2022年6月27日 (月)

2022年6月12日(日)の西武線ほか見ただけ、小手指車両基地の露天で改造工事?、SDGsのイレギュラーな回送も

3106レが2465F+2089Fでした。2102レからの営業のはずです。

2022年6月12日。清瀬。2番ホームで停車中の2465F+2089Fの3106レ(右)と、1番ホームを通過する001系の68レ。
2022年6月12日。清瀬。

2番ホームで停車中の2465F+2089Fの3106レ(右)と、1番ホームを通過する001系の68レ。

折り返しの2109レはひばりヶ丘駅でメトロ17093Fの6809レを追い抜きました。

2022年6月12日。ひばりヶ丘。発車した2465F+2089Fの2109レ(左)と、1番ホームに停車中のメトロ17093Fの6809レ。
2022年6月12日。ひばりヶ丘。

発車した2465F+2089Fの2109レ(左)と、1番ホームに停車中のメトロ17093Fの6809レ。

2465F+2089Fは4114レも担当し、小手指駅で001-C編成の74レに追い抜かれました。

2022年6月12日。小手指。1番ホームへ到着する2465F+2089Fの4114レ。
2022年6月12日。小手指。
1番ホームへ到着する2465F+2089Fの4114レ。
2022年6月12日。小手指。1番ホームに停車中の2465F+2089Fの4114レ(左)と、2番ホームを通過する001-C編成の74レ。
2022年6月12日。小手指。

1番ホームに停車中の2465F+2089Fの4114レ(左)と、2番ホームを通過する001-C編成の74レ。

保谷駅の21番線・22番線の前日からの夜間滞泊はともに40050系でした。

2022年6月12日 8時2分。保谷。右から、22番線の40151Fと21番線40154F。
2022年6月12日 8時2分。保谷。
右から、22番線の40151Fと21番線40154F。

理由は知りませんが(東急線内のダイヤ乱れ?)、1751レで飯能到着後に小手指へ回送される12K運用の東急5121F(SDGs)の上り回送列車が入間市駅5番ホームで4120レに抜かれていました。
18日(土)の同じ12Kの回送列車はこの30分ほど前、2128レの後で4番ホームを通過でした。

2022年6月12日 11時6分。入間市。5番ホームから発車する12K運用の東急5121Fの上り回送列車。
2022年6月12日 11時6分。入間市。

5番ホームから発車する12K運用の東急5121Fの上り回送列車。

小手指駅を通過した元町・中華街ゆきS-TRAINの402レ。

2022年6月12日。小手指。左が40101Fの402レ、右は40104Fの2113レ。
2022年6月12日。小手指。左が40101Fの402レ、右は40104Fの2113レ。

昼前の稲荷山公園駅を通過した4009F(52席)の下り列車。
晴れていましたが、入間市駅手前の眺めの良い区間では上り2136レ(この日は40155F)とすれ違い。ご希望の乗客の皆さんは、40000系の側面と車内を眺めることになっていました。

2022年6月12日。稲荷山公園〜入間市駅間。4009Fの下り列車。
2022年6月12日。稲荷山公園〜入間市駅間。
4009Fの下り列車。
2022年6月12日。稲荷山公園〜入間市駅間。入間市駅近くの右手が開けて眺めの良い区間で2136レ(右奥)とすれ違う、4009Fの下り列車。
2022年6月12日。稲荷山公園〜入間市駅間。

入間市駅近くの、右手が開けて眺めの良い区間で2136レ(右奥)とすれ違う、4009Fの下り列車。

夕方の入間市駅に4009F(52席)が戻って来ました。

2022年6月12日 17時31分。入間市。右から、4009F(52席)の上り列車、20107Fの2166レ、2087Fの2147レ。
2022年6月12日 17時31分。入間市。

右から、4009F(52席)の上り列車、20107Fの2166レ、2087Fの2147レ。

小手指車両基地の飯能方の野外で工事中の6154F。

2022年6月12日。小手指〜狭山ヶ丘。下り列車の車内から見た小手指車両基地。6番線の飯能方で、他の10連より少し奥よりに6154Fが止められ、工事中の様子です(この日は作業はお休みだったようです)。
2022年6月12日。小手指〜狭山ヶ丘。下り列車の車内から見た小手指車両基地。6番線の飯能方で、他の10連より少し奥よりに6154Fが止められ、工事中の様子です(この日は作業はお休みだったようです)。
2022年6月12日。小手指〜狭山ヶ丘。

下り列車の車内から見た小手指車両基地。
6番線の飯能方で、他の10連より少し奥よりに6154Fが止められ、工事中の様子です(この日は作業はお休みだったようです)。

