2022年1月 8日 (土)

2022年1月1日(土)の西武線ほか見ただけ、初日の出、虫干し?、「盗賊専用」?

1週間遅れとなりましたが、「新年 明けまして、おめでとうございます」。
1月1日は、2022年の初日の出を自宅から拝見してました。

2022年1月1日 6時53分頃。西側を見てます。左端に、初日の出を浴びた富士山の山頂が見えています。
2022年1月1日 6時53分頃。

西側を見てます。左端に、初日の出を浴びた富士山の山頂が見えています。
右手の加治丘陵はまだ日があたっていませんが、奥の、東京都か山梨県辺りのお山にも日が差してます。

2022年1月1日 6時59分頃。西側を見てます。右手の加治丘陵の上に日が当たり始めました。
2022年1月1日 6時59分頃。

西側を見てます。右手の加治丘陵の上に日が当たり始めました。
手前の建物群は、駿河台大学です。

2022年1月1日 7時12分頃。東から太陽が昇ってきました。2022年の初日の出。
2022年1月1日 7時12分頃。

東から太陽が昇ってきました。2022年の初日の出。

大晦日は、終夜運転で、押上〜金町駅間を直通運転するという京成を見に行こうかなと思ったものの、寒いのでやめて、早目に寝てました。除夜の鐘は聞かず(なかったかも)。

10時前の飯能駅。

2022年1月1日。飯能。右から、40101Fの4116レ、4003Fの5017レ、メトロ10021Fの上り回送列車(9時58分発)。
2022年1月1日。飯能。

右から、40101Fの4116レ、4003Fの5017レ、メトロ10021Fの上り回送列車(9時58分発)。

10時半ころの吾野駅で、4003Fの5017レと(<-飯能)4013F+4017Fの5022レが交換し、さらに001-E編成の9レが5017レを追い抜きでした。

2022年1月1日。吾野。左から、001-E編成の9レ、4003Fの5017レ、4013F+4017Fの5022レ。
2022年1月1日。吾野。

左から、001-E編成の9レ、4003Fの5017レ、4013F+4017Fの5022レ。

横瀬駅にはクハ2001がまだ残っていました。
保存車両の多くはカバーが外されていました。またホーム横の電留線で留置が続く、10000系3両や3011F3両は、1箇所ずつ、連結面のカバーが外されていました。

2022年1月1日 11時前。横瀬。下り列車の車内から見た、保存車両。右手前がクハ2001(保存車両かは不明)。
2022年1月1日 11時前。横瀬。

下り列車の車内から見た、保存車両。右手前がクハ2001(保存車両かは不明)。

2022年1月1日 11時前。横瀬。電留線で留置の10000系。一部のカバーはめくられていました。
2022年1月1日 11時前。横瀬。

電留線で留置の10000系。一部のカバーはめくられていました。

2022年1月1日 11時前。横瀬。発車した下り列車から見た駅構内。留置中のS-TRAIN用の40000系(左)と、廃車となった3011Fと10000系。
2022年1月1日 11時前。横瀬。

発車した下り列車から見た駅構内。留置中のS-TRAIN用の40000系(左)と、廃車となった3011Fと10000系。

秩父鉄道のSL列車を見てたりした件は別掲(その1その2)しております。

長瀞駅始発の各停 飯能ゆきは西武4005F。15時16分に秩父駅から回送されてました。
この後、16時7分に和銅黒谷駅にいた長瀞ゆき回送列車は西武4015Fでした。

2022年1月1日 15時22分。長瀞。発車した西武4005Fの各停 飯能ゆき。
2022年1月1日 15時22分。長瀞。
発車した西武4005Fの各停 飯能ゆき。

3月のダイヤ改正でなくなる模様の、西武秩父始発の池袋ゆき快速急行1002レは20158F。秩父鉄道の三峰口ゆきとの強引な並びです。

2022年1月1日 16時18分頃。御花畑。右が7503ほか3連の三峰口ゆき。奥は西武秩父駅で、停車中の列車は20158Fの1002レ。
2022年1月1日 16時18分頃。御花畑。

右が7503ほか3連の三峰口ゆき。奥は西武秩父駅で、停車中の列車は20158Fの1002レ。

西吾野駅のホームは工事中。

2022年1月1日。西吾野。飯能方。右は4003Fの5017レ、左は通過する上り特急22レ。
2022年1月1日。西吾野。飯能方。
右は4003Fの5017レ、左は通過する上り特急22レ。
2022年1月1日。西吾野。5017レから見た秩父方。
2022年1月1日。西吾野。5017レから見た秩父方。

