2017年3月14日 (火)

※ 2017年2月・3月のJR・国鉄の写真

特に脈絡はないですが、最近撮った、JR関係の写真 3枚です。

新宿駅を通過するJR貨物の3086レです、ここで撮るのは初めてでした。

2017年2月25日、新宿、EH500-52牽引の3086レ。
2017年2月25日、新宿、EH500-52牽引の3086レ。

浦和駅の京浜豊北京浜東北線ホームから、東北貨物線を走るEF65-1103の単機・上り回送列車と、E231系の東北本線・下り列車(行先は高崎かも)のすれ違いを撮影できました。
少しダイヤが乱れていました、原因は大船駅の人身事故、だったと思います。

2017年3月5日 10時53分頃、浦和、EF65-1103の上りの単機回送列車とE231系の東北本線の下り列車。
2017年3月5日 10時53分頃、浦和

EF65-1103の上りの単機回送列車とE231系の東北本線の下り列車。

3月5日は北浦和駅が最寄りの埼玉県立近代美術館へ行きました。新聞で知った、特別展「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」を観て来ました。フランスやイギリスの鉄道会社ポスターも展示されています、3月26日(日)までなのでよろしければ、どうぞ。
展示のポスターに「chemins de fer」(フランス語)と入っていたのでGoogle翻訳様に尋ねたら「鉄道」でした。
その道すがら、北浦和駅前に「十河信二書」の北浦和駅西口開設記念碑がありました。十河信二さんと言えば国鉄総裁なわけですが、たかが西口の開設にこのような立派な碑があるというのは、なかなか凄いと思いました。
駅前の一等地、ケバブ屋台とかが繁盛しそうな場所でした。

2017年3月5日、北浦和駅西口、開設記念碑。
2017年3月5日、北浦和駅西口、開設記念碑。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

2017年1月21日・22日の西武多摩川線の車両入れ替え

2017年1月21日(土)・22日(日)に西武 多摩川線の車両を入れ替える甲種鉄道車両輸送が行われました。

21日朝5時半頃の所沢駅。5204レの20158F(999)と、多摩川線への発送を待つ1249F(右)です。前回は輸送当日の日中に小手指車両基地から所沢駅へ回送されたようですが、今回は前日深夜に所沢駅へ回送されたようです。

2017年1月21日、所沢、20158F(999)の5204レと多摩川線へ向かう1249F。
2017年1月21日、所沢

20158F(999)の5204レと多摩川線へ向かう1249F。

4009F(52席)との並びも。

2017年1月21日 11時36分頃、所沢、4009F(52席)下り列車と多摩川線へ向かう1249F。
2017年1月21日 11時36分頃、所沢

4009F(52席)下り列車と多摩川線へ向かう1249F。

12時0分頃、所沢駅の池袋方から撮影。
左端は236F+1249F、右は東急 4106Fの1712レ。ほぼ同時に発車。

2017年1月21日 12時0分頃、所沢、新秋津駅へ向かう263F+1249Fと、東急4106Fの1712レがほぼ同時に発車。
2017年1月21日 12時0分頃、所沢

新秋津駅へ向かう263F+1249Fと、東急4106Fの1712レがほぼ同時に発車。

13時14分頃の新秋津駅です。手前から、263Fと1249F+EF65-2074F。

2017年1月21日 13時14分頃、新秋津、手前から263Fと1249F+EF65-2074。
2017年1月21日 13時14分頃、新秋津
手前から263Fと1249F+EF65-2074。

1249Fは13時46分頃にEF65-2074に牽引され、まずは新座貨物ターミナル駅へ向かい、多摩川線へJR貨物による輸送が始まりました。

2017年1月21日 13時47分頃、新秋津、EF65-2074F+西武1249F。
2017年1月21日 13時47分頃、新秋津
EF65-2074F+西武1249F。

14時5分頃、新秋津駅から263Fが所沢駅へ戻って来ました。東急4109Fの1711レに追いつかれながらの到着。

2017年12月21日 14時5分頃、所沢、新秋津駅から戻ってきた263F回送と東急4109Fの1711レ。
2017年12月21日 14時5分頃、所沢

新秋津駅から戻ってきた263F回送と東急4109Fの1711レ。

翌日の10時49分頃、JR貨物のEf65-2080に牽引されて多摩川線から1241Fが新秋津駅へ到着しました。

2017年1月22日 10時49分頃、新秋津、EF65-2080に牽引され1241Fが到着。
2017年1月22日 10時49分頃、新秋津
EF65-2080に牽引され1241Fが到着。