池袋駅東口の前で、右翼さんが、大統領が変わってもあの国は変わらない、大国に媚びへつらっている、といった趣旨を演説していました。
下の写真はその1時間半ほど後、談笑する皆さまです。

2022年6月12日 16時過ぎ。池袋駅東口前。
2022年6月12日 16時過ぎ。池袋駅東口前。

総理大臣が変わっても変わらないご自身の国については、アメリカは大国でないのか、自国が媚びへつらっていないのか、ですが、実態は後者とご認識のため、そういう自覚はないのでしょう。
アメリカ51番目の州になったつもりはなくて、単に仲間、辺野古の米軍基地建設強行もその一環と思われます。けれど、守ってもらえると100%の自信は持てません。
自分の身は自分で守るのが当たり前だとしても、軍事基地は沖縄に押し付けるのだとすれば、身勝手な人たちだと思います。

入間市駅前でも右翼さんが頑張っていたようでした。

2022年6月12日 17時頃。入間市駅前。
2022年6月12日 17時頃。入間市駅前。

以下もツイートしてました。「多国籍国家」。上記の右翼さんが知ったら、何と言うのか。

| | コメント (2)

2022年6月25日 (土)

2022年6月12日(日)は西武1241F(いずっぱこ塗装)が多摩川線から本線系へ到着しました

6月12日(日)は、「いずっぱこ」塗装の1241Fが多摩川線から新秋津駅へ、JR貨物の甲種鉄道車両輸送で到着しました。

2022年6月12日 12時35分。新秋津。到着したばかりのEF210-121+西武1241F(奥)と、大気中の263F(右)。
2022年6月12日 12時35分。新秋津。

到着したばかりのEF210-121+西武1241F(奥)と、大気中の263F(右)。

2022年6月12日 12時38分。新秋津。西武1241Fを牽引してきたEF210-121が、西武の係員の誘導で入換中です。
2022年6月12日 12時38分。新秋津。

西武1241Fを牽引してきたEF210-121が、西武の係員の誘導で入換中です。
お客様に手伝わせるJR貨物ですが、各地の臨海鉄道でも同じようなことをやらせているわけで、傲慢と思う人はいるかもしれませんが、タダでやらせてるわけではないと思います。
JR貨物のお仕事は運ぶだけな契約の可能性もありますが。

2022年6月12日 12時47分。新秋津。夏の日差しの下、輸送中の西武1241Fの横をEF210形が牽引の貨物列車が通過。
2022年6月12日 12時47分。新秋津。

夏の日差しの下、輸送中の西武1241Fの横をEF210形が牽引の貨物列車が通過。

2022年6月12日 12時53分。新秋津。薄暗い中、輸送中の西武1241Fの横を武蔵野線の旅客電車が通過。
2022年6月12日 12時53分。新秋津。

薄暗い中、輸送中の西武1241Fの横を武蔵野線の旅客電車が通過。

2022年6月12日 13時1分。新秋津。分厚い雲の下、西武263Fの入換が始まりました。
2022年6月12日 13時1分。新秋津。
分厚い雲の下、西武263Fの入換が始まりました。
2022年6月12日 13時1分。新秋津。分厚い雲の下、西武263Fが1241Fへ向かいます(左)。横をEH500形 牽引の貨物列車が通過。
2022年6月12日 13時1分。新秋津。

分厚い雲の下、西武263Fが1241Fへ向かいます(左)。横をEH500形 牽引の貨物列車が通過。

2022年6月12日 13時8分。新秋津。263Fが1241Fへ連結します。
2022年6月12日 13時8分。新秋津。

263Fが1241Fへ連結します。
この頃から雨がパラパラしていました。連結すると大粒の雨となり、かなり強い降りになりました。作業されている西武の係員の皆さまにとっても間一髪だったはずです。

2022年6月12日 13時19分。新秋津駅前。シャッターが降りた店舗の軒先で雨宿りさせていただきました。西の空には晴れ間も見え始めていますが、雨はまだ大粒。
2022年6月12日 13時19分。新秋津駅前。

シャッターが降りた店舗の軒先で雨宿りさせていただきました。西の空には晴れ間も見え始めていますが、雨はまだ大粒。

2022年6月12日 13時28分。新秋津。雨がやみ始め、軒先を出て、263F+1241F(右奥)の発車を待っていたら、JR東日本のヘンナ列車が通過。
2022年6月12日 13時28分。新秋津。

雨がやみ始め、軒先を出て、263F+1241F(右奥)の発車を待っていたら、JR東日本のヘンナ列車が通過。

2022年6月12日 13時45分。新秋津。晴れてきました。1241Fを牽引してきたEF210-121が戻っていきました。
2022年6月12日 13時45分。新秋津。