芦ケ久保の氷柱は、今年は大丈夫なようでした。

2022年1月1日。芦ケ久保〜横瀬。列車から見られた「芦ケ久保の氷柱」。
2022年1月1日。芦ケ久保〜横瀬。
列車から見られた「芦ケ久保の氷柱」。

お昼前の秩父神社は参拝客が列をなしていました。
写真は、入口から100メートルほどの所、行列の最後尾です。

2022年1月1日。秩父神社の横。参拝者の行列の末尾。
2022年1月1日。秩父神社の横。参拝者の行列の末尾。

秩父鉄道の長瀞駅近くの商店にあった、三峯神社の御札。「盗賊専用」です。その他の犯罪や、A級戦犯の厄除けには、役に立たないのでしょう(欲張ってはいけません)。

2022年1月1日。長瀞駅近く。
2022年1月1日。長瀞駅近く。

元旦で、「長瀞ライン下り」はお休み。秩父鉄道のマイクロバスが長瀞駅横の駐車場に並んでいました。

2022年1月1日。長瀞駅横の駐車場。「長瀞ライン下り」の秩父鉄道のマイクロバス。奥にも1列が並んでいたの、計8台はあるようです(9台だったかも)。
2022年1月1日。長瀞駅横の駐車場。

「長瀞ライン下り」の秩父鉄道のマイクロバス。奥にも1列が並んでいたの、計8台はあるようです(9台だったかも)。

| | コメント (1)

2022年1月1日の秩父鉄道 見ただけ、その2

1月1日、秩父鉄道の復路のSL列車を影森駅近くで撮らせていただきました。

2022年1月1日 14時23分頃。影森〜裏山口。上りのSL列車。
2022年1月1日 14時23分頃。影森〜裏山口。

上りのSL列車。
上り勾配で煙を盛大に吹き上げてSL列車が影森駅へ近づいて来たこの辺りで、私がいた踏切(遮断棹なし)をイカレたアンちゃん(バッグ等は持たず)が横断、渡りきってからSL列車の方にカメラ(スマホかも)を構えて、すぐに歩き去りました。
SL列車は一旦 制動したものの、スピードは落とさず(元々 遅い)、そのまま通過しました。私の目の前でヒステリックに汽笛を鳴らしてました(当然です)。

2022年1月1日 14時23分頃。影森〜裏山口。イカレたアンちゃんは立ち去り、上りのSL列車は通過。
2022年1月1日 14時23分頃。影森〜裏山口。

イカレたアンちゃんは立ち去り、上りのSL列車は通過。

2022年1月1日 14時24分頃。影森駅。ヒステリックに(当然です)汽笛を鳴らした後は、上りのSL列車はそのまま進み、留置の2本の「開運号」の間を通って影森駅を通過。
2022年1月1日 14時24分頃。影森駅。

ヒステリックに(当然です)汽笛を鳴らした後は、上りのSL列車はそのまま進み、留置の2本の「開運号」の間を通って影森駅を通過。

後続の列車で長瀞へ向かいました。上りのSL列車に追い付き、発車を撮ることができました。

2022年1月1日 15時13分頃。長瀞。発車する、熊谷ゆきのSL列車。
2022年1月1日 15時13分頃。長瀞。
発車する、熊谷ゆきのSL列車。

14時ころの影森駅では、「開運号」HM付きの6001ほか3連と、6002ほか3連が留置されていました。

2022年1月1日 14時過ぎ。影森、どちらも「開運号」ヘッドマークが着いた、6201ほか3連と6202ほか3連。
2022年1月1日 14時過ぎ。影森、

どちらも「開運号」ヘッドマークが着いた、6201ほか3連と6202ほか3連。

開運号の元・西武101系の横に、元・都営6000系の羽生ゆきが到着。

2022年1月1日 14時46分頃。影森。左は5002ほか3連の羽生ゆき。右が留置の6001ほか3連。
2022年1月1日 14時46分頃。影森。

左は5002ほか3連の羽生ゆき。右が留置の6001ほか3連。

影森駅に留置されていた6001ほか3連の「開運号」は、長瀞15時51分の急行 熊谷ゆきになっていました。

2022年1月1日 15時51分。長瀞。発車した6201ほか3連の急行 熊谷ゆき。
2022年1月1日 15時51分。長瀞。
発車した6201ほか3連の急行 熊谷ゆき。

ラグビー・ワールドカップの車体広告電車はまだ走っていました。

2022年1月1日 15時55分。長瀞。7504ほか3連の羽生ゆき(左)と、ラグビー・ワールドカップ車体広告の7503ほか3連の三峰口ゆき。
2022年1月1日 15時55分。長瀞。

7504ほか3連の羽生ゆき(左)と、ラグビー・ワールドカップ車体広告の7503ほか3連の三峰口ゆき。

私鉄総連の車内広告がありました。

2022年1月1日。秩父鉄道。私鉄総連の車内中吊り広告(左)。
2022年1月1日。秩父鉄道。
私鉄総連の車内中吊り広告(左)。

| | コメント (1)