EF65-2080はすぐに1241Fから切り離されました。

2017年1月22日 11時1分頃、新秋津、到着した西武1241Fと武蔵野線の電車(手前)。奥には西武623FとEF65-2080が見えます。
2017年1月22日 11時1分頃、新秋津

到着した西武1241Fと武蔵野線の電車(手前)。奥には西武623FとEF65-2080が見えます。

1241Fは263Fに牽引され、所沢駅を12時55分に発車、小手指車両基地へ向かいました。
所沢駅への到着時刻は不明です。

2017年1月22日 12時56分頃、所沢、発車する1241F+263F。
2017年1月22日 12時56分頃、所沢
発車する1241F+263F。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月31日 (火)

2016年12月27日・28日は糸魚川まで行ってきました、その3

2016年12月28日(水)は糸魚川駅で観察した後で、495系の8621M・快速 新潟ゆきに乗車し、帰途につきました。

8621Mでは途中、犀潟あたりから柏崎の手前ころまで、海が間近に見えました。曇天でしたが、それなりに迫力あり。

2016年12月28日、おそらく柿崎~米山間のどこか
2016年12月28日、おそらく柿崎~米山間のどこか

9時45分頃にEF510-3牽引の下り貨物列車が長岡駅を通過。糸魚川駅で8621Mの発車直前に中線に到着した列車と同じ機関車です。

2016年12月28日、長岡、EF510-3牽引の下りコンテナ貨物列車。
2016年12月28日、長岡
EF510-3牽引の下りコンテナ貨物列車。

えちごトキめき鉄道から新潟へ直通の快速は、糸魚川始発の8621Mのおよそ50分後に、新井始発の3373Mがあります。こちらは115系3両編成でした。

2016年12月28日、長岡、115系3連の3373M(右)とE129系2+2連の水上ゆき1732M。
2016年12月28日、長岡

115系3連の3373M(右)とE129系2+2連の水上ゆき1732M。

長岡近辺は快晴で雪もなかったですが、上越線をさかのぼると雪景色となりました。11時22分頃、浦佐~五日町間でしょうか、下り線を走る除雪車?とすれ違いました。
こういう車両は機械扱いで営業運転中の線路を走ってならないと思っていましたが、そういうわけではないようです。

2016年12月28日 11時23分頃、浦佐~五日町間?、1732Mとすれ違った除雪車。
2016年12月28日 11時23分頃、浦佐~五日町間?
1732Mとすれ違った除雪車。

土合~湯檜曾間を走行中の1732M 右側の車窓です。写真中央の緑色の橋あたりが湯檜曽駅と思います。ループ線を下って至ります。

2016年12月28日 12時34分頃、土合~湯檜曽、まだループ線の上側にいる1732Mから見た湯檜曽駅付近。
2016年12月28日 12時34分頃、土合~湯檜曽
まだループ線の上側にいる1732Mから見た湯檜曽駅付近。

水上駅で並んだE129系(1732M~139M7)と211系(733M~740M)です。

2016年12月28日
2016年12月28日 12時44分頃、水上、211系とE129系の並び。

高崎からは八高線へ入りました。群馬藤岡駅で試運転列車とすれ違い。

2016年12月28日 14時51分頃、群馬藤岡、238Dの到着を待つ試運転列車。
2016年12月28日 14時51分頃、群馬藤岡
238Dの到着を待つ試運転列車。

八高線を東飯能駅で下車し、飯能駅付近で西武池袋線を少し観察して帰宅しました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

2016年12月27日・28日は糸魚川まで行ってきました、その2、朝の糸魚川駅

2016年12月28日(水)は午前5時50分頃に糸魚川駅に入りました。
5時50分に1番ホームをEF510牽引の貨物列車が通過、6時0分に3番ホームへ泊りゆき1624Dが発車、ときどき雪も降り始めました。