晴れてきました。1241Fを牽引してきたEF210-121が戻っていきました。

2022年6月12日 13時59分。新秋津。263F+1241Fが西武線内へ向かいました。
2022年6月12日 13時59分。新秋津。263F+1241Fが西武線内へ向かいました。
2022年6月12日 13時59分。新秋津。
263F+1241Fが西武線内へ向かいました。

1241Fはこの後(後日)、狭山線の営業に就いています。

| | コメント (1)

2022年6月11日(土)の西武線 見ただけ

4109レや3108レなどが(<-飯能)2465F+2089Fでした。2106レから営業していたはずです。

2022年6月11日。秋津〜所沢。2465F+2089Fの3108レ。
2022年6月11日。秋津〜所沢。2465F+2089Fの3108レ。
2022年6月11日。練馬。2465F+2089Fの4207レ(左)と東急4105Fの1703レ(右)。
2022年6月11日。練馬。

2465F+2089Fの4207レ(左)と東急4105Fの1703レ(右)。

午前中の狭山線の線内折り返しは2505Fでした。

2022年6月11日。西所沢。2505Fの6118レ(左)と東急4111Fの6805レ。
2022年6月11日。西所沢。
2505Fの6118レ(左)と東急4111Fの6805レ。

3108レと所沢駅付近ですれ違う西武秩父ゆきS-TRAIN 401レは、3108レの発車後しばらくして所沢駅4番ホームへ到着。

2022年6月11日。所沢。左から、甲種輸送の263F+1249F、20151Fの5211レ、40102Fの401レ。
2022年6月11日。所沢。

左から、甲種輸送の263F+1249F、20151Fの5211レ、40102Fの401レ。

練馬駅で並んだラビューと40050系。

2022年6月11日。練馬。右が001-A編成の11レ、左が地下から出てきた40157Fの6351レ。
2022年6月11日。練馬。

右が001-A編成の11レ、左が地下から出てきた40157Fの6351レ。

6154Fが小手指車両基地の飯能方の野外で工事中でした。ただし作業はされていなかったようです。

2022年6月11日。小手指〜狭山ヶ丘駅間。下り列車の車内から見た小手指車両基地。工事中の6154F。
2022年6月11日。小手指〜狭山ヶ丘駅間。

下り列車の車内から見た小手指車両基地。工事中の6154F。

4207レで小手指へ入庫したはずの2465F+2089Fの姿が見えず、西武球場前駅へ行ってみましたが、いませんでした。

2022年6月11日。西武球場前。下り列車の車内から見てます。右から、001-D編成、40105F、40152F、6158F、6110Fです。
2022年6月11日。西武球場前。

下り列車の車内から見てます。右から、001-D編成、40105F、40152F、6158F、6110Fです。

プロ野球は交流戦で広島カープが対戦相手。
4009F(52席)が通過します。

2022年6月11日。西所沢。4番ホームを通過する4009F(52席)の上り列車。
2022年6月11日。西所沢。

4番ホームを通過する4009F(52席)の上り列車。

西武線アプリの列車位置情報で見たら深夜の4218レがN2000系2+8連でした。
そして翌日も2465F+2089Fが2102レから走っていたようで、3106レで確認できました。
この日の午後は、2465F+2089Fは小手指車両基地の建屋の中などにいて、夜から営業を再開していたようです。

1249Fの多摩川線への甲種輸送は別掲しています。

| | コメント (1)

2022年6月18日 (土)

2022年6月4日の西武・武蔵丘車両検修場 公開イベント、6000系・6050系の臨時列車 見ただけ

6月4日は「西武・電車フェスタ2022 in 武蔵丘車両検修場」が開催されました。
6000系が登場して30周年ということで、関連の団体臨時列車 2本を担当。

午前中は、池袋線の6158Fを使った西武新宿発・武蔵丘車両検修場ゆき団体臨時列車が運転されました。
送り込みの上り回送列車。

2022年6月4日 8時42分。高田馬場〜下落合。6158Fの上り回送列車。
2022年6月4日 8時42分。高田馬場〜下落合。
6158Fの上り回送列車。

団臨列車は鷺ノ宮駅を9時5分に通過。5615レの後でした。

2022年6月4日 9時4分。鷺ノ宮。1番ホームから発車する20000系の5615レ(右)と、近づく6158Fの下り団臨。
2022年6月4日 9時4分。鷺ノ宮。

