2020年9月19日 (土)

2020年7月16日(木)午前のJR富田駅 その4、立体交差地点ほか

2020年7月16日(木)のJR東海・富田駅の様子、その4。

2020年7月16日 12時4分ころ。富田〜朝日。キハ75形の快速みえ7号の上は、三岐鉄道の近鉄富田への線路で、右端がJR富田駅から三岐鉄道への線路。手前の複線がJRの関西本線。上にちらりと写っているのが近鉄名古屋線。背中側にJR富田駅があります。
2020年7月16日 12時4分ころ。富田〜朝日。

キハ75形の快速みえ7号の上は、三岐鉄道の近鉄富田への線路で、右端がJR富田駅から三岐鉄道への線路。手前の複線がJRの関西本線。上にちらりと写っているのが近鉄名古屋線。背中側にJR富田駅があります。

2020年7月16日 12時17分ころ。近鉄富田〜大矢知。JRをまたいで近鉄富田へ向かう三岐鉄道の上り列車。
2020年7月16日 12時17分ころ。近鉄富田〜大矢知。

JRをまたいで近鉄富田へ向かう三岐鉄道の上り列車。
手前の線路が、三岐鉄道の貨物列車がJR富田駅へ向かう線路。

2020年7月16日 12時17分ころ。富田〜朝日。上の写真と同じ場所での撮影ですが、こちらで写っているのはDF200-223牽引のJR貨物の2089レです。
2020年7月16日 12時17分ころ。富田〜朝日。

上の写真と同じ場所での撮影ですが、こちらで写っているのはDF200-223牽引のJR貨物の2089レです。

2020年7月16日 12時51分ころ。富田。DD51-1028牽引の2080レが中線に到着。コタキ112461とDF200-201は左に残ってます。
2020年7月16日 12時51分ころ。富田。

DD51-1028牽引の2080レが中線に到着。コタキ112461とDF200-201は左に残ってます。

2020年7月16日 12時52分ころ。富田。DD51-1028牽引の2080レが中線に到着。奥の近鉄線上をアーバンライナーが通過。
2020年7月16日 12時52分ころ。富田。

DD51-1028牽引の2080レが中線に到着。奥の近鉄線上をアーバンライナーが通過。

| | コメント (1)

2020年7月16日(木)午前のJR富田駅 その3、三岐鉄道とJRの貨物列車、1両だけ除外ほか

2020年7月16日(木)のJR東海・富田駅の様子の3回目。

2020年7月16日 10時34分ころ。富田。三岐鉄道から電機が2両到着。単機列車の2002レ。富田方からED451+ED454でした。背後には近鉄の一般電車。
2020年7月16日 10時34分ころ。富田。

三岐鉄道から電機が2両到着。単機列車の2002レ。富田方からED451+ED454でした。背後には近鉄の一般電車。

2020年7月16日 10時35分ころ。富田。三岐鉄道から到着した単機列車の2002レ(右)。左奥の側線には炭酸カルシウムや石炭灰を、石灰石鉱山と中部電力の石炭火力発電所との間で輸送する専用貨車が留置されてました。輸送はお休みでしょうか。
2020年7月16日 10時35分ころ。富田。

三岐鉄道から到着した単機列車の2002レ(右)。左奥の側線には炭酸カルシウムや石炭灰を、石灰石鉱山と中部電力の石炭火力発電所との間で輸送する専用貨車が留置されてました。輸送はお休みでしょうか。

2020年7月16日 11時20分ころ。富田。三岐鉄道のED454+ED451が待つ構内へ、DF200-201牽引の5362レが到着。
2020年7月16日 11時20分ころ。富田。

三岐鉄道のED454+ED451が待つ構内へ、DF200-201牽引の5362レが到着。
以前は三岐鉄道の旅客列車はこの(国鉄)富田駅へ乗り入れていたので、ホームが残っています。

2020年7月16日 11時22分ころ。富田。DF200-201は切り離されて駅北側へ向かいました。奥には近鉄の一般電車。
2020年7月16日 11時22分ころ。富田。

DF200-201は切り離されて駅北側へ向かいました。奥には近鉄の一般電車。

2020年7月16日 11時26分ころ。富田。三岐鉄道の電機2両が、5362レで四日市から到着した貨車に連結するため、入換中です。
2020年7月16日 11時26分ころ。富田。

三岐鉄道の電機2両が、5362レで四日市から到着した貨車に連結するため、入換中です。
奥には近鉄の特急 アーバンライナー。

2020年7月16日 11時28分ころ。富田。5362レで四日市から到着した貨車の内、2両だけ列車から切り離し電機が入換。
2020年7月16日 11時28分ころ。富田。