2022年1月1日の秩父鉄道 見ただけ、その1

1月1日お昼の秩父鉄道の秩父駅。西武4015F(左)と4005Fが留置中。電気機関車も留置されていました。

2022年1月1日 11時59分頃。秩父。「彩色兼備」の7507ほか3連の羽生ゆき(左)。
2022年1月1日 11時59分頃。秩父。
「彩色兼備」の7507ほか3連の羽生ゆき(左)。
2022年1月1日 12時8分頃。秩父。到着する、三峰口ゆきSL列車。
2022年1月1日 12時8分頃。秩父。
到着する、三峰口ゆきSL列車。
2022年1月1日 12時9分頃。秩父。到着したSL列車。乗務員さんが降りてきて、いつものように点検してました。
2022年1月1日 12時9分頃。秩父。

到着したSL列車。乗務員さんが降りてきて、いつものように点検してました。
私がいた、駅の三峰口方の踏切は、SL列車が到着時も開いていました。踏切の遮断棹が降りる位置より線路側で撮ってたら、背後で、「踏切内だな」と話す男性がいたりしました。
一般の方も踏切内に入ってSL列車を撮っていたのですが、通行する自動車に注意を払わずヒヤリとする場面もあったりしたものの、注意・交通整理する男性はいませんでした(天皇制と「日の丸」・「君が代」が大好きで、自衛隊は合憲と思う男性が、ニッポンには多いわけですが・・・、私は例外)。

2022年1月1日 12時15分。秩父。発車したSL列車。スマホ(タブレット?)カメラで撮ろうとする男性が前に入ってきたりと、人気者を撮るのには気苦労が絶えません。
2022年1月1日 12時15分。秩父。

発車したSL列車。スマホ(タブレット?)カメラで撮ろうとする男性が前に入ってきたりと、人気者を撮るのは苦労が絶えません。

SL列車の次の普通列車で三峰口駅に到着すると、C58-363はターンテーブルで方向転換し、機回しして、復路への態勢を整えていました。

2022年1月1日 13時35分頃。三峰口。転車台で方向転換を終え、終端側の引き上げ線へ進むC58-363。
2022年1月1日 13時35分頃。三峰口。

転車台で方向転換を終え、終端側の引き上げ線へ進むC58-363。
手前は、留置中の西武4011F。

2022年1月1日 13時38分頃。三峰口。西武4011Fの横を、終端側の引き上げ線から羽生方へ進むC58-363。
2022年1月1日 13時38分頃。三峰口。

西武4011Fの横を、終端側の引き上げ線から羽生方へ進むC58-363。

2022年1月1日 13時41分頃。三峰口。留置中の5202ほか3連と、本線から3番ホームへ入るC58-363(左奥)。
2022年1月1日 13時41分頃。三峰口。

留置中の5202ほか3連と、本線から3番ホームへ入るC58-363(左奥)。

2022年1月1日 13時42分頃。三峰口。客車の羽生方に連結されるC58-363。奥に西武4000系が見えてます。
2022年1月1日 13時42分頃。三峰口。

客車の羽生方に連結されるC58-363。奥に西武4000系が見えてます。

正月の1日・2日のSL列車は、「初詣」ヘッドマーク付き、ナンバープレートの地色は紫で、運転されたようです。

日の丸掲揚は、元旦だけ。

| | コメント (2)

2021年12月19日 (日)

2021年12月16日(木)・17日の西武線ほか見ただけ

12月16日(木)

12月16日(木)の朝は元加治駅の周辺で撮っていましたが、その後、午前中は秩父へ行って、駅前温泉「祭りの湯」に1時間ほど漬かってました。
お土産品エリアで、鹿肉のソーセージと干し肉を買いたかったのですが、業者さんから納品がないとのことで、鹿肉は味噌漬けだけがありました(豚肉の味噌漬けはなかったかも)。