1番ホームから発車する20000系の5615レ(右)と、近づく6158Fの下り団臨。

2022年6月4日 9時5分。鷺ノ宮。2番ホームを通過する6158Fの下り団臨。
2022年6月4日 9時5分。鷺ノ宮。

2番ホームを通過する6158Fの下り団臨。
COVID-19感染防止もあると思いますが、6158Fの車内に人影はまばらでした。

東伏見駅で1601レと2307レを待避していました。

2022年6月4日 9時19分。東伏見。待避する6158Fの下り団体臨時列車。2307レの車内から撮ってます。
2022年6月4日 9時19分。東伏見。

待避する6158Fの下り団体臨時列車。2307レの車内から撮ってます。

6158Fのこの臨時列車は所沢駅1番ホームから飯能方へ向かったようです。小平から5615レの後ろを走っていましたが、新所沢駅には来ませんでした。
復路はお昼の運転でした。未確認です。


そして、池袋発着で運転された団体臨時列車は新宿線の6101Fが担当。
11時42分、ヘッドマークを付けた6101Fが新宿線・本川越方から所沢駅4番ホーム(池袋線)に到着。
進行方向を転換し、11時46分に池袋方へ出発していきました。

2022年6月4日 11時42分。所沢。新宿線・本川越方から池袋線・4番ホームへ進む6101Fの回送列車。
2022年6月4日 11時42分。所沢。

新宿線・本川越方から池袋線・4番ホームへ進む6101Fの回送列車。

2022年6月4日 11時46分。所沢。4番ホームから池袋方へ発車した6101Fの回送列車。
2022年6月4日 11時46分。所沢。

4番ホームから池袋方へ発車した6101Fの回送列車。

6101Fの池袋への送り込み回送は、清瀬駅2番ホームで2134レを待避してました。

2022年6月4日 11時53分。清瀬。2134レの車内から見えた6101Fの上り回送列車。
2022年6月4日 11時53分。清瀬。

2134レの車内から見えた6101Fの上り回送列車。

そして、石神井公園駅4番ホームを6524レの後に通過。

2022年6月4日 12時17分。石神井公園。手前が6番線で折り返し待ちの07K運用のY514F。左奥が6101Fの上り回送列車。
2022年6月4日 12時17分。石神井公園。

手前が6番線で折り返し待ちの07K運用のY514F。左奥が6101Fの上り回送列車。

2022年6月4日 12時17分。石神井公園。左が6番線で折り返し待ちの07K運用のY514F。右が6101Fの上り回送列車。
2022年6月4日 12時17分。石神井公園。

左が6番線で折り返し待ちの07K運用のY514F。右が6101Fの上り回送列車。

復路は夕方の運転。
練馬駅の下りホームで待っていたら、豊島園始発の5498レの後ろに隠れて6101Fの池袋ゆき団臨は17時0分に練馬駅を通過。

2022年6月4日 17時0分。練馬。6101Fの池袋ゆき団臨(左奥)と、2073Fの5498レ。
2022年6月4日 17時0分。練馬。

6101Fの池袋ゆき団臨(左奥)と、2073Fの5498レ。
手前のホームドアの透明部分は、2番ホームの乗客の女性の足が映っています。西日が強くて、ホームドアの透明部分が鏡になってしまったのでしょう。3番ホーム停車中の2073Fの車体の反射光は突破できませんでした。

団臨で池袋駅に到着した6101Fは、17時15分に下り方へ回送されました。

2022年6月4日 17時16分。池袋。左から、7番ホームから発車した6101Fの下り回送列車、001系の34レ、電留線で寝る6155F。
2022年6月4日 17時16分。池袋。

左から、7番ホームから発車した6101Fの下り回送列車、001系の34レ、電留線で寝る6155F。

| | コメント (1)

2022年6月11日 (土)

2022年6月1日(水)〜3日の西武線 見ただけほか、道は曲がっていることもありますね

6月1日(水)

40153Fの2104レと20104F(ライオンズ)の2193レに乗車してました。

石神井公園駅6番線の夜間滞泊は東急5159Fで、いつもの東急車でした。

2022年6月1日。石神井公園。右から、001系の4レ、6番線で夜間滞泊だった東急5159F。
2022年6月1日。石神井公園。

右から、001系の4レ、6番線で夜間滞泊だった東急5159F。

2022年6月1日。石神井公園。40153Fの2104レ(右)を追い抜く001系の特急4レ。
2022年6月1日。石神井公園。

40153Fの2104レ(右)を追い抜く001系の特急4レ。

朝8時ころの池袋駅東口前。千曲バスが2台。

2022年6月11日 8時10分。池袋駅東口前。左手前が上田ゆきで、奥の、交差点を左に曲がるバスは御代田ゆきです。
2022年6月11日 8時10分。池袋駅東口前。