中線には前夜から留置と思われる(<-直江津)クモハ413-2+モハ413-2+クハ412-2の3両編成が寝ていました。
6時14分頃に乗務員さん1名が車内に入り、パンタグラフが上昇。
6時18分には2両編成の1621Dが1番ホームへ到着。

2016年12月28日 6時18分頃、糸魚川、左から大糸線のキハ120・中線の413系3連・1番ホームへ到着の1621D2連。
2016年12月28日 6時18分頃、糸魚川

左から大糸線のキハ120・中線の413系3連・1番ホームへ到着の1621D2連。

そして6時32分に金沢ゆき528Mとなる あいの風とやま鉄道の521系2+2連((<-直江津)クモハ521-4+クハ520-24+クモハ521-6+クハ520-6)が直江津方から2番ホームへ入線しました。

2016年12月28日 6時32分頃、糸魚川、直江津方から2番ホームへ入線した521系2+2連と中線で準備中の413系3連。
2016年12月28日 6時32分頃、糸魚川

直江津方から2番ホームへ入線した521系2+2連と中線で準備中の413系3連。

3番ホームへET122-4の泊りゆき1626Dが到着、先発する隣の528Mへ乗り換える乗客も見られました。

2016年12月28日 6時38分、糸魚川、3番ホームに到着する1626D(右)と先発の528M。
2016年12月28日 6時38分、糸魚川
3番ホームに到着する1626D(右)と先発の528M。

528Mは6時41分に発車。
6時46分にはEF510牽引の下りコンテナ貨物列車が1番ホームを通過。

2016年12月28日 6時45分頃、糸魚川、2番ホームから1番ホームを通過する下りコンテナ貨物列車を撮影。切り欠きの4番ホームは大糸線。
2016年12月28日 6時45分頃、糸魚川

2番ホームから1番ホームを通過する下りコンテナ貨物列車を撮影。切り欠きの4番ホームは大糸線。

6時52分ころに2両編成の1623Dが1番ホームに着発。このころには少し明るくなりましたが、雪と風が時に強くなりなかなか大変でした。

2016年12月28日 6時54分頃、糸魚川、中線の413系と発車した2連の1623D(右奥)。
2016年12月28日 6時54分頃、糸魚川
中線の413系と発車した2連の1623D(右奥)。

3番ホームにいた1623Dは6時56分頃に泊へ発車。
そして中線にいた413系3連は7時4分頃に直江津方へ移動し、7時12分に2番ホームへ入線。
ET122-8の1628Dが3番ホームへ7時28分に到着し、413系に乗り継ぐお客さんも見られました。413系の高岡ゆき534Mは7時31分に発車。

2016年12月28日 7時28分頃、糸魚川、2番ホームに停車中の413系高岡ゆき534Mと、3番ホームに到着する1628D。
2016年12月28日 7時28分頃、糸魚川

2番ホームに停車中の413系高岡ゆき534Mと、3番ホームに到着する1628D。

直江津方の電留線にいた485系は7時35分頃に直江津方へ移動し、3番ホームに止まっていた1628DだったET122-8も7時41分頃に直江津方へ移動。
そして単行の直江津ゆき1625Dが7時45分頃に1番ホームから発車。

2016年12月28日 7時46分頃、糸魚川、1番ホームから発車した単行の1625Dと待機中の485系。
2016年12月28日 7時46分頃、糸魚川

1番ホームから発車した単行の1625Dと待機中の485系。
写真はトリミングしていますが、実際は、485系はホームから500メートルほどでしょうか、遠くにいます。間に陸橋があります。

7時49分頃に485系は2番ホームへ据え付けられました。

2016年12月28日 7時51分頃、糸魚川、2番ホームに停車中のJR485系の8621M・快速 新潟ゆき。手前は大糸線のキハ120形。
2016年12月28日 7時51分頃、糸魚川

2番ホームに停車中のJR485系の8621M・快速 新潟ゆき。手前は大糸線のキハ120形。

7時54分頃に2連の泊ゆきが3番ホームへ到着。
7時56分頃にEF510牽引の下りコンテナ貨物列車が1番ホームと2番ホームの間の中線に到着しました。

485系の新潟ゆき快速 8621Mは糸魚川駅を定刻の7時58分に発車。編成内のグリーン車は、えちごトキめき鉄道線内は無料、直江津からのJR線内はグリーン県が必要、とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