2021年12月16日 11時52分頃。西武秩父。秩父鉄道の影森ゆき。
2021年12月16日 11時52分頃。西武秩父。
秩父鉄道の影森ゆき。

横瀬駅に沢山いた、廃車のN2000系・2000系は、クハ2001が残っているだけでした。

夕方ですが、すでに真っ暗な石神井公園駅。菊名ゆきのメトロ7034Fが発車待ち。

2021年12月16日。石神井公園。メトロ7034Fの菊名ゆき6626レと、発車していく6152Fの4588レ。
2021年12月16日。石神井公園。

メトロ7034Fの菊名ゆき6626レと、発車していく6152Fの4588レ。

桜台駅の池袋方。上り線の高架橋の外から、壁にペンキを塗っていたようです。

2021年12月16日。桜台。右が上り線。高架橋の壁の横に足場を組んで、ペンキを塗っていました。
2021年12月16日。桜台。

右が上り線。高架橋の壁の横に足場を組んで、ペンキを塗っていました。

午後の小手指駅上空を飛行機が飛んでいました。自衛隊かは知りません。

2021年12月16日 14時半頃。小手指。駅付近の上空を旋回する小型ジェット機。
2021年12月16日 14時半頃。小手指。

駅付近の上空を旋回する小型ジェット機。

東長崎駅の保守用車スペースに、両端にトロッコを連結したモーターカー2台を前日に見ていました。
16日も残っていました。

2021年12月16日 午後。東長崎。保守用車スペースに、砂利袋を積んだトロッコ+モーターカー2歳+分岐器の断片を積んだトロッコがいました。飯能方には別のモーターカーも。
2021年12月16日 午後。東長崎。保守用車スペースに、砂利袋を積んだトロッコ+モーターカー2歳+分岐器の断片を積んだトロッコがいました。飯能方には別のモーターカーも。
2021年12月16日 午後。東長崎。保守用車スペースに、砂利袋を積んだトロッコ+モーターカー2歳+分岐器の断片を積んだトロッコがいました。飯能方には別のモーターカーも。
2021年12月16日 午後。東長崎。保守用車スペースに、砂利袋を積んだトロッコ+モーターカー2歳+分岐器の断片を積んだトロッコがいました。飯能方には別のモーターカーも。
2021年12月16日 午後。東長崎。

保守用車スペースに、砂利袋を積んだトロッコ+モーターカー2歳+分岐器の断片を積んだトロッコがいました。飯能方には別のモーターカーも。

池袋駅前。「乃木坂46」の新アルバム発売PRのトラック2台が続いてやって来ました。
ご出勤を目撃したのかもしれません。
トラックの反対側は共通の絵柄で、手前側は、1台毎に別のメンバーの写真を載せていました。

2021年12月16日。池袋。「乃木坂46」の新アルバム発売PRのトラック2台。
2021年12月16日。池袋。

「乃木坂46」の新アルバム発売PRのトラック2台。

以下の(リ)ツイートも。

(続けて)
そのうち、ATO・無人運転になるので、万事解決するのかな。

(ご意見アカウントから)
個室でないと仕事に集中できないというのも、贅沢な話なわけでして。
多くの乗客の生命を預かっている使命を自覚し、乗客の「監視」の下、運転士さんは業務にあたっていただければと思います。
警察がすぐに来ない件は、日本共産党がとか口走ると改善したり、しないかや?

12月17日(金)

狭山ヶ丘 05:19 側線(<-飯能)32104F+38109F
所沢 05:27 電留線(E)40155F (W)20152F
清瀬 05:40 引き上げ線6155F 4番ホーム40151F
保谷 05:47, 4番線20153F 21番線40156F 22番線6152F 25番線2089F 27番線N2000系
石神井公園05:52, 6番線・東急5154F

3102レは32101F+38107F、5204レは2085F。
5101レは20158F、5107レはN2000系。
5851レは38101F(ドラえもん)。

38117Fに会わないな、新宿線にいるんだろうなと、フト、思った12月17日。

左膝の調子はほぼ戻り、非・身体障害者をやってましたが、朝は雨が強く降ってて困りました。
お昼にはやんでいました。

2021年12月17日。高田馬場駅近くの新目白通り。池袋ゆきの越後交通の高速バス。
2021年12月17日。高田馬場駅近くの新目白通り。
池袋ゆきの越後交通の高速バス。

しかし夜は天気が荒れてて、ひばりヶ丘駅と西所沢駅は風がとても強くて、ひばりヶ丘駅ではホームに立つ男性の顔にビニール袋が張り付くシーンを目撃、西所沢駅ではみぞれのような小雨も。
元加治界隈は比較的おだやかでした(でも風は時々かなり強い)。

朝の東長崎駅。
トロッコを両端に付けたモーターカー2台は前日同様に見られました。飯能方の別のモーターカー1台も。

以下の引用ツイートも。

| | コメント (2)

2021年12月12日 (日)

2021年12月9日(木)は入間市から熊谷市まで自転車で往復しました

12月9日(木)は休みだったので、自転車で熊谷へ行きました。往復90kmほどです。

自宅を午前7時ころに出発し、途中 道に迷いつつ(圏央道があって・・・)、1時間ほどで武蔵高萩駅近くにたどり着きました。
グリーンウォッシュは良い意味ではないので撮った、エコウォッシュのコインランドリーです。
帰宅してから調べたら、エコウォッシュに色は付いてないので大丈夫なようです。