5362レで四日市から到着した貨車の内、2両だけ列車から切り離し電機が入換。

2020年7月16日 11時30分ころ。富田。右から、通過するキハ75形2連の快速みえ8号、5362レで四日市から到着した貨車のうち2両だけ切り離して入換中の三岐鉄道の電機、そして5362レで到着したセメント輸送貨車。
2020年7月16日 11時30分ころ。富田。

右から、通過するキハ75形2連の快速みえ8号、5362レで四日市から到着した貨車のうち2両だけ切り離して入換中の三岐鉄道の電機、そして5362レで到着したセメント輸送貨車。

2020年7月16日 11時31分ころ。富田。貨車1両だけ脇において、戻る三岐鉄道の電機。
2020年7月16日 11時31分ころ。富田。
貨車1両だけ脇において、戻る三岐鉄道の電機。
2020年7月16日 11時34分ころ。富田。貨車1両だけ抜き取って、列車として組成を戻す三岐鉄道の電機。
2020年7月16日 11時34分ころ。富田。

貨車1両だけ抜き取って、列車として組成を戻す三岐鉄道の電機。
抜き取られたのはコタキ112461でした。大きな検査表記は、「2023-12-18 / 2019-12-18 川崎車」でしたが、その左に「7-17 / 6-12 ナントカカントカ」という白い小さな紙がささっていたので、ナントカカントカなんだと思います。

2020年7月16日 11時36分ころ。富田。右奥はDF200-201牽引の5282レ。ED454+ED451はセメント貨車に連結されて3713レとして出発準備は完了。
2020年7月16日 11時36分ころ。富田。

右奥はDF200-201牽引の5282レ。ED454+ED451はセメント貨車に連結されて3713レとして出発準備は完了。

2020年7月16日。富田。左がED454で右がED451。車体の裾の丸みの有無や、床の高さは違いますが、台車は同じようです。
2020年7月16日。富田。

左がED454で右がED451。車体の裾の丸みの有無や、床の高さは違いますが、台車は同じようです。

2020年7月16日 11時52分ころ。富田。ED454+ED451に牽引されセメント輸送貨車が三岐鉄道へ入っていきました。3713レです。
2020年7月16日 11時52分ころ。富田。

ED454+ED451に牽引されセメント輸送貨車が三岐鉄道へ入っていきました。3713レです。

2020年7月16日 11時55分ころ。富田。残されたコタキ112461とDF200-201。
2020年7月16日 11時55分ころ。富田。
残されたコタキ112461とDF200-201。

| | コメント (1)

2020年7月16日(木)午前のJR富田駅 その2、回送列車や近鉄との立体交差

2020年7月16日(木)のJR東海・富田駅の様子の2回目。

2020年7月16日 10時25分ころ。富田。JR東海の313系2連・四日市ゆき。背後に見えるのは近鉄の30000系特急列車。左手が近鉄の富田駅です。
2020年7月16日 10時25分ころ。富田。

JR東海の313系2連・四日市ゆき。背後に見えるのは近鉄の30000系特急列車。左手が近鉄の富田駅です。

2020年7月16日。富田。キハ11-305の上り回送列車が通過。右は313系2連の四日市ゆき。
2020年7月16日。富田。

キハ11-305の上り回送列車が通過。右は313系2連の四日市ゆき。

2020年7月16日 10時32分ころ。富田。通過するキハ75形の快速みえ6号(右)と、交換待ちのキハ85系・特急 南紀3号。
2020年7月16日 10時32分ころ。富田。

通過するキハ75形の快速みえ6号(右)と、交換待ちのキハ85系・特急 南紀3号。

2020年7月16日 10時32分ころ。富田。通過したキハ75形の快速みえ6号(右)。背後には近鉄の30000系の特急列車がいました。
2020年7月16日 10時32分ころ。富田。

通過したキハ75形の快速みえ6号(右)。背後には近鉄の30000系の特急列車がいました。

2020年7月16日 10時40分ころ。富田。JR富田駅の北端から見えた、三岐鉄道の近鉄富田ゆき(左奥)。
2020年7月16日 10時40分ころ。富田。

JR富田駅の北端から見えた、三岐鉄道の近鉄富田ゆき(左奥)。 三岐鉄道は、近鉄の高架線の奥でJRを渡って近鉄富田駅へ至ります。
貨物列車はJR富田駅から近鉄の高架をくぐり、築堤を登り、近鉄富田駅への旅客線と合流。さらに築堤上を進み、JRをまたいで(旅客列車は2回目)、東(写真左手)へ向かいます。