※ 西武40000系第2編成の納入の様子、2016年11月 見ただけ

2016年11月10日(木)~13日(日)にかけて西武40000系第2編成が、兵庫県のメーカーから西武鉄道へ甲種鉄道車両輸送されました。
12日(土)午後の横浜羽沢貨物駅です。荷物ホームらしきところに留置されていました。

2016年11月12日、横浜羽沢貨物駅バス停、公道から見えた輸送途中の西武40102F。
2016年11月12日、横浜羽沢貨物駅バス停
公道から見えた輸送途中の西武40102F。

そして13日8時49分、JR貨物のEF65-2127に牽引されて新秋津駅へ到着。

2016年11月13日 8時49分頃、新秋津、EF65-2127に牽引され到着する西武40102F。
2016年11月13日 8時49分頃、新秋津
EF65-2127に牽引され到着する西武40102F。

飯能方5両は263Fに牽引され、所沢駅6番線へ10時32分に到着。6809レの後でした。
ちょうどやって来たのは5102レの20158F(999)。

2016年11月13日 10時34分頃、所沢、20158Fの5102レと小手指へ向かう40102Fの飯能方5両。
2016年11月13日 10時34分頃、所沢
20158Fの5102レと小手指へ向かう40102Fの飯能方5両。

11時9分に小手指へ発車、1705レの後でした。

2016年11月13日 11時10分頃、所沢、発車し小手指へ向かう263F+40102Fの飯能方5両。
2016年11月13日 11時10分頃、所沢
発車し小手指へ向かう263F+40102Fの飯能方5両。

池袋方5両は所沢駅6番線へ13時51分に到着、4131レ到着後でした。
小手指への発車は14時16分、2135レの後でした。

2016年11月13日 14時16分頃、所沢、小手指へ発車した40102Fの池袋方5両。
2016年11月13日 14時16分頃、所沢
小手指へ発車した40102Fの池袋方5両。

ところでカトーが、異常な早さでこの西武40000系のNゲージ模型を発売するようですが(実車登場と「同時に発売」とのこと)、10両揃えると税抜き価格が2万7千5百円または2万6千円と、結構なお値段。
改めて確認したらE257系も基本セット・増結セット合わせて11両が2万8千円(税抜き)。
カトーのNゲージ、少し前は10両で1万5千円ほどだった気がします。
西武40000系(実物)は試運転でも何度か見ましたが、下膨れな印象を受けます、イマイチ。
ということでNゲージの西武40000系は買わない予定です、2万円だったら考えたのですが。
ケチで済みません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

2016年12月17日(土)~22日(木)の西武線 見ただけ、9102Fの側面幕各種ほか

2016年12月17日(土)~22日(木)の西武線、見ただけです。
9105Fのフラットが気になる一週間でした。

高架化工事の東村山駅

2016年12月18日、久しぶりに東村山駅へ行ったら、川越方に仮設ホームが作りかけでした。

2016年12月18日、東村山、左が1番ホームから発車した2047Fの6251レ。右は6000系の2655レ。
2016年12月18日、東村山

左が1番ホームから発車した2047Fの6251レ。右は6000系の2655レ。

12月17日(土)

狭山ヶ丘 05:19 側線30103F
所沢 05:27 電留線(E)6157F(ライオン) (W)30000系
清瀬 05:40 引き上げ線空き 4番ホーム東急5165F
保谷 05:47, 21番線6000系 22番線6000系 23番線20000系(電源オン) 24番線20000系(電源オフ)
石神井公園 05:52, 6番線2071F

2016年12月17日 6時11分頃、練馬、2071Fの上り回送列車(左)と38105Fの5205レ。
2016年12月17日 6時11分頃、練馬
2071Fの上り回送列車(左)と38105Fの5205レ。

3102レは20103F、5204レは38104F。
5203レは2063F、4101レは9103F(京急)。
5105レは20158F(999)。

秋津~清瀬 05:32, 40000系 下り。

2119レは6157F(三月のライオン)。

2016年12月17日、仏子、6157Fの2119レ。
2016年12月17日、仏子、6157Fの2119レ。

2002レは(<-飯能)4013F+4007F、2004レは4011F+4005F(あの花)。
1002レは2079F。

2016年12月17日、稲荷山公園、4007F+4019Fの2002レ。
2016年12月17日、稲荷山公園、4007F+4019Fの2002レ。

12月18日(日)