左手前が上田ゆきで、奥の、交差点を左に曲がるバスは御代田ゆきです。

2022年6月1日 8時12分。池袋駅東口前。左が上田ゆきの千曲バス。右は一ツ橋ゆきの最終 都バス。
2022年6月1日 8時12分。池袋駅東口前。

左が上田ゆきの千曲バス。右は一ツ橋ゆきの最終 都バス。

以下を(リ)ツイートしてました。

6月2日(木)

自宅で静かにしてましたが、下記の通り。
横田基地に着陸するジェット機が多かった。戦闘機ではなくて普通の、ただし色は灰色。
西武4009Fの下り回送が夜のいつもの時刻にあった。
自宅近くの病院にCOVID-19ワクチンを打ってもらいに行ったら同姓同名の人がいた(漢字は未確認)。

以下のツイートも。

6月3日(金)

狭山ヶ丘 05:19 側線40154F
所沢 05:27 電留線(W)2077F
清瀬 05:40 引き上げ線40151F 4番ホーム6153F
保谷 05:47, 4番線2085F 21番線6103F 22番線6109F 25番線20158F 26番線N2000系
石神井公園05:52, 6番線・東急5161F

3102レは20102F、5204レは2069F。
5101レは38103F、5107レはN2000系。

帰宅は2463F+2075Fの2183レ。秩父線内の大雨の影響で発車は3分遅れ(2182レの到着は19時37分で5分遅れでした)。池袋発車時点の先頭車は満席で80人ほどが立っていました。

朝の池袋駅東口前で日本共産党が街宣活動してました。
「共産主義」を標榜すること以外は日本で主張が一番普通な政党なので、特に言うことはなし。
強いて言えば「がんばれー」。

2022年6月3日 午前8時過ぎ。池袋駅東口前。歩道から撮ってます。道路が曲がっています。
2022年6月3日 午前8時過ぎ。池袋駅東口前。

歩道から撮ってます。道路が曲がっています。

| | コメント (1)

2022年5月30日(月)・5月31日の西武線 見ただけほか、千曲バスの「高速教習車」も

5月30日(月)

20107Fの2102レと(<-飯能)32106F+38113Fの2193レに乗っていました。

2022年5月30日。元加治。20107Fの2102レ。
2022年5月30日。元加治。20107Fの2102レ。

5月31日(火)

32106F+38113Fの2104レと32105F+38109Fの3103レに乗車してました。
2104レの頃の元加治駅前にはパトカーがいて(珍しい)、池袋20時55分発の3103レの先頭車は満席で30人ほどが立っていました(痴漢さんの活躍は難しそうでした、良いことです)。

石神井公園駅6番線の夜間滞泊は珍しくメトロ車でした。

2022年5月31日。石神井公園。右から、001系の4レ、夜間滞泊のメトロ17094F、30000系の5701レ。
2022年5月31日。石神井公園。

右から、001系の4レ、夜間滞泊のメトロ17094F、30000系の5701レ。

お昼の高田馬場界隈。千曲バスの高速バスの教習運転がありました。

2022年5月31日。高田馬場〜下落合。2545F+2529Fの5635レ。
2022年5月31日。高田馬場〜下落合。

2545F+2529Fの5635レ。手前の2545Fの集電装置はシングルアーム式。

220531babaoti1245
2022年5月31日。高田馬場〜下落合。

10108Fの115レ。右に映っているのは30103Fの2332レ。

2022年5月31日 12時16分頃。高田馬場駅近くの新目白通り。都心側へ向かう千曲バスの「高速教習車」。
2022年5月31日 12時16分頃。
高田馬場駅近くの新目白通り。
都心側へ向かう千曲バスの「高速教習車」。
2022年5月31日 12時39分頃。高田馬場駅近くの新目白通り。都心側から戻ってきた千曲バスの「高速教習車」。
2022年5月31日 12時39分頃。
高田馬場駅近くの新目白通り。

都心側から戻ってきた千曲バスの「高速教習車」。

| | コメント (1)

2022年5月29日(日)の西武線ほか見ただけ

この日は西武球場前駅が最寄りの野球場のプロ野球の試合が早く終わり(13時開始、西武3点 Vs DeNA2点、2万2907人、試合時間は2時間48分だったようです)、ひばりヶ丘駅で快速急行2156レに追い抜かれる、7254レ(球場前15時55分発・急行 池袋ゆき)が運転されていましたが、私は間に合わず。
7258レ(球場前16時25分発・急行 池袋ゆき)は石神井公園駅で拝見できました。10分ほどの遅れ。

