日出かけた千葉で印象に残ったことを二つ。

新京成はほとんどがピンク&ホワイト電車、側窓広告に生活感あふれる

新京成の電車はほとんどが、腰回りがピンクで、上半分がホワイトの、都会的な塗装の電車になっていました。
一方で、車外からも見える側窓ステッカー広告は、「お片付けします」とか、地元のクリーニング屋さんとか、地に足付いたものとなっていました。

2016年8月14日、京成津田沼、千原台ゆき京成3500形4連と松戸から到着する新京成8800系。
2016年8月14日、京成津田沼
千原台ゆき京成3500形4連と松戸から到着する新京成8800系。
2016年8月14日、京成津田沼、新京成8800系の並び。
2016年8月14日、京成津田沼、新京成8800系の並び。
2016年8月14日、千葉中央、新京成8803-1。側窓広告はヘアサロンと店舗・オフィス用エアコン設置・保守会社。
2016年8月14日、千葉中央、新京成8803-1。
側窓広告はヘアサロンと店舗・オフィス用エアコン設置・保守会社。

改良工事中のJR千葉駅、階段の中央(垂直方向)に立つ柱

JR千葉駅は改良工事中で、工事の囲いばかりで雑然としているのですが、内房線3・4番ホームの館山方階段は、垂直方向真ん中あたりに大きな柱が立って幅が半分ほどになっていました。

2016年8月14日、JR千葉駅、内房線3・4番ホームの館山方階段。
2016年8月14日、JR千葉駅
内房線3・4番ホームの館山方階段。

多くの階段が工事囲いで本来の半分ほどの幅になっていたので、この階段はまだマシな部類です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

福井の「フェニックス田原町ライン」を見てきました

2016年7月10日(土)と11日(日)は福井へ行き、この春に始まった、福井鉄道とえちぜん鉄道の相互直通運転「フェニックス田原町ライン」を見てきました。

朝に2本ある、福大前西福井ゆき(越前武生発)の2本目です。F1002編成。
福大前西福井駅では下り方面の1番ホームへ到着し、そこからそのまま越前武生へ折り返して行きました。

2016年7月10日 8時0分頃、市役所前、F1002編成の福大前西福井ゆき。
2016年7月10日 8時0分頃、市役所前
F1002編成の福大前西福井ゆき。
2016年7月10日 8時15分頃、福大前西福井、F1002編成の越前武生ゆき。
2016年7月10日 8時15分頃、福大前西福井
F1002編成の越前武生ゆき。

福井鉄道線内を走るえちぜん鉄道の乗り入れ車両。7月10日11時21分にサンドーム西駅を通過した急行の鷲塚針原ゆきです。

2016年7月10日 11時21分頃、サンドーム西、えちぜん鉄道車両(L-02編成)の急行 鷲塚針原ゆき。
2016年7月10日 11時21分頃、サンドーム西
えちぜん鉄道車両(L-02編成)の急行 鷲塚針原ゆき。
2016年7月11日10時19分頃、赤十字前、L-01編成の越前武生ゆき急行。
2016年7月11日10時19分頃、赤十字前
L-01編成の越前武生ゆき急行。

えちぜん鉄道の乗り入れ車両は2両編成で、福井鉄道の3両編成に比べると短く、ちょっと、かわいい感じ。愛称「ki-bo」(キーボ)は、それらしいです。
鷲塚針原 9時49分発の、急行 越前武生ゆき一番列車から運用に入っていました。

えちぜん鉄道側の、乗り入れの端となった鷲塚針原駅です。右端の低床ホームで、福井鉄道のF1001編成が折り返しを待っている隣に、三国港からやって来たえちぜん鉄道の2両編成(7010ほか)の2両編成列車の福井ゆきです。

2016年7月10日 13時40分頃、鷲塚針原、7010ほかの福井ゆき2両編成と発車を待つF1001の急行 越前武生ゆき。
2016年7月10日 13時40分頃、鷲塚針原
7010ほかの福井ゆき2両編成と発車を待つF1001の急行 越前武生ゆき。