狭山ヶ丘 05:19 側線20101F
所沢 05:27 電留線(E)6103F (W)20153F?
清瀬 05:40 引き上げ線6117F? 4番ホーム東急5159F
保谷 05:47, 21番線6000系 22番線6000系 23番線N2000系 24番線N2000系
石神井公園 05:52, 6番線2085F

3102レは9108F(ライオンズ)、5204レは20158F(999)。
5101レは38110F、5105レは20151F。
4101レは9102F、ホーム安全確認で石神井公園05:57頃 発車。

2016年12月18日 5時57分頃、石神井公園、遅れて発車した9102Fの4101レと6番線で待機する2085F。
2016年12月18日 5時57分頃、石神井公園

遅れて発車した9102Fの4101レと6番線で待機する2085F。

小手指車基 05:20 洗浄線に40000系2本みたいでした。
5206レは38105F(おーいお茶)、2104レは6157F(ライオン)。

5406レは2063F、6504レは6104F。

2016年12月18日、練馬、発車した6104Fの6504レ(手前)と2063Fの5406レ(奥)。
2016年12月18日、練馬

発車した6104Fの6504レ(手前)と2063Fの5406レ(奥)。

2002レは(<-飯能)4011F+4005F(あの花)、2004レは4013F+4007F。
1002レは38107F。

2016年12月18日、入間市、4005Fほかの2002レ(左)と38103Fの5121レ。
2016年12月18日、入間市
4005Fほかの2002レ(左)と38103Fの5121レ。

12月19日(月)

狭山ヶ丘 05:19 側線30104F
所沢 05:27 電留線(E)6155F (W)2079F
清瀬 05:40 引き上げ線6113F? 4番ホーム東急5118F
保谷 05:47, 4番線6106F? 21番線6109F? 23番線30000系 26番線N2000系
石神井公園 05:52, 6番線38110F

3102レは9105F、フラットがよく効いてました全車かも。24日も同じ。
5204レは38104F。

新宿線2602レは(<-新宿)2519F+2015F。

2102レは9102F、側面(飯能方に向かって左側)の行先・種別表示は、モハ9302が普通、モハ9202が明るい(幕が新品なのか緑色自体が違うかと)、そしてクハ9102が暗い(蛍光灯の劣化?)でした。

クハ9102 モハ9202 モハ9302
2016年12月19日、池袋、4105レの9102F。
左側からクハ9102・モハ9202・モハ9302。

12月20日(火)

狭山ヶ丘 05:19 側線9101F(無地ピンク)
所沢 05:32 電留線(E)6114F (W)20152F?
清瀬 05:40 引き上げ線6117F 4番ホーム東急5175F(有馬記念)
保谷 05:47, 4番線6103F 21番線6109F 23番線2075F 26番線30000系
石神井公園 05:52, 6番線20158F(999)

3102レは30104F、5204レは38113F。
5101レは38103F、5107レは20153F。

お昼の新宿線 5128レは2095F、白色対応LED表示ですが集電装置はひし形がユニットあたり2基のまま。
2644レは2455F+2061F(幕表示でひし形1基)。

2016年12月20日、高田馬場~下落合、2095Fの5128レ。
2016年12月20日、高田馬場~下落合、2095Fの5128レ。
2016年12月20日、高田馬場~下落合、2455F+2061Fの2644レ。
2016年12月20日、高田馬場~下落合
2455F+2061Fの2644レ。

12月21日(水)

狭山ヶ丘 05:19 側線9103F(京急)
所沢 05:32 電留線(E)6156F (W)2085F
清瀬 05:40 引き上げ線6050系 4番ホーム東急5172F
保谷 05:47, 4番線6106F 21番線6000系 23番線30000系 26番線30000系
石神井公園 05:52, 6番線38113F

3102レは20101F、5204レは38103F。
5101レは2071F、5107レは20151F。
5851レは20158F(999)、4101レは9101F(無地ピンク)。
6501レ(08M)は6157F(ライオン)。