2022年5月29日 17時1分。石神井公園。4番ホームを発車した10分ほど遅れの20102Fの7258レ。
2022年5月29日 17時1分。石神井公園。

4番ホームを発車した10分ほど遅れの20102Fの7258レ。

2022年5月29日 17時48分。西所沢。7258レで池袋駅に到着後に回送されてきた20102F(左)と4009Fの上り列車。
2022年5月29日 17時48分。西所沢。

7258レで池袋駅に到着後に回送されてきた20102F(左)と4009Fの上り列車。

夕方の38113Fの2151レは6分ほど遅れて元加治へ到着したのですが、その後、下り列車は途絶えて(練馬駅で急病人対応のためと聞こえてきました)、001-B編成の29レ16分ほど遅れ。
3701レは20分ほど遅れて、10分ほど遅れの2174レ?と元加治駅で並んでました。

2022年5月29日 18時25分。元加治。001-B編成の29レ。
2022年5月29日 18時25分。元加治。001-B編成の29レ。
2022年5月29日 18時43分。元加治。40105Fの飯能ゆきS-TRAIN 403レ。10分ほどの遅れ。
2022年5月29日 18時43分。元加治。

40105Fの飯能ゆきS-TRAIN 403レ。10分ほどの遅れ。

2022年5月29日 18時56分。元加治。東急5121Fの3701レ(右)と2079Fの2174レ?。
2022年5月29日 18時56分。元加治。
東急5121Fの3701レ(右)と2079Fの2174レ?。
2022年5月29日 18時57分。元加治。振り遅れてますが、「SDGsトレイン」の東急5121Fの3701レ。
2022年5月29日 18時57分。元加治。

振り遅れてますが、「SDGsトレイン」の東急5121Fの3701レ。
監視カメラありでも社会がなくなるよりはマシですが、できれば、監視カメラ必須 社会の維持はおやめいただけると幸甚です。ムリかな。(嘘です)
昔は神が監視してくれてたけど、今では望むべくもなく、・・・?

時間をさかのぼり、朝の飯能市。湯の沢から下ってきた飯能駅ゆきの国際興業バスです。
山伏峠へ至る県道を、少し登った所が始発です。

2022年5月29日 8時20分頃。名郷。湯の沢始発の飯能駅ゆき国際興業バス。
2022年5月29日 8時20分頃。名郷。湯の沢始発の飯能駅ゆき国際興業バス。
2022年5月29日 8時20分頃。名郷。

湯の沢始発の飯能駅ゆき国際興業バス。
車体広告バスでした。

午前中は自宅から自転車で、飯能市の名郷からさらに進んで山伏峠まで行きました。
前回のような左膝の違和感は発生せず、無事に3時間ほどで到達。

2022年5月29日 9時過ぎ。山伏峠。奥に行こうが手前へに戻ろうが下り坂の峠の頂上。
2022年5月29日 9時過ぎ。山伏峠。

奥に行こうが手前へに戻ろうが下り坂の峠の頂上。

2022年5月29日 9時過ぎ。山伏峠から芦ケ久保側へ少し下った所。左手の林の上が「名栗げんきプラザ」です。
2022年5月29日 9時過ぎ。

山伏峠から芦ケ久保側へ少し下った所。
左手の林の上が「名栗げんきプラザ」です。

吾野駅や東吾野駅、そして越生駅から登る山道は林道ですが、今回の山伏峠は県道ということもあり、休憩は、極端に坂がきつい所を越えた1箇所だけで、登りきれました。
地形図では峠の先に大きな建物があったので、少し下って行ってみたら飯能市のプラネタリウム「名栗げんきプラザ」でした。更に下ると、芦ケ久保方面と正丸駅方面とに道が別れ、正丸駅方面に進めば西武秩父線に沿って走る国道299号線に出るのですが、大型トラックが多いのでもと来た道を引き返し、帰りは1時間ほど早く帰宅できました。

最近、STRAVAというアプリを使っています。これによると名郷から山伏峠までの4km弱を私は35分ほどで走ってました。速い人は10分ほどで走りきっているそうです。

| | コメント (1)

2022年6月 5日 (日)