2021年12月9日 8時5分。武蔵高萩駅近く。
2021年12月9日 8時5分。武蔵高萩駅近く。

パチンコ屋さんの駐車場の中に残る、昔の大農家のお屋敷みたいな感じでした。奥に玄関があるのだと思いますが。

2021年12月9日 8時19分。鶴ヶ島市内の国道407号線の脇。
2021年12月9日 8時19分。鶴ヶ島市内の国道407号線の脇。

坂戸駅の近くで、道路標識に初めて「熊谷」が登場。奥の陸橋の下は東武東上線です。

2021年12月9日 8時35分。坂戸駅近くの国道407号線。
2021年12月9日 8時35分。坂戸駅近くの国道407号線。

陸橋の横の踏切で東武東上線を撮影できました。

2021年12月9日 8時38分。坂戸〜若葉。東武30000系の上り列車とメトロ10000系の下り列車。
2021年12月9日 8時38分。坂戸〜若葉。

東武30000系の上り列車とメトロ10000系の下り列車。

北坂戸〜高坂駅間の東武東上線と国道407号線は並走してました。
遠くに見えるのは奥武蔵の山々。富士山も見えるはずですが、見つかりませんでした。

2021年12月9日 9時4分。北坂戸〜高坂駅間。
2021年12月9日 9時4分。北坂戸〜高坂駅間。
2021年12月9日 9時10分。北坂戸〜高坂駅間。
2021年12月9日 9時10分。北坂戸〜高坂駅間。
2021年12月9日 9時17分。北坂戸〜高坂駅間。
2021年12月9日 9時17分。北坂戸〜高坂駅間。

東松山〜熊谷駅間には路線バスがあり、1時間に3・4本が運転されていました。国際十王交通です。

2021年12月9日 10時20分。ひろせ野鳥の森駅から南へ6kmほどの所。
2021年12月9日 10時20分。

ひろせ野鳥の森駅から南へ6kmほどの所。
休憩しました。この時点で左膝に少し痛みあり。

熊谷の荒川べりに到着。左膝が痛んで辛かったです。右手100メートルほどが荒川の堤防で、工場地帯でした。
堤防の横の道路は大型トラックの通行も多く、工業地帯の道路で、地図で想像してたのとはまったく違ってました。

2021年12月9日 10時47分。日本ヒューム熊谷工場の横。
2021年12月9日 10時47分。日本ヒューム熊谷工場の横。

荒川を橋で渡って、秩父鉄道の広瀬川原車両基地を目にすることができました。

2021年12月9日 11時7分。埼玉県道385号線の荒川大橋から見えた秩父鉄道の広瀬川原車両基地。
2021年12月9日 11時7分。

埼玉県道385号線の荒川大橋から見えた秩父鉄道の広瀬川原車両基地。

荒川大橋を降りた交差点近くの食堂で昼食を摂りました。
食後の休憩を少しとり、復路を開始。
痛む左膝に悲痛な思いを抱きつつ、それでもせっかく来たのでと秩父鉄道の ひろせ野鳥の森駅へ行ったら、羽生方面ゆきが到着してきました。

2021年12月9日 12時6分。ひろせ野鳥の森。発車していく羽生方面ゆき。
2021年12月9日 12時6分。ひろせ野鳥の森。
発車していく羽生方面ゆき。

帰りは荒川沿いを走らず、埼玉県道385号線で山へ向かいました。
左膝は痛み、右腿は15分ほど連続して漕いでいると攣りそうな気配。帰れるか、不安を覚えつつ、まだ正午なんだからと悲観せず、休憩を頻繁にとり、上り坂では歩いて、森林公園の西口に到達。行きに通った国道407号線は、森林公園を挟んで東側です。

2021年12月9日 12時52分。森林公園の西口。道路は埼玉県道173号線。片側2車線の立派な道路を大型トラックが頻繁に通過してました。
2021年12月9日 12時52分。森林公園の西口。

道路は埼玉県道173号線。片側2車線の立派な道路を大型トラックが頻繁に通過してました。

坂戸駅近くの東武東上線。陸橋を挟んで、朝とは反対側の踏切です。

2021年12月9日 15時9分。坂戸〜若葉。東急5050系の下り列車。
2021年12月9日 15時9分。坂戸〜若葉。

東急5050系の下り列車。
朝は自宅からここまで1時間半ほどでした(道に迷ったりもしてました)が、帰りはここから自宅まで2時間程かかりました(地図をきちんと調べて最短経路だったはず)。

日光街道の、国道407号線。車道の両脇に、落ち葉が積もった遊歩道があったので、そこをのんびり走り/歩きました。夕日が木々の間から差してきれいでした。

2021年12月9日 15時40分。国道407号線の鶴ヶ島市と日高市の境。
2021年12月9日 15時40分。国道407号線の鶴ヶ島市と日高市の境。

新潟運輸のトラックターミナルです。ここから自宅まで、4kmほど。
30分ほどかかり、17時ちょうどに帰宅。

2021年12月9日。新潟運輸 関東統括 狭山支店。
2021年12月9日。新潟運輸 関東統括 狭山支店。

左膝が痛むといっても曲げることは可能だったので、暖かくして寝て、翌日はプチ身体障害者(階段昇降不可)として、エスカレーターやエレベータを活用して、過ごしました。
12日(日)も階段を普通に昇降は不可ですが、来週末は普通に昇降できると期待しております。