2020年7月16日 11時43分ころ。富田。キハ25形の2+2連の上り回送列車が通過。
2020年7月16日 11時43分ころ。富田。
キハ25形の2+2連の上り回送列車が通過。

| | コメント (1)

2020年9月13日 (日)

2020年7月16日(木)、近鉄名古屋線 米野駅から富田駅へ

米野駅から普通の883レに乗車し、蟹江駅で急行の831レに乗り換えて、近鉄富田駅へ行った道中。

2020年7月16日 8時33分ころ。近鉄八田。通過したアーバンライナー(右)と、隣接するJR八田駅の名古屋ゆき313系4連。
2020年7月16日 8時33分ころ。近鉄八田。

通過したアーバンライナー(右)と、隣接するJR八田駅の名古屋ゆき313系4連。

2020年7月16日 8時35分ころ。近鉄八田。1015ほかの普通 富吉ゆき883レ(右)と1204ほかの準急 四日市ゆき3821レ。
2020年7月16日 8時35分ころ。近鉄八田。

1015ほかの普通 富吉ゆき883レ(右)と1204ほかの準急 四日市ゆき3821レ。

蟹田駅で乗り換え。

2020年7月16日 8時44分ころ。近鉄蟹江。名古屋ゆきアーバンライナーと富吉ゆき各停の883レ(米野から乗車してた列車)。
2020年7月16日 8時44分ころ。近鉄蟹江。

名古屋ゆきアーバンライナーと富吉ゆき各停の883レ(米野から乗車してた列車)。

2020年7月16日 8時47分ころ。近鉄蟹江。副本線へ到着した5152ほかの急行 五十鈴川ゆき831レ。
2020年7月16日 8時47分ころ。近鉄蟹江。

副本線へ到着した5152ほかの急行 五十鈴川ゆき831レ。

蟹江で急行 五十鈴川ゆきの831レに乗車し富田へ向かいます。

2020年7月16日 9時0分ころ。桑名。831レの車内から。到着前。JRや養老鉄道も並んで見えます。
2020年7月16日 9時0分ころ。桑名。

831レの車内から。到着前。JRや養老鉄道も並んで見えます。

2020年7月16日 9時2分ころ。益生。通過する831レの車内から。停車しているのは2909ほかの3821レ。自分が乗ってた普通を近鉄八田で追い抜いた列車です。
2020年7月16日 9時2分ころ。益生。

通過する831レの車内から。停車しているのは2909ほかの3821レ。自分が乗ってた普通を近鉄八田で追い抜いた列車です。
左奥にJR東海・関西線の313系が見えてます。

2020年7月16日。富田。下り列車の車内から。発車した2102ほかの普通 名古屋ゆきと、停車中の三岐鉄道 復刻塗装の西藤原ゆき。
2020年7月16日。富田。

下り列車の車内から。発車した2102ほかの普通 名古屋ゆきと、停車中の三岐鉄道 復刻塗装の西藤原ゆき。

2020年7月16日。富田。停車中の三岐鉄道 復刻塗装の西藤原ゆき(左)と、通過した新塗装の近鉄特急。
2020年7月16日。富田。

停車中の三岐鉄道 復刻塗装の西藤原ゆき(左)と、通過した新塗装の近鉄特急。

| | コメント (1)

2020年7月16日(木)朝の近鉄名古屋線・米野駅 その3、米野折り返しのアーバンライナーplusのはずの特急列車ほか

引き続き、2020年7月16日(木)朝の近鉄名古屋線の米野駅です。

2020年7月16日 8時1分ころ。米野。手前がアーバンライナーの58レ(7時34分ころに上っていった車両でしょうか)、2912ほかの急行 名古屋ゆき(6738レ?)、3号線へ停車中のアーバンライナーの回送列車。
2020年7月16日 8時1分ころ。米野。

手前がアーバンライナーの58レ(7時34分ころに上っていった車両でしょうか)、2912ほかの急行 名古屋ゆき(6738レ?)、3号線へ停車中のアーバンライナーの回送列車。

2020年7月16日 8時2分ころ。米野。早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)と、2627ほかの急行 名古屋ゆき(6738レ?)。
2020年7月16日 8時2分ころ。米野。

早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)と、2627ほかの急行 名古屋ゆき(6738レ?)。

2020年7月16日 8時4分ころ。米野。早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)と、3号線から入庫するアーバンライナーの回送列車。
2020年7月16日 8時4分ころ。米野。

早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)と、3号線から入庫するアーバンライナーの回送列車。

2020年7月16日 8時5分ころ。米野。停車中の各停(右手前)に追いついた急行列車(左奥)のはずです。手前が786レ、左奥が3738レでしょうか。
2020年7月16日 8時5分ころ。米野。