鷲塚針原駅の低床ホームに到着した「ki-bo」ことL-01編成は、乗務員さん(車掌?は男性)が窓ガラスを拭いたり、掃除していました。
そして珍しく2両編成の三国港ゆきが12時30分に到着。

2016年7月11日 12時30分頃、鷲塚針原、折り返しを待つL-01編成と7008ほかの三国港ゆき。
2016年7月11日 12時30分頃、鷲塚針原
折り返しを待つL-01編成と7008ほかの三国港ゆき。

相互直通運転は超低床車だけかと思っていたら、福井鉄道の在来車(と言っても数年前に名鉄からやって来たわけですが)も使われていました、鷲塚針原駅からえちぜん鉄道を走って15時4分頃に田原町駅へ到着した、福井鉄道の773ほかの2両編成です。

2016年7月10日 15時4分頃、田原町、鷲塚針原から到着した773ほかの急行 越前武生ゆき。
2016年7月10日 15時4分頃、田原町
鷲塚針原から到着した773ほかの急行 越前武生ゆき。

7月11日10時50分頃に商工会議所前~赤十字前間を走る776ほかの急行 鷲塚針原ゆき。

2016年7月11日 10時50分頃、商工会議所前~赤十字前、776ほかの急行 鷲塚針原ゆき。
2016年7月11日 10時50分頃、商工会議所前~赤十字前、776ほかの急行 鷲塚針原ゆき。

超低床車ばかりではない福井鉄道からえちぜん鉄道への乗り入れ、新田塚駅では福井鉄道777ほかの急行 越前武生ゆきが、7005ほかの三国港ゆき到着後、発車して行きました。

2016年7月11日 14時55分頃、新田塚、福井鉄道777ほかの急行 越前武生ゆきと7005ほかの三国港ゆき。
2016年7月11日 14時55分頃、新田塚
福井鉄道777ほかの急行 越前武生ゆきと7005ほかの三国港ゆき。

相互直通運転は、両社の超低床車2本ずつが担当で、ほかに福井鉄道の770形2本が予備車になっているそうです。
7月10日(日)はL-01編成を見かけず、11日(月)はL-02編成を見ませんでした(福井口の車庫の建屋内にいるのは見ました)。
代わりに福井鉄道の770形が担当したようです。10日・11日ともに、越前武生10時14分発の、急行 鷲塚針原ゆき2番列車からの運用に入っていました。
なお7月11日(月)の776+777の場合、相互直通運用に入る前は、田原町7時40分発 普通・越前武生ゆきに入っていたので、越前武生6時45分発の急行 田原町ゆきもこの編成だったかもしれません。

JR福井駅前。
以前の福井駅前の福井鉄道は、撮影場所の背後、商店街の路上で乗り降りしていました。この3月27日にJR駅側へ延伸し駅前広場へ乗り入れ、立派なターミナルとなりました、1時間に2本しか運転がない(越前武生ゆき)のが玉に瑕、ですが。

2016年7月11日 17時45分頃、福井駅、発車した普通 越前武生ゆき。
2016年7月11日 17時45分頃、福井駅、発車した普通 越前武生ゆき。

イカロス出版の「路面電車EX 2016 Vol.7」掲載の清水省吾著『福井に日本初の本格的トラムトレインによるLRTが誕生』を参考にさせていただきました。
広島電鉄宮島線もトラムトレインだと思いますが、広島より人口密度が低い地方都市のこの試みは勇敢と思います。
信用乗車制度・IC乗車券や運転本数増加などで、さらなるLRT化を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日・11日の福井鉄道の様子

2016年7月10日(日)と11日(月)の福井鉄道の様子です。

7月11日(月)朝のラッシュが終わったと思われる、江端駅9時32分発の普通 越前武生ゆき。
「ワンマン」表示がないので車掌乗務と思われます、ラッシュ時間帯の福井駅方面ゆきはワンマンだったのに、不思議です。

2016年7月11日 9時32分頃、江端、881ほかの越前武生ゆき。
2016年7月11日 9時32分頃、江端、881ほかの越前武生ゆき。

10時23分頃に商工会議所前~赤十字前間を走る882ほかの普通 武生ゆき。これも車掌乗務な模様。

2016年7月11日 10時23分頃、商工会議所前~赤十字前、882ほかの越前武生ゆき。
2016年7月11日 10時23分頃、商工会議所前~赤十字前
882ほかの越前武生ゆき。