2022年5月28日(土)の西武線ほか見ただけ、バスと飛行機も

朝の仏子駅 中線で待避する4009Fの上り回送列車。

2022年5月28日 7時28分。仏子。中線に到着する4009Fの上り回送列車(右)と、001系の下り特急3レ。
2022年5月28日 7時28分。仏子。

中線に到着する4009Fの上り回送列車(右)と、001系の下り特急3レ。

2022年5月28日 7時32分。仏子。中線で待機する4009Fの上り回送列車(手前)と、東急4107Fの68レ。
2022年5月28日 7時32分。仏子。

中線で待機する4009Fの上り回送列車(手前)と、東急4107Fの68レ。

2022年5圧28日 7時36分。仏子。001系の上り特急 68レが通過した3分ほど後。
2022年5圧28日 7時36分。仏子。

001系の上り特急 68レが通過した3分ほど後。
4009Fの上り回送列車(手前)と2465F+2073Fの4109レ(左奥)。

朝と夕方のS-TRAIN。

2022年5月28日 8時19分。所沢。4番ホームへ到着する40102Fの西武秩父ゆきS-TRAIN 401レ(手前)と、5番ホームで待つ20153Fの5211レ。
2022年5月28日 8時19分。所沢。

4番ホームへ到着する40102Fの西武秩父ゆきS-TRAIN 401レ(手前)と、5番ホームで待つ20153Fの5211レ。
いつものように2465F+2073Fの3108レと401レのすれ違いを撮りに行ったのですが、かなり秋津寄りでのすれ違いとなっていました。

2022年5月28日 17時57分。富士見台。通過した40105Fの飯能ゆきS-TRAIN 403レ(左)。
2022年5月28日 17時57分。富士見台。

通過した40105Fの飯能ゆきS-TRAIN 403レ(左)。

4109レが(<-飯能)2465F+2073Fだったので、21064レからだったと思います。
14時半ころは、2465Fだけが小手指車両基地の中央付近にいました。

緑色の東急5122Fは06K運用。飯能ゆき快速の3701レも担当。

2022年5月28日 18時6分。富士見台。東急5122Fの3701レ。
2022年5月28日 18時6分。富士見台。東急5122Fの3701レ。

夕方の池袋駅。若い女性お二人が歌うバスが走り回っていました。
車体は改造されて、中央側面は窓が大きくなっていて、そこで歌っていますが、窓はブラック基調で、車内の様子がこまかく見えるわけではありません。

2022年5月28日 夕方。池袋駅東口近く。ライブバスとでも言うのでしょうか。
2022年5月28日 夕方。池袋駅東口近く。

ライブバスとでも言うのでしょうか。
追いかけてる人はいなかったです。

久し振りに豊島区・練馬区の上空でジェット機を見ました。
富士見台駅では2機が一枚の写真に入ったりも。

2022年5月28日 17時半頃。池袋。左上、赤信号の下あたりにジェット機が写っています。
2022年5月28日 17時半頃。池袋。

左上、赤信号の下あたりにジェット機が写っています。

2022年5月28日 18時前。富士見台駅。南の空を見ています。左下と右上にジョット機が見えてます。
2022年5月28日 18時前。富士見台駅。

南の空を見ています。左下と右上にジョット機が見えてます。

| | コメント (1)

2022年5月28日 (土)

2022年の西武 芝桜臨時ダイヤ 見ただけ、その2 特急「むさし63号」の西武秩父延長

通常は飯能止まりの特急「むさし63号」63レは西武秩父へ延長(以下「63レ」と記してますが延長区間の列車番号は知りません)

2022年5月8日。飯能。西武秩父へ発車した001-D編成の63レ。
2022年5月8日。飯能。西武秩父へ発車した001-D編成の63レ。

吾野駅では、ホームに面さない線路を通過。通常は、特急は2番ホームを通過しています。

2022年4月24日 10時2分。吾野。001-G編成の下り特急「むさし63号」(右)と、4013Fの5020レ。
2022年4月24日 10時2分。吾野。

001-G編成の下り特急「むさし63号」(右)と、4013Fの5020レ。

西武秩父の到着は特急ホームで、すぐに横瀬へ回送されて、ラビューの並びはならず。

2022年5月1日 10時32分。西武秩父。001-F編成の、到着する63レ。
2022年5月1日 10時32分。西武秩父。001-F編成の、到着する63レ。
2022年5月1日 10時42分。西武秩父。特急ホームから発車する001-F編成の上り回送列車。
2022年5月1日 10時42分。西武秩父。

特急ホームから発車する001-F編成の上り回送列車。
2番ホームに停車中は臨時各停で到着した38109F、3番ホーム停車中は5015レで到着した38107F。この後、それぞれ、5024レ、上り回送となりました。
38107Fは14時57分に西武秩父へ回送で戻され、定期の5042レになります。

| | コメント (1)

2022年5月21日 (土)

2022年5月11日(水)〜13日の西武線 見ただけ、原因がいまだ非公表の早朝停電でダイヤ乱れほか

5月11日(水)

