« 西武20152Fが池袋線で走っていました | トップページ | 5月15日早朝の西武新宿線 »

2009年5月17日 (日)

09年5月17日、京成電鉄 瞥見

2009年5月17日(日)は所用で、久しぶりに京成電鉄に乗車しました。

すると、運転室と客室との仕切りのカーテンが3枚とも開いていました。運転士の背後の窓はカーテンが閉じていることが多かった京成電鉄に、何が起きたのか?

また3600系の特急列車に乗車し、いわゆる「かぶりつき」をしていると、運転士がたまに「保安スイッチ」とラベルがあるあたりを操作していました。スイッチをオフ・オンする感じでした。およそ30分の乗車中、3・4回あったでしょうか。

スカイライナーの前面には、創業創立100周年ということでヘッドマークが付いていました。

なお西武鉄道の飯能~吾野間は、今年が開通80周年ということで、記念のハイキングなどイベントを開催しています。



090517nippori


2009年5月17日、日暮里、到着する上りのスカイライナー。

最後に、津田沼駅から見えるところに、検査が終わったばかりと思われる、床下機器がピカピカの3500形4両編成が止まっていました。

更新工事が進み、東武8000系と同様に前面のモデルチェンジが行われていますが、対象外の車両もあるようです。番号は上野方が3596です。



090517tudanuma


2009年5月17日、京成津田沼、右端に3596~3593が留置中。


|

« 西武20152Fが池袋線で走っていました | トップページ | 5月15日早朝の西武新宿線 »

コメント

はじめまして

京成の3500系は全部で96両が製造されました。
その後、大規模リニューアル工事を施すことになったのですが、あまりに費用がかかったため、リニューアル工事を途中で打ち切って3000系による置き換えに方針転換したという経緯があります。

投稿: 東怪人 | 2009年6月22日 (月) 23時05分

東怪人さん、こんばんは。

3500系の更新車は確かに、手がかかっていそうですね。

コメント、ありがとうございました。

投稿: 鈴木やす | 2009年6月23日 (火) 21時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 09年5月17日、京成電鉄 瞥見:

« 西武20152Fが池袋線で走っていました | トップページ | 5月15日早朝の西武新宿線 »