10時53分頃に商工会議所前~赤十字前間の併用軌道を走る887ほかの普通 越前武生ゆき。これも車掌乗務な模様。

2016年7月11日 10時53分頃、商工会議所前~赤十字前、887ほかの越前武生ゆき。
2016年7月11日 10時53分頃、商工会議所前~赤十字前
887ほかの越前武生ゆき。

11時10分頃に足羽山公園口~商工会議所前間の併用軌道を走る880ほかの普通 田原町ゆき。これも車掌乗務な模様。

2016年7月11日 11時10分頃、足羽山公園口~商工会議所前間、880ほかの田原町ゆき。
2016年7月11日 11時10分頃、足羽山公園口~商工会議所前間
880ほかの田原町ゆき。

11時22分頃に市役所前~足羽山公園口間で610の急行 田原町ゆきと、F1003の普通 越前武生ゆき(ワンマン)がすれ違いました。

2016年7月11日 11時22分頃、市役所前~足羽山公園口、610の急行 田原町ゆきとF1003の普通 越前武生ゆき。
2016年7月11日 11時22分頃、市役所前~足羽山公園口

610の急行 田原町ゆきとF1003の普通 越前武生ゆき。

11時30分頃の市役所前駅。福井駅から戻って来た880ほかの普通 田原町ゆき(車掌乗務)と、774ほかの普通 越前武生ゆき(ワンマン)。
これ以降の列車はワンマン運転となったようです。

2016年7月11日 11時30分頃、市役所前駅、左が774ほかの普通 越前武生ゆき、右が福井駅から戻って来た880ほかの普通 田原町ゆき(非ワンマン)。
2016年7月11日 11時30分頃、市役所前駅

左が774ほかの普通 越前武生ゆき、右が福井駅から戻って来た880ほかの普通 田原町ゆき(非ワンマン)。

7月10日(日)に戻ります。
サンドーム西駅を10時8分頃に通過した888ほかの武生方面ゆき回送列車です。「回送」表示は貼り紙ぽかったです。

2016年7月10日 10時8分頃、サンドーム西、888ほかの武生方面ゆき回送列車。
2016年7月10日 10時8分頃、サンドーム西
888ほかの武生方面ゆき回送列車。

14時17分頃の市役所前駅、奥が福井駅から越前武生へ向かうため折り返すF1003編成。
左は越前武生からやってきた777ほかの田原町ゆき、この後 F1003と同様に折り返し、福井駅への支線へ入りました。

2016年7月10日 14時17分頃、市役所前、折り返し越前武生へ向かうF1003と、待ちぼうけの福井駅経由・田原町ゆき777ほか。
2016年7月10日 14時17分頃、市役所前

折り返し越前武生へ向かうF1003と、待ちぼうけの福井駅経由・田原町ゆき777ほか。

7月11日(月)に戻ります。
夕方になり、市役所前駅の道路も混んできました。17時20分ころ、武生から福井駅へ向かう、田原町ゆき普通の881ほかです。福井駅着発最終の田原町ゆきではありませんが、非ワンマンでした。

2016年7月11日 17時20分頃、市役所前、折り返す田原町ゆき881ほかの普通(非ワンマン)。
2016年7月11日 17時20分頃、市役所前
折り返す田原町ゆき881ほかの普通(非ワンマン)。

市役所前駅の17時25分の急行 田原町ゆきも610形の2両編成でした。

2016年7月11日 17時25分頃、市役所前、市役所前駅手前の交差点で信号待ちの610形2両編成の急行 田原町ゆき。
2016年7月11日 17時25分頃、市役所前

市役所前駅手前の交差点で信号待ちの610形2両編成の急行 田原町ゆき。

福井駅から田原町へ向かう、この日 最後の普通列車です。773ほか。

2016年7月11日 18時0分頃、市役所前、773ほかの田原町ゆき普通。
2016年7月11日 18時0分頃、市役所前、773ほかの田原町ゆき普通。

福井鉄道には名古屋鉄道からやって来た部分超低床車の800形が2両いますが、私は10日に1回 見ただけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日(月)の福井鉄道の朝のラッシュ輸送