GPSとグーグルマップにも助けられた90kmでした。

| | コメント (2)

2021年11月20日 (土)

2021年11月14日(日)は埼玉県民の日、お得な一日乗車券で周遊、その2

11月14日(日)。寄居駅で秩父鉄道の県民の日 一日乗車券を購入(1000円)。
長瀞の人気がすごいようで、駅の窓口は40人ほどが行列。列車に間に合うかと心配しましたが、長瀞へ行くだけの人は券売機でも切符を買えると気付いてくれて、大して待つことなく、無事、窓口で購入できました。
三峰口方面ゆきは観光客で混んでいましたが、それほどでもない熊谷ゆきに乗車。途中、制服の女子高生の集団に囲まれてドキマキするハプニング?もありましたが、上熊谷駅で下車。
近くの陸橋から、通過する、「SAITAM」ヘッドマーク付きC58-363牽引のSL列車を、やや強引に撮影。

2021年11月14日 10時13分頃。上熊谷。C58-363牽引のSL列車。
2021年11月14日 10時13分頃。上熊谷。
C58-363牽引のSL列車。

上熊谷駅でSL列車を撮った後は、近くの八木橋デパートで開催されていた写真展を見に行きました。
朝日新聞の埼玉版に妻沼線の写真展と出ていたので行ってみたのですが、実際は地域の写真愛好家のグループの写真展で、その中に妻沼線の写真もある感じでした(デパート内の掲示も妻沼線を強調してましたが)。妻沼線以外の写真もすてきだったので特に問題はなかったです。
その後、熊谷駅へ歩くと、「直実号」と出会えました。

2021年11月14日 10時半頃。熊谷市内。直実号バス。
2021年11月14日 10時半頃。熊谷市内。直実号バス。

秩父鉄道 熊谷駅の構内。SL列車の1時間ほど後の三峰口ゆきに乗車。

2021年11月14日 11時過ぎ。熊谷。
2021年11月14日 11時過ぎ。熊谷。

波久礼駅で貨物列車が行き違う中、三峰口ゆきが発車。

2021年11月14日 11時40分頃。波久礼。先発する三峰口ゆきの車内から見た、交換する上下の貨物列車。
2021年11月14日 11時40分頃。波久礼。

先発する三峰口ゆきの車内から見た、交換する上下の貨物列車。

武州原谷駅でディーゼル機関車が貨車を入れ換えしてました。

2021年11月14日 12時過ぎ。武州原谷。三峰口ゆきの車内から見えた、青いDLの貨車入換。
2021年11月14日 12時過ぎ。武州原谷。
三峰口ゆきの車内から見えた、青いDLの貨車入換。

そして秩父駅。上熊谷駅で撮影したSL列車を追い抜きます。

2021年11月14日 12時15分頃。秩父。C58-363牽引のSL列車と、構内に留置中の西武4000系を、三峰口ゆき普通列車の車内から撮影。
2021年11月14日 12時15分頃。秩父。

C58-363牽引のSL列車と、構内に留置中の西武4000系を、三峰口ゆき普通列車の車内から撮影。

12時過ぎ、影森駅で6002ほか3連の入換が行われていました。

2021年11月14日 12時21分頃。影森。三峰口方へ引き上げられる6002ほか3連。
2021年11月14日 12時21分頃。影森。
三峰口方へ引き上げられる6002ほか3連。
2021年11月14日 12時23分頃。影森。三峰口方から側線へ入る6002ほか3連。
2021年11月14日 12時23分頃。影森。
三峰口方から側線へ入る6002ほか3連。

6000系に挟まれて影森駅をSL列車が通過。

2021年11月14日 12時27分頃。影森。「SAITAMA」ヘッドマークを付けたC58-363に牽引された三峰口ゆきSL列車と、留置中の6000系2本。
2021年11月14日 12時27分頃。影森。

「SAITAMA」ヘッドマークを付けたC58-363に牽引された三峰口ゆきSL列車と、留置中の6000系2本。

5002ほか3連の羽生ゆきと、留置中の6003ほか3連。
西武へ戻りました。

2021年11月14日。影森。5002ほか3連の羽生ゆき(左)と、留置中の6003ほか3連。
2021年11月14日。影森。

5002ほか3連の羽生ゆき(左)と、留置中の6003ほか3連。

| | コメント (2)