停車中の各停(右手前)に追いついた急行列車(左奥)のはずです。手前が786レ、左奥が3738レでしょうか。

2020年7月16日 8時7分ころ。米野。上の写真で左奥に見えていた3738レらしき急行 名古屋ゆき。
2020年7月16日 8時7分ころ。米野。

上の写真で左奥に見えていた3738レらしき急行 名古屋ゆき。

2020年7月16日 8時11分ころ。米野。左から、名古屋駅から回送され入庫したアーバンライナー、早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)、そして名古屋〜米野〜名古屋と折り返したアーバンライナーplusのはずの特急 賢島ゆき6815レ。
2020年7月16日 8時11分ころ。米野。

左から、名古屋駅から回送され入庫したアーバンライナー、早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)、そして名古屋〜米野〜名古屋と折り返したアーバンライナーplusのはずの特急 賢島ゆき6815レ。

2020年7月16日 8時11分ころ。米野。2109ほかの準急 名古屋ゆき3722レ。
2020年7月16日 8時11分ころ。米野。
2109ほかの準急 名古屋ゆき3722レ。
2020年7月16日 8時15分ころ。米野。1115ほかの普通 名古屋ゆき564レ。
2020年7月16日 8時15分ころ。米野。
1115ほかの普通 名古屋ゆき564レ。
2020年7月16日 8時21分ころ。米野。2909ほかの準急 名古屋ゆき3724レ。左奥に下り急行列車が見えてます。
2020年7月16日 8時21分ころ。米野。

2909ほかの準急 名古屋ゆき3724レ。左奥に下り急行列車が見えてます。

2020年7月16日 8時25分ころ。米野。左から、名古屋駅から回送され入庫したアーバンライナー、早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)、1015ほかの普通 富吉ゆき883レ。
2020年7月16日 8時25分ころ。米野。

左から、名古屋駅から回送され入庫したアーバンライナー、早朝から留置の「ひのとり」80000系(左奥)、1015ほかの普通 富吉ゆき883レ。

米野駅での撮影を切り上げ、883レに乗車し三岐鉄道へ向かいました。

| | コメント (1)

2020年7月16日(木)朝の近鉄名古屋線・米野駅 その2、アーバンライナーplusは出庫し代わりにアーバンライナーの回送が到着

引き続き、2020年7月16日(木)朝の近鉄名古屋線の米野駅です。

2020年7月16日 7時26分ころ。米野。左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、1008ほかの準急 名古屋ゆき3622レ(この時間帯に3連準急は?ですがきっとそのはず)、1006ほかの富吉ゆき783レ。
2020年7月16日 7時26分ころ。米野。

左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、1008ほかの準急 名古屋ゆき3622レ(この時間帯に3連準急は?ですがきっとそのはず)、1006ほかの富吉ゆき783レ。

2020年7月16日 7時31分ころ。米野。左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、1005ほかの各停 名古屋ゆき780レ、そして大阪難波ゆきアーバンライナー(先頭車に尾灯が点いている気がしますが)。
2020年7月16日 7時31分ころ。米野。

左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、1005ほかの各停 名古屋ゆき780レ、そして大阪難波ゆきアーバンライナー(先頭車に尾灯が点いている気がしますが)。

2020年7月16日 7時33分ころ。米野。左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、5157ほかの急行 名古屋ゆき636レ、2813ほかの急行 五十鈴川ゆき731レ。
2020年7月16日 7時33分ころ。米野。

左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、5157ほかの急行 名古屋ゆき636レ、2813ほかの急行 五十鈴川ゆき731レ。

2020年7月16日 7時34分ころ。米野。左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、アーバンライナーの上り回送列車。
2020年7月16日 7時34分ころ。米野。

左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、アーバンライナーの上り回送列車。

2020年7月16日 7時47分ころ。米野。左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、アーバンライナーの特急8614レ(五十鈴川始発)、5162ほかの下り回送列車。
2020年7月16日 7時47分ころ。米野。

左から、入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系、アーバンライナーの特急8614レ(五十鈴川始発)、5162ほかの下り回送列車。

2020年7月16日 7時58分ころ。米野。左から、出庫し名古屋駅へ向かうアーバンライナーplus、早朝から留置の「ひのとり」80000系、名古屋駅から回送されてきたアーバンライナー(8614レの車両でしょうか。転線して上り3号線へ入ります)。
2020年7月16日 7時58分ころ。米野。

左から、出庫し名古屋駅へ向かうアーバンライナーplus、早朝から留置の「ひのとり」80000系、名古屋駅から回送されてきたアーバンライナー(8614レの車両でしょうか。転線して上り3号線へ入ります)。

| | コメント (1)