お昼の新宿線 2642レは(<-新宿)2065F+2407F。2061Fは台車とモハ2365の主抵抗器がピカピカ、集電装置もシングルアーム式に交換済でした。

2016年12月21日、高田馬場~下落合、2065F+2407Fの2642レ。
2016年12月21日、高田馬場~下落合
2065F+2407Fの2642レ。

12月22日(木)

狭山ヶ丘 05:19 側線32102F?+38111F
所沢 05:27 電留線(E)6104F (W)2089F
保谷 05:47, 4番線6154F 21番線6109F 23番線30000系 26番線20000系?
石神井公園 05:52, 6番線2085F

小手指 5時20分
 6114F「回送」出庫->1番ホーム
 10105F回送 3番ホーム。
そして清瀬
 05:33 引き上げ線?→4番ホーム 東急5168F「各停 清瀬」、  05:36 2番ホーム6114F上り回送着。

2016年12月22日 5時36分頃、清瀬、4番ホームの東急5168F(左)と、2番ホームへ到着する6114Fの上り回送列車。
2016年12月22日 5時36分頃、清瀬

4番ホームの東急5168F(左)と、2番ホームへ到着する6114Fの上り回送列車。

3102レは9103F(京急)、5204レは38103F。

JR池袋 06:15, EH500の北行コンテナ貨物列車通過。4083レが1時間ほど遅れていたのでしょうか。

大泉学園駅を20時18分に発車した下り各停が、行先・種別表示が白色LEDに変わった20158F(999)でした。遅れの5741レだと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

2016年9月11日、西武40000系第1編成の甲種鉄道車両輸送の様子

左側の「最近の記事」だけ見るとまるで電車のブログになってしまいましたが、引き続き。
2016年9月11日(日)の、西武40000系第1編成が西武鉄道へ到着した時の様子です。

EF65-2074に牽引され、新秋津駅には8時50分頃に府中本町方から到着。

2016年9月11日 8時50分頃、新秋津、EF65-2074が牽引し西武40000系第1編成が到着。
2016年9月11日 8時50分頃、新秋津
EF65-2074が牽引し西武40000系第1編成が到着。

飯能方の5両は263Fに牽引され、所沢~西所沢間を10時42分頃に通過。

2016年9月1日 10時42分頃、所沢~西所沢、263Fに牽引され小手指車両基地へ向かう飯能方の5両。
2016年9月1日 10時42分頃、所沢~西所沢

263Fに牽引され小手指車両基地へ向かう飯能方の5両。

池袋方5両は、263Fが戻ってくるまで新秋津駅で待機。

2016年9月1日 12時ころ、新秋津、取り残された西武40000系池袋方5両。
2016年9月1日 12時ころ、新秋津
取り残された西武40000系池袋方5両。

池袋方5両が新秋津駅を出発したのは14時10分13時45分頃の模様。
8月下旬の台風で発生した土砂崩れ現場を263Fに牽引され通過。

2016年9月11日 13時47分頃、新秋津~所沢、土砂崩れ現場の前を通過する263Fほか。
2016年9月11日 14時15分13時47分頃、新秋津~所沢
土砂崩れ現場の前を通過する263Fほか。
2016年9月11日 13時47分頃、新秋津~所沢、263Fに牽引され小手指車両基地へ向かう40000系第1編成の池袋方5両。
2016年9月11日 14時15分13時47分頃、新秋津~所沢

263Fに牽引され小手指車両基地へ向かう40000系第1編成の池袋方5両。

川崎重工兵庫工場からJR名古屋駅通過までの輸送の様子は「西武40000系の出荷の様子を見てきました」でご紹介しております。

(11月12日 19時) 新秋津〜所沢駅間の写真の通過時刻を13時47分頃へ修正しました。14時15分頃は所沢駅の発車時刻でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年9月10日 (土)

西武40000系の出荷の様子を見てきました

2016年9月9日(金)は、神戸の川崎重工業の兵庫工場の前まで行き、西武鉄道の新型車両40000系の出荷の様子を見てきました。
兵庫駅から和田岬線の線路沿いを目標に歩いたら20分ほどで兵庫工場に到着、案外近かったです、飯能方池袋方5両は前日に神戸貨物ターミナル駅へ送られており、この日は池袋方飯能方5両の出荷でした。