2021年11月14日(日)は埼玉県民の日、お得な一日乗車券で周遊、その1

11月14日(日)は、埼玉県民の日。
所沢駅で西武鉄道の県民の日 一日乗車券(480円)を購入し本川越まで乗車。
歩いて東武東上線 の川越市駅へ行き、県民の日の一日乗車券(480円)を購入し、越生線へ向かいました。
越生駅で東武8000系とJR東日本のキハ110形2連との並び。

2021年11月14日 8時1分頃。越生。東武8000系の坂戸ゆきと、JR東日本・キハ110形2連の2261D・小川町ゆき。
2021年11月14日 8時1分頃。越生。

東武8000系の坂戸ゆきと、JR東日本・キハ110形2連の2261D・小川町ゆき。

2021年11月14日 8時1分頃。越生。キハ110-209ほか2連の2261D。
2021年11月14日 8時1分頃。越生。

キハ110-209ほか2連の2261D。
東武越生線のホームは障害物検知の柱が立っていました。

東武越生線。坂戸駅の近くでは富士山が大きく見られました。越生駅に近づくと、手前の奥武蔵の山並みに富士山は隠れてしまいます。

2021年11月14日。坂戸〜一本松。上り列車の車内から見えた富士山。
2021年11月14日。坂戸〜一本松。
上り列車の車内から見えた富士山。

坂戸へ戻り、秩父鉄道へ向かいました。
途中の小川町。寄居方の末端輸送を担う8000系4連が到着。右奥は東急4007Fの快速急行 元町ゆき。

2021年11月4日。小川町。寄居方の末端輸送を担う8000系4連が到着。右奥は東急4007Fの急行 元町・中華街ゆき。
2021年11月4日。小川町。

寄居方の末端輸送を担う8000系4連が到着。右奥は東急4007Fの急行 元町・中華街ゆき。

寄居駅で東武8000系と秩父鉄道6000系の並びが見られました。

2021年11月14日 9時12分頃。寄居。左が秩父鉄道6000系
2021年11月14日 9時12分頃。寄居。左が秩父鉄道6000系

| | コメント (3)

2021年8月 9日 (月)

2021年7月25日(日)の秩父鉄道線内の西武4000系留置の様子ほか

7月25日(日)は、3月のダイヤ改正で運転が再開した西武4000系の秩父鉄道直通列車の、昼間の秩父鉄道線内の留置と、SL列車を見に行きました。

2021年7月25日 11時58分頃。秩父。西武4000系2本が留置されている横に秩父鉄道のラッピング電車が到着。
2021年7月25日 11時58分頃。秩父。

西武4000系2本が留置されている横に秩父鉄道のラッピング電車が到着。

2021年7月25日 12時9分頃。秩父。西武4000系が留置されている駅へ、熊谷からSL列車がやって来ました。
2021年7月25日 12時9分頃。秩父。

西武4000系が留置されている駅へ、熊谷からSL列車がやって来ました。

2021年7月15日 12時5分頃。秩父。西武4000系2本が留置されている横に三峰口ゆきSL列車が到着。乗務員さんが蒸機の足回りを点検していると、三峰口ゆきが後ろから迫ってきました。
2021年7月15日 12時5分頃。秩父。

西武4000系2本が留置されている横に三峰口ゆきSL列車が到着。乗務員さんが蒸機の足回りを点検していると、三峰口ゆきが後ろから迫ってきました。
SL列車から降りた乗客は蒸機と記念撮影。

終着、三峰口駅の様子。

2021年7月25日 13時半頃。三峰口。4000系が2本留置されている駅構内で、C58-363がターンテーブルで転回中(左奥)。
2021年7月25日 13時半頃。三峰口。

4000系が2本留置されている駅構内で、C58-363がターンテーブルで転回中(左奥)。

2021年7月25日 13時42分頃。三峰口。蒸機は、右手のターンテーブルで転回し、奥の引き上げ線に戻ってから、2番ホームを通過し、本線・羽生方に行きます。
2021年7月25日 13時42分頃。三峰口。

蒸機は、右手のターンテーブルで転回し、奥の引き上げ線に戻ってから、2番ホームを通過し、本線・羽生方に行きます。

2021年7月25日 13時44分頃。三峰口。本線・羽生方に出たC58-363は、そこから駅構内へ戻って3番ホームの客車へ連結されます。
2021年7月25日 13時44分頃。三峰口。

本線・羽生方に出たC58-363は、そこから駅構内へ戻って3番ホームの客車へ連結されます。
1番ホームの脇には5000系3連が留置中。

秩父鉄道のSL列車の走行シーンも。

2021年7月25日 14時22分頃。影森〜浦山口。熊谷ゆきのSL列車。
2021年7月25日 14時22分頃。影森〜浦山口。熊谷ゆきのSL列車。
2021年7月25日 14時22分頃。影森。手前の線路は鉱山からなので、「ヲキ 一旦停止」の標識が立っていました。
2021年7月25日 14時22分頃。影森。