元加治から(<-飯能)32101F+38111Fの3106レに乗車。座って池袋へ直行するつもりでしたが、入間市で抑止。
001-D編成の4レも隣の5番ホームに停車。
清瀬〜小手指駅間の停電のためとのことでした。
4レは6時32分発、3106レも6時34分に発車。

2022年5月11日 6時32分。入間市。30分ほどの遅れで発車していく4レ(右)と、抑止の3106レ(左)。
2022年5月11日 6時32分。入間市。

30分ほどの遅れで発車していく4レ(右)と、抑止の3106レ(左)。

3106レは6時38分に武蔵藤沢駅へ到着し、再び抑止。踏切も開きました。
6時46分に再び踏切が閉まり、狭山ヶ丘駅のホームが空いたことを乗務員が確認後(4レがいました。西武線アプリの列車位置情報 使用かな、タブレット(電子機器)で確認してました)、6時50分に発車しました。

所沢駅の場内信号機で足止めされ、所沢発車は7時7分。
清瀬駅は3番ホームに着発し、6レの通過待ち。7時17分発。
ひばりヶ丘駅で20158Fの5854レを追い抜かし、途中駅を通過し、石神井公園駅手前で6レに追い付き、場内信号機の開通後 3番ホームへ到着。練馬まで各停となり7時32分発。練馬高野台駅には20104Fの各停 飯能ゆきが止まっていたので降りました。

2022年5月11日 7時34分。練馬高野台。左が20140Fの各停 飯能ゆき。右は38111F+32101Fの3106レ。
2022年5月11日 7時34分。練馬高野台。

左が20140Fの各停 飯能ゆき。右は38111F+32101Fの3106レ。

2022年5月11日 7時36分。練馬高野台。32101Fがお尻の10連の3106レが緩行線を走行。
2022年5月11日 7時36分。練馬高野台。

32101Fがお尻の10連の3106レが緩行線を走行。

次に到着した20000系の各停 池袋ゆきに体を押し込み(7時38分頃の発車)、練馬高野台から池袋へ直行。
途中、複々線の富士見台と中村橋で追い抜かれ、練馬でも001系を先に行かせ、東長崎でも40000系に追い抜かれ、池袋駅の1・2番ホームへ8時7分に到着でした。
池袋駅の7番ホーム方の電留線には001系がいました。

このダイヤ乱れは下記の件でした。
公式サイトには原因や謝罪の告知は(まだ)ないです。首相官邸FBで計画停電のすすめをコメントした沿線住民(私のことですね)が原因、というご判断とは思っておりませんので、悪しからず。

帰宅は6111Fの2189レ。
52Kが6151F代走だからか、52K運用の武蔵小杉ゆき各停 6812レは西武 6151Fでした。

21時ころの小手指車両基地の飯能方に2本並んだN2000系4連は、1本だけ電源オン。

毎朝の西武バス。
この週は、平日、毎日この時間帯に池袋ゆき西武バスを見てましたが、この日だけ「WANDA」車体広告ではなかったです。

2022年5月11日。池袋駅東口近く。新宿から池袋へやって来た西武バス。
2022年5月11日。池袋駅東口近く。
新宿から池袋へやって来た西武バス。

5月12日(木)

朝は(<-飯能)2463F+2079Fの2104レなど、夜は6105Fの2191レに乗車してました。

朝の小手指車両基地のN2000系4連2本は、前の晩と同じ場所でどちらも電源オフ。
狭山線は1249Fに、263Fが追加な感じの車両基地でした。

24M運用の6804レはメトロ10011Fの代走でした。

2022年5月12日。石神井公園。右がメトロ10011Fが代走の24M運用・6804レ。左は6番線で夜間滞泊だった東急5157F。
2022年5月12日。石神井公園。

右がメトロ10011Fが代走の24M運用・6804レ。左は6番線で夜間滞泊だった東急5157F。

お昼の高田馬場界隈。

2022年5月12日。高田馬場〜下落合。10112Fの120レ。
2022年5月12日。高田馬場〜下落合。
10112Fの120レ。
2022年5月12日。高田馬場〜下落合。20105Fの2330レ(右)と6102Fの2637レ。
2022年5月12日。高田馬場〜下落合。
20105Fの2330レ(右)と6102Fの2637レ。

5月13日(金)

20107Fの2102レと(<-飯能)32105F+38105Fの2187レに乗車してました。
2187レの池袋発車時点の先頭車は、満席で、70人ほどが立っていました。

仏子〜元加治駅間、21:34、4000系下り。
20時50分ころの小手指車両基地の入口付近には、「回送」表示の4000系4連がスタンバイしてました。

| | コメント (1)

より以前の記事一覧