2016年9月9日 9時ころ、川崎重工兵庫工場(公道から)、出荷準備中の西武40000系。
2016年9月9日 9時ころ、川崎重工兵庫工場(公道から)
出荷準備中の西武40000系。

和田岬線の電車と、出荷待ちの西武40000系。奥が和田岬駅です。

2016年9月9日、兵庫~和田岬、103系の兵庫ゆきと川崎重工工場内の西武40000系。
2016年9月9日、兵庫~和田岬
103系の兵庫ゆきと川崎重工 工場内の西武40000系。

10時5分頃に兵庫駅からDE10-1192が到着、連結し、10時10分に2回目の出荷分が発車しました。

2016年9月9日 10時10分頃、川崎重工兵庫工場、DE10-1192が牽引し西武40000系2回目の出荷が発車。
2016年9月9日 10時10分頃、川崎重工兵庫工場
DE10-1192が牽引し西武40000系2回目の出荷が発車。

歩いて兵庫駅へ戻るとすでに機回しされDE10は下関方に連結されてました。駅員さんにお尋ねしたら、和田岬線のホームで撮影はOK、すでに朝の運転が終了した時間です。
10時43分に神戸貨物ターミナル駅へ発車。

2016年9月9日 10時43分、兵庫(東海道本線ホームから撮影)、和田岬線の側線から発車した西武40000系の甲種輸送列車。
2016年9月9日 10時43分、兵庫(東海道本線ホームから撮影)
和田岬線の側線から発車した西武40000系の甲種輸送列車。

隣接する鷹取駅へ私が到着した11時ころは、前日に出荷された分は神戸貨物ターミナル駅の上り線側に止まっていました。

2016年9月9日11時ころ、神戸貨物ターミナル駅、鷹取駅ホームから撮影、コンテナホームの向こうの上り線側に西武40000系の大きな側窓が見えました。
2016年9月9日11時ころ、神戸貨物ターミナル駅

鷹取駅ホームから撮影、コンテナホームの向こうの上り線側に西武40000系の大きな側窓が見えました。

再び機回しされたのだと思いますが、本日出荷の5両は、大阪方にDE10が連結され、11時13分頃に大阪方へ引き上げられました。上り線へ転線し、前日出荷分と連結されるのでしょう。

2016年9月9日 11時13分頃、神戸貨物ターミナル駅、大阪方へ引き上げられる本日出荷の西武400000系5両。
2016年9月9日 11時13分頃、神戸貨物ターミナル駅
大阪方へ引き上げられる本日出荷の西武400000系5両。

阪急電車と西武電車の並びを狙い、阪急の春日野道駅で待っていると、13時13分ころに神戸貨物ターミナル駅からやって来た西武40000系の甲種輸送列車が通過。きれいな並びとはなりませんでした。牽引はDE10でした。

2016年9月9日 13時13分頃、春日野道、甲種車両輸送中の西武40000系と阪急電車。
2016年9月9日 13時13分頃、春日野道
甲種車両輸送中の西武40000系と阪急電車。
2016年9月9日 13時13分頃、春日野道、甲種車両輸送中の西武40000系。JRとしては三ノ宮~灘駅間。
2016年9月9日 13時13分頃、春日野道
甲種車両輸送中の西武40000系。JRとしては三ノ宮~灘駅間。

『とれいん』誌に掲載のダイヤでは吹田貨物ターミナル駅発は14時23分でしたが、京都駅通過は16時30分頃、どこかで油を売っていたのでしょう、そこそこの人気。

2016年9月9日 16時30分頃、京都、0番ホームの横を通過する西武40000系甲種輸送列車。牽引はEF66-115。
2016年9月9日 16時30分頃、京都

0番ホームの横を通過する西武40000系甲種輸送列車。牽引はEF66-115。

2016年9月9日 16時30分頃、京都、0番ホームの横を通過する西武40000系甲種輸送列車。駅員さんも増員。
2016年9月9日 16時30分頃、京都

0番ホームの横を通過する西武40000系甲種輸送列車。駅員さんも増員。

京都駅以降はあまり油を売らなかったようで、私が追いついたのは米原操車場。
米原駅8番ホームを18時2分に通過、稲沢駅へストレートに入ったようです。

2016年9月9日 18時2分頃、米原、8番ホームを通過する西武40000系甲種輸送列車、牽引はEF66-115。
2016年9月9日 18時2分頃、米原
8番ホームを通過する西武40000系甲種輸送列車、牽引はEF66-115。