2020年9月12日 (土)

2020年7月16日(木)朝の近鉄名古屋線・米野駅 その1、アーバンライナーの回送・入換やJRのHC85系も

2020年7月16日(木)朝、近鉄名古屋線のターミナルの一つ隣の米野駅でしばし撮影しました。

2020年7月16日。米野。近鉄の米野駅の下りホームのすぐ横はJR東海の名古屋車両区があり、キハ75形・キハ85系に混じって、HC85系がいました。
2020年7月16日。米野。

近鉄の米野駅の下りホームのすぐ横はJR東海の名古屋車両区があり、キハ75形・キハ85系に混じって、HC85系がいました。

2020年7月16日。米野。近鉄の米野駅の下りホームのすぐ横の、JR東海の名古屋車両区に見えたレール輸送用のキヤ97系。
2020年7月16日。米野。

近鉄の米野駅の下りホームのすぐ横の、JR東海の名古屋車両区に見えたレール輸送用のキヤ97系。

2020年7月16日。米野。右は「ひのとり57列車」用の送り込み回送列車と思います。
2020年7月16日。米野。

右は「ひのとり57列車」用の送り込み回送列車と思います。

2020年7月16日。米野。新旧塗装が混結した特急車両の上り回送列車。名古屋から、折り返し賢島ゆき特急6715レになったようです。
2020年7月16日。米野。

新旧塗装が混結した特急車両の上り回送列車。名古屋から、折り返し賢島ゆき特急6715レになったようです。

2020年7月16日。米野。「地域密着 CNS号」車体広告の、2006ほか3連の準急3620レ。
2020年7月16日。米野。

「地域密着 CNS号」車体広告の、2006ほか3連の準急3620レ。

2020年7月16日。米野。新旧塗装が混結した賢島ゆき特急6715レ。
2020年7月16日。米野。
新旧塗装が混結した賢島ゆき特急6715レ。
2020年7月16日。米野。名古屋から戻ってきた「地域密着 CNS号」ではなくて「地域密着 CTY号」車体広告電車(2103ほか)の中川ゆき普通と、1106ほかの名古屋ゆき普通が並びました。
2020年7月16日。米野。

名古屋から戻ってきた「地域密着 CNS号」ではなくて「地域密着 CTY号」車体広告電車(2103ほか)の中川ゆき普通と、1106ほかの名古屋ゆき普通が並びました。
右の電車が近鉄電車の一般的な塗装です。

2020年7月16日 7時18分ころ。米野。名張始発の特急105レで名古屋駅へ到着した後で、米野駅へ回送されてきたアーバンライナーplus。上り線に転線し3番ホーム(3号線)へ入り、折り返し入庫します。
2020年7月16日 7時18分ころ。米野。

名張始発の特急105レで名古屋駅へ到着した後で、米野駅へ回送されてきたアーバンライナーplus。上り線に転線し3番ホーム(3号線)へ入り、折り返し入庫します。

2020年7月16日。米野。名古屋駅から回送されて3号線へ入ったアーバンライナーplus(右)の横を通過する、9103ほか6連の急行 名古屋ゆき(536レでしょうか)。
2020年7月16日。米野。

名古屋駅から回送されて3号線へ入ったアーバンライナーplus(右)の横を通過する、9103ほか6連の急行 名古屋ゆき(536レでしょうか)。

2020年7月16日 7時21分ころ。米野。名古屋駅から回送されて3号線へ入ったアーバンライナーplus(右)の横を通過する、アーバンライナー(回送列車のはずです)。
2020年7月16日 7時21分ころ。米野。

名古屋駅から回送されて3号線へ入ったアーバンライナーplus(右)の横を通過する、アーバンライナー(回送列車のはずです)。

2020年7月16日 7時23分ころ。米野。名古屋駅から回送されて3号線へ入ったアーバンライナーplus(右)が、入庫します。
2020年7月16日 7時23分ころ。米野。

名古屋駅から回送されて3号線へ入ったアーバンライナーplus(右)が、入庫します。

2020年7月16日 7時24分ころ。米野。入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系の横を通過する、新塗装の特急612レ(松阪始発)。
2020年7月16日 7時24分ころ。米野。

入庫したアーバンライナーplusと、早朝から留置の「ひのとり」80000系の横を通過する、新塗装の特急612レ(松阪始発)。

近鉄は電車を大切に使い、安易に新型車両に置き換えないので、自分には嬉しい会社です。
列車番号は、市販の時刻表で調べてます。念のため。

| | コメント (1)