手前の線路は鉱山からなので、「ヲキ 一旦停止」の標識が立っていました。

COVID-19の減便ダイヤのためと思いますが、6000系は2本が影森駅で留置されていました。

2021年7月25日 14時半頃。影森。留置中の6000系2本。手前が6203、奥は「急行 ひこぼし」HMが付いた6201。
2021年7月25日 14時半頃。影森。

留置中の6000系2本。手前が6203、奥は「急行 ひこぼし」HMが付いた6201。

御花畑駅近くの商店街に「ありがとう!秩父鉄道創立120周年」がありました(120週年は2019年11月8日)。

210725titibu1238
2021年7月25日 お昼。御花畑駅近くの商店街。

| | コメント (1)

2021年6月12日 (土)

2021年5月9日(日)の武蔵横手駅・特急臨時停車と、横瀬の2003F

西武鉄道が5月7日(金)から6月27日(日)まで、武蔵横手駅と東吾野駅へ特急を上下2本ずつ臨時停車させるということで、5月9日(日)に見に行きました。
時間の都合で、午後の1本目の武蔵横手駅 停車の様子を拝見。

2021年5月19日 14時55分頃。武蔵横手。1番ホームに停車した001-D編成の32レ・特急「ちちぶ32号」。
2021年5月19日 14時55分頃。武蔵横手。

1番ホームに停車した001-D編成の32レ・特急「ちちぶ32号」。
数名の乗車があったようでした。

「特」の停車位置目標のすぐ横に「Laview/2号車」という黒いラベルがホーム上にありました。
8両編成の001系は「8」を目標に停車しないといけないようです。気をつけないと。

2021年5月19日。武蔵横手。「Laview/2号車」という黒ラベルが貼られた1番ホームの飯能方。
2021年5月19日。武蔵横手。

「Laview/2号車」という黒ラベルが貼られた1番ホームの飯能方。
2番ホーム側に「Laview/◯号車」のラベルはなかったです。

その後の、下り特急 19レ(001-C編成)も1番ホームに入線。
4013Fの5040レの到着を待って西武秩父へ発車して行きました。

2021年5月9日。武蔵横手。右が001-C編成の19レ。運転停車のためドアは開きません。2番ホームに4013Fの5040レが到着。
2021年5月9日。武蔵横手。

右が001-C編成の19レ。運転停車のためドアは開きません。2番ホームに4013Fの5040レが到着。

実は、芝桜臨時ダイヤはこの日までと勘違いし、西武秩父まで行ってしまったので、秩父鉄道の秩父駅まで行ってみました。SL列車にも間に合わず。

2021年5月9日 12時48分頃。秩父。7504ほか3連の羽生ゆきと留置中の西武4000系2本。
2021年5月9日 12時48分頃。秩父。
7504ほか3連の羽生ゆきと留置中の西武4000系2本。

そんなわけで、横瀬に留置の、廃車となった2003Fも見られました。

2021年5月9日。横瀬。廃車となった2003F。
2021年5月9日。横瀬。廃車となった2003F。
2021年5月9日。横瀬。廃車となった2003F。まだ8両揃ってました。
2021年5月9日。横瀬。
廃車となった2003F。まだ8両揃ってました。

| | コメント (1)

2021年5月29日 (土)

2021年4月25日(日)の西武線ほか見ただけ、動物と植物と与太話ほか

4月25日(日)は朝から飯能駅で芝桜臨時ダイヤを見てから、2069Fの5019レで西武秩父へ向かいました。
武蔵横手駅のヤギさんは1頭が健在。
木々には紫色の蔦性植物の花、藤でしょうか。

2021年4月25日。武蔵藤沢。
2021年4月25日。武蔵藤沢。
2021年4月25日。吾野駅付近。
2021年4月25日。吾野駅付近。

横瀬駅。廃車となった9000系・9104Fの中間車2両が止まってました。

2021年4月25日 11時半頃。横瀬。奥が駅です。
2021年4月25日 11時半頃。横瀬。奥が駅です。

秩父鉄道のSL列車。ヘッドマークはなし。

2021年4月25日 12時22分頃。御花畑〜影森。西武秩父駅の横を通過する秩父鉄道のSL列車。
2021年4月25日 12時22分頃。御花畑〜影森。西武秩父駅の横を通過する秩父鉄道のSL列車。

16時頃の横瀬駅。側扉が開いた4010F1の向こうに、3011Fと10000系のキッスが見えました。「無敵の西武鉄道(あれも/これも/かなう/西武鉄道)によって二人のキッスが続いているのか?、無敵の西武鉄道でも別れさせられないお二人なのか?」
単に廃車が留置されているだけです。
10000系がどうなるかは気になります。

2021年4月23日。横瀬。
2021年4月23日。横瀬。

こんなリツイートもしてました。

| | コメント (1)