そして名古屋駅2番ホームを21時6分に通過、牽引はEF66-115でした。

2016年9月9日 21時6分頃、名古屋、2番ホームを通過する西武40000系甲種輸送列車。
2016年9月9日 21時6分頃、名古屋
2番ホームを通過する西武40000系甲種輸送列車。

(9月11日16時 追記)本日 西武線に到着したこの40000系を見たら、飯能方と池袋方を取り違えていたので、修正しました。
「パートナーゾーン」は、車いすやベビーカー利用者のための設備と西武鉄道の広報(リンク先は西武鉄道ニュースリリースのPDFファイル)にありましたので、混雑する池袋方ではなくて、比較的空いている飯能方と思い込んでいました。
詰め込みスペースの方便を信じたうぶな担当者(女性)が、窓を大きくした、という設計プロスセスを妄想しました。
方便を活用して窓を大きくした、が真実かもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

※ 2016年4月2日、金太郎とサップと右翼と651系

2016年4月2日(土)のお話。

3月26日のJRダイヤ改正で群馬地区の185系が定期運用から引退、特急あかぎ8号4008M列車も651系に交代とのことで、新大久保駅で撮影。

2016年4月2日、新大久保、651系の4008M「あかぎ8号」
2016年4月2日、新大久保、651系の4008M「あかぎ8号」

札幌から名古屋まで走るコンテナ貨物列車、山手貨物線内の時刻は変わっていないと思いますが、4月2日の原宿駅通過は12時6分頃でした。EH500-22が牽引。

2016年4月2日、原宿、EH500-22牽引の3086列車。
2016年4月2日、原宿、EH500-22牽引の3086列車。

渋谷の西武デパート渋谷店で開催されていた写真展「ザ・サプール」(撮影・茶野邦雄)を見て来ました。
西洋に憧れた未開人が無理してオシャレを競ってる、バカバカしい、という冷静な見方は可能ですが、過ぎたれば及ばざるがごとし、貧しいのにここまでオシャレに頑張ってる人たちは凄い、と思います。
彼らが住むコンゴ共和国は、フランスの植民地でした。
哲学を持ったオシャレ。レールが写った写真が2枚、ありました。写真撮影はOKみたいだったので、パチリ。

2016年4月2日、西武渋谷店の写真展「ザ・サプール」。
2016年4月2日、西武渋谷店の写真展「ザ・サプール」。

夕方の、西武池袋線・入間市駅に到着する6151Fの快速急行 1717レ。

2016年4月2日、入間市、6151Fの1717レ。
2016年4月2日、入間市、6151Fの1717レ。

この写真の頃、入間市駅前では右翼さんが街宣活動してました。
アジアを解放するために日本は戦争したなど、政府検定済みの歴史教科書にも書いていないようなことを主張していました。
洋服の素晴らしさを広めるためコンゴへ「進出した」フランス人はいたかもしれません。だからと言って、フランスのアフリカ進出・植民地化の目的が洋服の普及だったと主張したらバカにされるだけだと思います。
それと同じと、思わないんでしょうか?
不思議な人たち。
同情すべき人たちでもありますね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年3月 6日 (日)

2016年3月6日、列車の写真を3枚

2016年3月6日(日)に、目白駅前の陸橋上から撮影した2枚です。
奥の青色横線は西武池袋線の跨線橋なのですが、タイミングが合わず、空きです。

2016年3月6日、目白、東武106Fの「スペーシアきぬがわ 2号」1082M。
2016年3月6日、目白
東武106Fの「スペーシアきぬがわ 2号」1082M。
2016年3月6日 11時59分、目白、EH500-79牽引の山手貨物線南行きコンテナ列車。
2016年3月6日 11時59分、目白
EH500-79牽引の山手貨物線南行きコンテナ列車。

入間市駅横の梅・桃?の花はまだきれいでした。

2016年3月6日、入間市、2091Fの2153レと38107Fの1002レ。
2016年3月6日、入間市
2091Fの2153レと38107Fの1002レ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