2016年7月11日(月)は福井駅発の一番電車には乗り遅れてしまい、2番電車で郊外の適当な駅をさがし、江端駅で3時間ほど撮影しました。

平日朝は3本が設定されている福井駅ゆき各停の2本目です、車両は882ほか、江端駅7時4分発。

2016年7月11日 7時4分頃、江端、普通 福井駅ゆき。
2016年7月11日 7時4分頃、江端、普通 福井駅ゆき。

773ほかの普通 越前武生ゆきと、F1001の普通 福大前西福井ゆき(えちぜん鉄道直通)のすれ違い。
江端駅での上下列車の交換は、武生ゆきが先に到着しドア扱い終了、しばらく待つと福井駅方面ゆきが入線し停止前に、武生ゆきが発車のパターンが多かったです。

2016年7月11日 7時27分頃、江端、773ほかの越前武生ゆきとF1001の福大前西福井ゆき。
2016年7月11日 7時27分頃、江端
773ほかの越前武生ゆきとF1001の福大前西福井ゆき。

F1003の急行 田原町ゆき、7時35分頃に江端駅を通過。両方向とも通過列車は、直線の武生方面行きの線路を通過していました。
このF1003編成はえちぜん鉄道乗り入れ運用にはまだ入っていなかったです。

2016年7月11日 7時35分頃、江端、通過するF1003の急行 田原町ゆき。
2016年7月11日 7時35分頃、江端
通過するF1003の急行 田原町ゆき。

2本目の福大前西福井ゆきはF1002が江端駅へ先に到着し、平日朝に1本だけ設定されている福井駅発の区間急行 越前武生ゆきとすれ違い、7時49分に発車。

2016年7月11日 7時49分頃、江端、F1002の普通 福大前西福井ゆきと区間急行 越前武生ゆきがすれ違い。
2016年7月11日 7時49分頃、江端
F1002の普通 福大前西福井ゆきと区間急行 越前武生ゆきがすれ違い。

まったく予期していないかった610形2両編成が、7時55分頃に急行 田原町ゆき(同駅 8時12分着)で通過。

2016年7月11日 7時55分頃、江端、通常は武生方面行きのホームを通過する610形2両編成の急行 田原町ゆき。
2016年7月11日 7時55分頃、江端
通常は武生方面ゆきのホームを通過する610形2両編成の急行 田原町ゆき。

この610形は田原町駅到着後1時間ほど留置されるようで、折り返しは、江端駅9時51分頃通過の急行 越前武生ゆき(田原町駅 9時32分発)でした。
日中も急行列車で走っていました。

福大前西福井駅から戻って来たF1001編成の越前武生ゆきが8時21分に到着、3分ほど遅れてやって来た田原町ゆきの886ほかの停止を待たずに、発車して行きました。

2016年7月11日 8時24分頃、江端、発車したF1001の越前武生ゆきと到着する886ほかの田原町ゆき。
2016年7月11日 8時24分頃、江端
発車したF1001の越前武生ゆきと到着する886ほかの田原町ゆき。

同様に福大前西福井駅から戻って来たF1002編成の越前武生ゆきが8時41分に到着、2分ほど遅れてやって来た福井駅ゆきの880ほかの停止を待たずに、発車して行きました。最後の福井駅ゆきです。

2016年7月11日 8時44分頃、江端、発車したF1002の越前武生ゆきと到着する880ほかの福井駅ゆき。
2016年7月11日 8時44分頃、江端
発車したF1002の越前武生ゆきと到着する880ほかの福井駅ゆき。

9時0分頃、武生ゆきの775ほかと、(福井駅に寄らない)田原町ゆき772ほかが並びました。田原町ゆきの普通は、基本は福井駅経由です。

2016年7月11日 9時0分頃、江端、775ほかの武生ゆきと772ほかの田原町ゆき。
2016年7月11日 9時0分頃、江端
775ほかの武生ゆきと772ほかの田原町ゆき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